再入国」タグアーカイブ

ICE072420

アメリカ学生ビザ さらなるアップデート

じんけんニュース 弁護士 鈴木淳司 07-30-2020
July 30, 2020

アメリカ学生ビザ さらなるアップデート

 最近、日本人留学生にも影響する学生ビザ(Fビザなど)のコロナ禍における対応について、記事にしていますが(Fビザ Mビザ 米学生ビザの発行規制【アップデートあり】 )、現政権の方針がコロコロ変わります。

また、2020年7月24日に、同年3月に出された一時的なオンライン授業に関する規則を再度適用するということを発表しました。

 この記事を書いている時点での情報ですので、今後も変化があればまた取り上げたいところですが、その点ご了承ください。

 さて、今年3月に出された命令によると、3月9日時点で、Fビザの学生として活動している場合には、オンライン授業で、面前授業の代替にしても良いことになりました。この命令を今回は受け継ぎ、3月9日以降、アメリカ国内、または自国に戻るなりしてオンライン授業を受けていた外国人学生は、今年の秋学期からも継続して就業していると見なされ、アメリカに再入国したり、勉強を継続することができます

 また、すでに学生ビザを持っているのであれば、その学生ビザは有効であって、そのままアメリカ再入国に使用できることが明らからになりました。

問題はこれからビザ取得・留学の外国人

 そして、唯一影響するのが、今年3月9日以降、ビザを取得してアメリカに渡航を考えている外国人留学生です。全員ではありません。

 就学先が3月9日以降全面的にオンライン授業で行う学校への留学に対してはビザの発給を停止するということなので、留学を考えられている方々は、学校がSEVISの登録上、面前等で授業をすくなくともいくつかは行っているということを確認しなければなりません。

 学生ビザの発給には、有効なI-20を添えて各国のアメリカ大使館・領事館で申請を行わなければなりません。しかし、コロナ禍で、ビザ発給業務も停止しているところも多いと思います。ただ、どこまで楽観的なのかわかりませんが、ビザ発給業務は徐々に再開しているということですので、各国の大使館・領事館の情報を逐一チェックする必要はありそうです。

 大統領選挙が近くなってきているので、また外国人に影響する行政命令等が出てくるかもしれませんので注視が必要なトピックです。


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

過去の飲酒運転と有罪。犯罪歴抹消はできる?[2]





法律ノート 第1061回 弁護士 鈴木淳司
June 14, 2017
週末に、ルイジアナ州に収監されている受刑者に面会するために、その方の家族と一緒に飛びました。道中、乗換え便が数時間遅滞して、結局目的地である、かなり田舎の空港に着いたのは夜中でした。レンタカー会社も閉まっているし、携帯電話も入らない。そして人もいない空港で途方にくれました。かなり大変な思いをしましたが、皆さんは平穏な週末を過ごされましたか。
 
過去の飲酒運転と有罪。犯罪歴抹消はできる?[2]
 
さて前回から考えてきた「以前(10年ほど前)、学生のとき、飲酒運転で有罪の判決をカリフォルニア州で受けました。当時、罰金を支払い、指定された講習などすべて裁判所から言い渡されたことは終了しました。その後、警察にかかわるような問題はまったくありません。現在、トランプ政権になって移民に厳しくなってきたということを聞いています。私は現在就労ビザでアメリカに滞在しているのですが、以前、飲酒運転があったということで、強制送還などになるのではないかと不安になっています。色々検索すると、犯罪歴を抹消する手続きがあるということがみつかりました。この抹消手続きというものはどのようなものなのか、やはり私はやっておくべきなのか、教えていただけないでしょうか」という質問を考えていきましょう。
 
前科抹消手続きーエクスパンジメント
 
前回、前科抹消手続き(エクスパンジメント)を考え始めました。
エクスパンジメントの手続きは、州ごとにかなり実務が違いますので、今回はできるだけ一般的にあてはまる内容を考えていきたいと思います。
 
抹消内容には制限ありー開示すべき場合
 
まず、エクスパンジメントの手続きですが、刑事事件の前科を抹消するとしても、抹消される内容の限度があります。このことをよく理解しておいていただきたいと思います。
要するに、前科の抹消が裁判所に認められたとしても、一定の場合には、前科を申告しなければなりません。
この一定の場合というのは、対行政関係です。
たとえば、米国の入国管理関係や、米国の行政関係の申請などを行う場合を指します。ですので、前科がエクスパンジメントによって抹消されたとしても、ビザ、永住権、および市民権の申請時には、前科を開示しなければなりません。
もちろん申請書のなかで許されていれば、前科が抹消されたという事実は言及しておくべきだとは思います。
 
私人関係における「前科はありますか?」
 
一般的な生活を送っていると、今までに前科はありますか?ということが聞かれる場面があります。たとえば、就職活動をしている場合や、家を借りようとする場合などが考えられるでしょうか。
このような私人関係の場合には、抹消手続きが裁判所に認められれば「前科はない」と申告して問題なくなります。
 
州ごとの違いには細心の注意を
 
注意したいのは、政府関係の仕事に就業したい場合には、前科について申告しなければならない可能性が高いです。基本的に連邦政府に関しては、前科は申告しなければなりません。州政府に関しては各州の法律に規定されています。
エクスパンジメントというのは基本的に州法にもとづいて決められているで、前科となったもともとの罪が審理された裁判所の管轄となります。
そうすると、アラバマ州で言い渡された刑については、そのアラバマ州の裁判所に適用される法律を考えなければなりませんし、カリフォルニア州で言い渡された刑については、カリフォルニア州の法律によることになります。
 
エクスパンジメントに関わる法律は各州で異なりますが、どのような罪が抹消の対象になるかも違いがあります。たとえば、今回質問されている飲酒運転の罪のような場合、ほとんどの州で軽罪(Misdemeanor、最高刑が禁錮1年以下の罪)に関しては抹消の対象となります。
一方で重罪(Felony、最高刑が禁錮1年以上の罪)だと抹消を許さない州もあります。
ですので、現在どこに住んでいるか、などにかかわらず、刑を言い渡した裁判所に適用される抹消手続きの法律を解析する必要があります。
 
今回質問されている方は、カリフォルニア州の州地方裁判所で飲酒運転(軽罪)の罪で有罪となっているようです。そうするとカリフォルニア州法では飲酒運転の罪は、抹消手続きの対象になりますので、抹消の申請は可能となります。
ただし、抹消の申請をするには、言渡しを受けた刑に付された条件を全てクリアーすることが前提となります。
ここから次回考えていきたいと思います。
 
 
私はまだ、疲れが完全に回復していないですが、良い天気を楽しみながら、また一週間がんばっていきましょうね。



過去の飲酒運転と有罪。犯罪歴抹消はできる?[1]





法律ノート 第1060回 弁護士 鈴木淳司
June 10, 2017
なんだか、最近刺し身などの生モノに対してあまり胃腸が機能してくれなくなってきたような気がします。もちろん、刺し身も寿司も好きなのですが、食事のときに酒ばかり飲んでいて、胃が弱っているのでしょうか。全体的に生きている過程で、体調が変わってきているのかもしれません。皆さんも生きているとそういった体調の変化はあるものでしょうか。皆さんは美味しいものを食べられていらっしゃいますか。
 
過去の飲酒運転と有罪。犯罪歴抹消はできる?[1]
 
さて、今回から新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。
いただいている質問は、まとめると「以前(10年ほど前)、学生のとき、飲酒運転で有罪の判決をカリフォルニア州で受けました。当時、罰金を支払い、指定された講習などすべて裁判所から言い渡されたことは終了しました。その後、警察にかかわるような問題はまったくありません。現在、トランプ政権になって移民に厳しくなってきたということを聞いています。私は現在就労ビザでアメリカに滞在しているのですが、以前、飲酒運転があったということで、強制送還などになるのではないかと不安になっています。色々検索すると、犯罪歴を抹消する手続きがあるということがみつかりました。この抹消手続きというものはどのようなものなのか、やはり私はやっておくべきなのか、教えていただけないでしょうか」というものです。
 
移民政策の厳格化、実は以前から
トランプ政権になって、まず不法移民について厳しい対応を行っていくということを言明していますが、そもそもオバマ政権のもとでも、不法移民はそれなりに厳しく対応されていました。
スポットライトがあたっていた論点としては、トランプ政権は、不法移民の子供がアメリカで産まれていた(ということはアメリカ国籍を持っている)としても、不法移民を強制送還するという態度を取ったことです。オバマ政権は、子供がアメリカ国籍である場合、不法移民の強制送還には否定的でした。
このトランプ政権の不法移民の強制送還の姿勢がまずスポットライトにあたりましたが、次は、アメリカへの入国審査の厳格化にスポットライトがあたっています。
中東6カ国に対する厳しい行政の対処は最近ニュースにもなっていましたし、私が書いている「移民法ブログ」(「3/16発効の大統領令、日本人への影響」http://momsusa.jp/archives/3546)でも取り上げました。
今後は、犯罪歴がある外国人に対しても審査が厳しくなる傾向は続くとは思われます。こういった背景から、今回の質問につながってきているのだと思います。
 
犯罪歴の抹消ーExpungement
さて、今回質問をいただいている「犯罪歴の抹消」ですが、法律用語ではExpungement(エクスパンジメント) と呼ばれています。
あまり、一般的には聞き慣れない単語ですね。今回はこのエクスパンジメントという手続きについて考えていきたいと思います。法律用語では「手続」といいますが、ここでは手続きという一般的な書き方をしていきます。
 
犯罪歴の集約と保管・共有
従来、刑事事件で、有罪を認めると、犯罪歴については、その有罪を認めた裁判所に保管されます。アメリカでは、どこかの官庁が、前科について一括して保管しているわけではなかったのです。
もともと、アメリカには、裁判所といっても連邦裁判所もあり、州の裁判所もあります。州の裁判所でも多岐にわたっていますので、なかなか一つの機関で情報を整えることができませんでした。
同時多発テロ事件以降、連邦政府の主導により、前科の情報共有が様々な政府機関によって行われるようになりました。デジタル情報の共有が容易になってきた時期だったこととも重なります。
 
入国管理局も情報共有
現在では、アメリカの入国管理局も、各裁判所の前科の記録を共有しています。
したがって、移民関係においても、前科はビザの申請、再申請そして再入国時に避けることはできず、向かい会わなければなりません
したがって、10年前といっても、今回質問されている方のように前科がある場合には、慎重にならなければいけません。
 
上記を踏まえて、次回は、エクスパンジメントの内容および前科と移民法関係について考えていきたいと思います。
 
日本は梅雨の季節でしょうか。体調に注意しながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DV-2019 のお申込み受付中
https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい!
Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。
応募期間は10月のおよそ1か月。思いの外すぐにすぐに過ぎ去ってしまいます^^;
米政権の政策転換の影響を受け、DV実施も流動的です。もしもの時の返金は、もちろん全額対応させていただきますので、ご安心ください。
当選後のサポートまでセットになった、充実のサービスです。
https://jinken.com/entry/