抽選」タグアーカイブ

mask_statue of liberty 1200

グリーンカードDV当選後手続き

グリーンカード DV2021当選者の皆様へ

グリーンカード当選者サポート専門チームが、グリーンカード抽選・当選、そしてグリーンカード取得までを細やかにサポートいたします。
グリーンカードは、アメリカの永住権。日本国籍を保ちながら、アメリカで働き、学校に通い、住むことができる、とても魅力的なステータスです。

コロナウィルス感染拡大により、日本の大使館やアメリカ移民局でもビザ業務が滞っています。
そんな中でも、グリーンカード取得まで、ご当選者の皆様のお力になれるように、事務局でもサポートを継続しております。
グリーンカード取得の可能性がある限り、諦めない。これが弊社の方針です。

おススメする7つの理由

r12_sakura_greencard

【1】 現役カリフォルニア弁護士直営。しかも移民法に強い!

「提携」ではなく「直営」というのがポイントです。

グリーンカードの取得までの手続きはもちろんですが、グリーンカードを取得後のアメリカの生活でも、ちょっと身近で、日米の法律に詳しく、しかも日本語が完璧に通じる弁護士は心強い存在になることは間違いありません。
たとえば再入国許可証の取得や会社の設立など、専門的なアドバイスを求めたいときに役立つことでしょう。

JINKEN.COM代表は米国で法廷に立てる数少ない日本人の弁護士のうちでも、草分け的な存在。日本の弁護士さんたちや、有名企業の経営陣からのみならず、弱い立場にある個人の方々からも厚い信頼を寄せられています。

✔ 月1回更新の移民法ブログは2000年以降継続!

✔ 毎週更新の法律ノートは2000年以降継続!

✔ もちろん、弁護士過誤保険加入!

MomsUSA、JINKEN.COM以外でご応募し、当選された方々にもグリーンカード取得まで幅広くサービスをご利用いただいております。

【2】 当選後手続きを網羅するフルサポート

弊社の当選後手続きは、グリーンカードのお届けまでをカバーするフルサポートです。
サポート内容には、以下のものが含まれます。

○当選後の移民ビザ申請書類(DS260)の記入・確認・最終提出
(最終提出前には必ずご依頼主様にも内容をご確認いただきます。
ご自身で記載されたい方は、ご希望に応じ対応させていただきます。)
○必要に応じたDS260の見直しとアップデート
○面接書類の準備
(戸籍その他の書類翻訳や他国の警察証明取得サポート、財政証明書に関するアドバイス、レター作成 等)
○面接に関するあらゆる情報提供
(健康診断に関することや面接時のQA、その他ご当選者様ごとに違う個別具体的なご質問への回答)
○移民ビザ発行後、渡米までの準備手続きのチェックや訂正サポート、ビザ訂正サポート
○当選後手続きに関する米大使館やKCC、その他機関への問合せ
○ソーシャルセキュリティカードおよびグリーンカードの受領とご希望の住所地への転送
(ご希望者様のみ。転送料は別途80ドル申し受けます。)
○グリーンカード取得後には、確定申告その他の税務や法律事務について専門家をご紹介(ご希望者のみ)
○再入国許可証取得サポート(ご希望者のみ、ご優待)
○10年後グリーンカード更新時のサポート(ご希望者のみ、ご優待)

当選した後の手続きは、お客様ごとに必要書類や対応時期が異なってきます。
グリーンカードのお届けまでの全体的な手続きの進め方のご説明は、ご納得いただけるまで、何度でもご相談とやり取りを行っています。

また、各国の警察証明の取り寄せや取り扱い、あるいは取得サポートに加え、戸籍や各種証明書の翻訳はもちろん、書類の有効期限や取得までに要する時間、そして面接時期を考慮して、いつごろまでに何を用意すればよいのかを、一つひとつ丁寧にご案内しています。

r12_faml3_greencard

実際にグリーンカードを手にするまでは、大きな不安にとらわれることもしばしば。
迅速で丁寧なお返事(2営業日以内)、そして専任スタッフの対応で全力サポートをお約束。
JINKEN.COM事務局とのメール送信回数が50、100、200回は当たり前!

【3】 完全な個別対応

r12_office1_greencard

当選された皆さまは、各方面で活躍中である方々ばかり。
グリーンカードの手続きが進行中であることや、米国への移住・永住も、時期が来なければオープンにできない方も多くいらっしゃいます。
事務局の対応をメールに一本化することで、時差の問題や長距離電話の費用、担当スタッフ不在時の折り返しや伝言も不要になります。また、すべて文章として残されていることから、後日振り返って確認することも簡単ですし、スタッフとの意思疎通もスムーズです。

「eメールだけの連絡方法では不安」というお客様も少なくありません。
確かに、対面やお電話によるコミュニケーションは信頼関係を築く上で、とても重要で効果的です。
ですが、弊社ではお客様ごとに、原則としてダイレクトに専任スタッフが対応することを重要視しています。 時差もあり、また経験上、ご質問への回答には確認が必要なことも多く、結局その場でお答えをしかねる場合が少なくありません。
そのため、時差を気にせず、かつ確認が必要な事項を電話口でお待たせすることなく、eメールで回答させていただいております。
お客様のご都合のよい時間と場所で、添付文書なども活用しながら、ビジュアル的にも分かりやすくお伝えすることができます。 さらに、お寄せいただいたご質問には、どんなことでも、可能な限りすべてにお答えしております。すべてeメールで文書化することで、後日振り返って確認することができるという大きなメリットもあります。

グリーンカード取得までの当選後の手続きでは、非常に個人的な情報を多数取扱いますので、専任スタッフが責任を持って個別に対応させていただきます。 スタッフは、どんなに小さな疑問やご質問にも、すべて誠実にお答えすることで、お客様のグリーンカード取得までの不安を最小限にします。

【4】 ご利用者様専用のQAページをご用意!

当選してからグリーンカード取得までは、最短でも7か月。長いと2年近くになります。また、グリーンカード受取までの手続きの一つひとつが簡単に終えられるものではないため、ステップを踏みながら一定の時間をかけて進めることになります。

winQA1_greeencard

当選後の申請書類提出、面接、そして面接後の渡米と入国審査まで、専用QAページで細かな手続きをいつでも知ることができます。グリーンカード取得にいたった、ご利用者様の体験記や感想なども豊富に掲載!

しかも、ご当選者のみなさまから寄せられる質問や経験談をもとに、最新情報を常にアップデートしています。

【5】 充実したフルサポート。しかも低価格・明瞭会計!

r12_yes1_greencard

この低価格を維持できている理由は極めてシンプルです。
2000年の設立以来蓄積してきたグリーンカード取得までのノウハウ、ITの活用、そしてeメール(Faxも可)に一本化したお客様対応が可能にしています。

ご当選者ご本人様$1180、ご夫婦様$1680。 たとえば6歳3歳のお子様いる4人家族でも$2,080!!

しかも!追加費用は、弊社からのグリーンカード/SSN(ソーシャルセキュリティカード)の転送費用($80)のみです(必要な方のみ)。

米国に事務所がある弊社ですので、グリーンカード/SSNの受領・転送もスムーズ。
引越しや進学・就職・転職、そして結婚・出産といったライフイベントに左右されずに、手続きを進めることができます。
特にSSNは、とても簡素な封筒に入り、米国内の普通郵便で届けられます。受取人は信頼できる人である方が、安心であるのは間違いありません。

アメリカでの郵送手続きは、一度トラブルに遭うとその後の回復が非常に面倒です。
折角取得まで至ったグリーンカードやSSNを、確実にお手元で受け取っていただくまで、緊張は続きます。

【6】 だから、グリーンカード取得実績も豊富!

2000年の設立以来、多くの方々のグリーンカード取得までの当選後手続きをお手伝いしてまいりました。
DV-2020当選後サポートも進行中。およそ50名の皆さまに、残らずグリーンカードをお届けしたい!そのために、努力を惜しみません。

新型コロナウィルス感染症が拡大している中であっても、その姿勢に変わりはありません。一見面倒な手続きでも、取りうる最良の選択を提供するように心がけています。

特に、MomsUSA/JINKEN.COMでご応募・ご当選された方々は、ほぼ100%、実際に当選後の手続きを進められます。その「本気度」にお応えし続けてきたことが、事務局スタッフ一人ひとりの緊張感と使命感につながっています。

今年度もすでに渡米し、グリーンカードを手にされたお客様も複数名いらっしゃいます。
次は皆さまの番です!

r12_yatta1_greencard

2000年の設立以来、多くの方々のDV申請、そして当選後の手続きをお手伝いしてまいりました。アメリカ抽選永住権への応募総数は、8000名をはるかに超えます。

【7】 お客様の情報はEV-SSL認証により厳格に保護

大切なお客様情報をあおずかりするにあたって、弊社が採用している方法はEV-SSL証明書 (SSL認証はThawte社, Thawte® SSL Web Server Certificates with EV ) です。
世界中の銀行をはじめとした金融機関や公共団体も採用している、現在最も取得基準の厳しい認証方法で、アドレスバーの鍵マークが目印です。
弊社サイトのお客様情報ご登録ページより先は、EV-SSLによる認証が施されているセキュリティエリアです。

お客様のお使いのブラウザごとに表示方法は異なりますが、アドレスバーの鍵マークによって、認証状況をご確認いただけます。
DVやビザ申請代行会社で、EV-SSL認証によるGREENを採用している団体は決して多くありません。
弊社では、グリーンカード取得を希望するお客様の大切な情報をおあずかりするにあたり、採用し得る最高の技術を取り入れたいと考えています。
世界的な統一基準のもとに、厳格な認証手続きを経て取得できるEV-SSLサーバ認証。弊社サイトの安全性を信頼いただき、安心してご利用いただけます。

運営弁護士がお伝えしたいこと

r12_mtn_greencard

こんにちは、弁護士の鈴木です。
私の所属する事務所には移民チームがあり、多くの外国人のビザや永住権の取得を過去20年ほどサポートしてきました。

日本などアメリカ国外にいながら、質の高い米国法律業務に手頃にアクセスするのは難しいと思います。このJINKEN.COMは、もともと移民業務のためだけに作ったわけではなく、人の権利に役立つサイトにしたいという思いではじめたものです。

1999年にJINKEN.COMがはじまってから、主に移民に関する問い合わせや情報交換、加えてメールでの情報提供などが中心になり、今では米国永住権抽選のウェブサイトでは定番となってきたと思います。
サイト開始当初から、たくさんの方にサービスを利用していただいています。残念ながら全員が当選するわけではありませんので、長く本サイトを利用していただいているのに、当選が未だ叶わない方もいらっしゃいます。

一方で、多くの当選者が出てきて、DV応募のみならず、当選後のサポートも手厚くさせていただくことで、アメリカへ移住する手助けをさせていただいています。なかには、夫婦で両方当選された方や、移住をされてこちらで商売をされ家族もでき、成功されている方もいらっしゃいます。

当選後の法律業務まで一貫して引き受けるサービスを考案したのは、本サイトが始めと自負しておりますが、それは皆さん一人ひとりのケアを手厚くし、米国への移住をスムーズにすることが目的です。
本サイトを通じて、私の所属する事務所でこれまでに蓄積されてきたノウハウを、ダイレクトに当選者の方々に提供できますので、皆さんにも、もちろん私自身にとっても、安心できる有用な仕組みだと思います。

r12_js

今後も、JINKEN.COMスタッフ一同、妥協せずにサービス提供を続けていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
皆様が米国に移住され、一緒にお酒でも呑める機会があると良いな、と願っております。

サービスご利用者様の声

r12_flag_greencard

JINKEN.COM(MomsUSA)をご利用され、無事にグリーンカードを取得されたお客様からは、非常に詳細な体験記録をお寄せいただいています。これらはすべてお客様のボランティアによるものです。
グリーンカード取得直後で、皆さま大変なご多忙中にもかかわらず、6000字を超えるレポートや、大使館内の平面図など、得意な分野を活かし個性あふれる総括を多くのお客様からお寄せいただけることに、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
お客様から寄せられる生の声こそが、弊社のサービスの根幹を支えているものです。

以下で、ほんの一部ですが、ご紹介させていただきます。

なお、弊社で当選後手続きサポートをご利用される方々には、「当選後ご利用者様専用ページ」内で体験レポートをご覧いただけます。

【自国滞在義務の調整を経てグリーンカード取得 T様】-DV2020ご当選

◇DV2020 面接および移民ビザ取得後

本日、無事にVISAを受領いたしました。
ここまで、色々と手厚いご指導いただき、
特に大きなトラブルなく、ここまで至ったのは、
◯◯様、そして、鈴木先生のおかげと考えております。
ご依頼させていただいて、本当によかったと感じております。
心より感謝を申し上げます。

◇DV2020 入国審査後

本日、XXXX空港から無事に入国いたしました。今後の先行きが非常に不安ですが、
とりあえず今回の渡米の目的は果たしましたので、一旦無事に日本へ帰ることを願っております。
これまで誠にありがとうございました。取り急ぎご報告させていただきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

【グリーンカードまであと少し! Y様】-DV2020ご当選

お世話になっております。(移民ビザの)郵便を受け取りました。問題なくビザ取得できたようです。

実は貴社に依頼する前に別の会社にサポート依頼のため連絡をしたのですが、メールが返ってこず、どこの会社で今回のビザサポートを受けようか悩んでいました。そこで貴社を発見し、サポート依頼前に色々とメールで伺いましたが、すぐご回答いただけ貴社に依頼することに決めました。

自分一人であれば上手く申請できなかったと思います。
不安なことがたくさんあり、色々と問い合わせをしてしまい申し訳ありませんでしたが、◯◯様よりいつも適切に対応していただき、感謝しております。
引き続きよろしくお願いいたします。

【ご夫婦でトライ!書類の見直し/面接サポート活用で万全の備え M様】-DV2019ご当選

◇DV2019 面接後

今しがた、大使館面接が終了いたしました。
終始英語ですこぶる機嫌が悪い面接官でしたが、おそらく無事に通過したのかな?と思いたいです。
ここまでドキドキの毎日でした。本当にありがとうございました!
パスポートが戻ってきたらまた連絡させていただきます。

スタッフの〇〇様をはじめ、jinken.comの鈴木先生はもちろん、その他関わってくださった皆様、誠にありがとうございました!!
もうしばらくお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

【学生ビザで留学中の当選。少ない日本帰国を有効に使って面接準備 A様】-DV2018ご当選

◇DV2018 面接後

ご連絡遅くなりました💦
昨日面接で無事グリーンカード取れました!!
来週にはパスポート送ってくれるそうです!

5月からいろいろサポートありがとうございました(*´꒳`*)
ほんとに〇〇様にはお世話になりました!

ほんとにありがとうございました!!

◇DV2018 入国後

入国はJFKで意地悪な質問すらされず呆気なくてびっくりしたくらいでしたが良かったです。

今回を最後にもうアメリカにステイすることになると思います。もし長期で帰るときは(再入国許可証を)ちゃんと申請するようにします!ありがとうございます。

ほんとにこれまでいろいろありがとうございました!!
〇〇様にはいつも助けていただき迅速な対応でほんとにありがとうございます。

◇DV2018 GC取得後

ありがとうございます!
無事取得できたのも〇〇様にいろいろ助けていただいたお陰です!!
ほんとにありがとうございました!

あっという間だったような長かったような。。という感じです😊
次回渡米時にSSNを取ってようやく働けますね。

それまでまた何か質問などあるかと思いますがどうぞよろしくお願い致します。

本当にどうもありがとうございました!!

【10年以上の応募、当選。No more visitor!! E様】-DV2018ご当選

◇DV2018 面接後

Congratulationsって言うてくれはりました!
やった~

◇DV2018 入国後

入国審査官に言われた言葉です “No more visitor”
うれしくて泣きそうになりました。
滞在期間を気にすることはないし、働けるし稼げるし、好きな所に住めるし自由だよって。
Pay tax って返して笑いをとりました。
オチがないと会話した気にならないというのは、関西人の性でしょうか。

……

またメールします。

【ビザ却下後のDV当選。永住権にトライ! N様】-DV2018ご当選

◇面接後

こんにちは!
無事面接が終わり、VISAが届きました!!!
本当にありがとうございます!

◇入国後

無事にアメリカに入国できました!!! 入国審査はとても簡単で、なぜアメリカにきましたか?しか聞かれなかったです!ビックリしました!

【米滞在中に当選。ご夫婦でグリーンカードにチャレンジ H様】-DV2018ご当選

Jinken事務局 皆様方

今日大使館での書類提出、面接が終了しました。

係員の方から「申請は承認されました。1週間ほどでパスポートが届きます」と言われた時、余りにもあっさりしていたので夫婦共々思わずキョトンとしてしまいました。

あっさりしすぎて、もうひと段階手続きがあるのかと思ったぐらいです。

ここまで来られたのも、スタッフさんはじめ、Jinken事務局の鈴木弁護士を筆頭に、皆様のご尽力を賜りましたお陰です。改めまして深く御礼申し上げます。

こんな素晴らしい機会を頂いたことに感謝しながら、夫婦共々のびのび歩んでいこうと思います。

本当にありがとうございました!)

【日本から一歩飛び出したい!不安もありながらも前へ T様】-DV2017ご当選

お世話になっております。
その後いかがお過ごしでしょうか。
今日は、無事にカードが届いたことのご連絡です。
予定通り入国して無事に許可が下りました。
入国審査は、かなり待たされましたが、何とか乗り切りました。
ここまで来れたのも、JINKENさんやスタッフさんのフォローのおかげ・・・ありがとうございました。感謝申し上げます。

まずは取り急ぎ、カードが届いたご連絡と御礼、および今後のご相談でした。(T様)

【結婚に転職に引越し。二人だからこそ! S様】-DV2017ご当選

(DV面接後)無事VISA発給されました!
後はオンラインで支払いするだけでいいですよね?
この度はありがとうございました😊


(入国審査後)こんにちは!昨日、無事に入国しました!

アドバイス頂いていたおかげでとてもスムーズに入国できました!
ありがとうございます^ ^(S様)

【初渡米どころか、初海外。末永く濃いお付き合いをさせていただきます。K様】-DV2016ご当選

お世話になります。

ご連絡が遅くなりましたが、定刻通り、朝に日本に戻ってこられました。
それほど買い物に出かけるタイミングが無かったのですが、英語が分からないと自信がないのですごく疲れました・・・w。
このままだとお先真っ暗ですね。。。

マクドナルドで拳銃を所持していた人がいて、ああアメリカだなあと実感。。。
ESL等の活用を前提とした考えがすごく重要と感じました。

その辺をひっくるめても、非常に有意義な旅行になったとおもいます。
単に「いきなり海外に引っ越し!」とかすると、間違いなくダメなことを身をもって知られたと思います。

おそらく再入国許可のお手伝いもお願いすると思います。 GCが届きましたら、その際はよろしくお願いします。(K様)

【面接準備中に大きなトラブル発生。落ち着いて対応したことで無事に渡米されたM様】-DV2016ご当選

お世話になっております。
本日予定通りGCとSSNを受け取ることが出来ました。
本物を手に取り、実感が湧きました。
夢見たいな本当の話で、改めて凄いものが最速で手に入ったんだなと実感致しました。

本当に私達のようななかなか事例がないであろう案件でも、親身になってご対応頂き、そしていつも素早い返信でどれだけ救われたか、感謝しても仕切れません。

今後もまた何かあれば、是非お願いしたいと思いますので宜しくお願い致します。
改めて本当にどうもありがとうございました。(M様)

【労働ビザからグリーンカード、AoSからCPへ(面接サポート)、米国在住中のK様】-DV2016ご当選

Jinkenさんのスタッフさんには大変お世話になりました。小生は心配性であるがためにスタッフさんにはくだらない質問を数多くしてしまいましたが、その都度、丁寧に対応していただきました。メールの数は200件を楽に越えています。。。。
Web上でいろいろ体験談を探しましたが、小生のように
学生ビザ→労働ビザへ切り替え→パスポートに労働ビザがないまま永住権の取得という事例がなかなか見つけられず、多くの方は一度日本へ帰国し、労働ビザがパスポートにある状態で面接へ臨むことが多いようで、小生は最後の最後まで心配しておりました。
スタッフさんから多くの助言を受け、無事にVisaを取得することができました。

結果論ですが、思ったよりあっけなかったというのが正直な感想ですが、準備しすぎることに越したことはないと実感しました。
書類の準備は確かに大変でしたが、スタッフさんのアドバイスは実務的なことだけでなく、精神的にも大きな支えとなってくれました。
今後、知り合いで当選した方や応募を考えている方にJinkenさんを勧めたいと思います。
本当にお世話になりました。(K様)

【DV応募からJINKEN.COMご利用、米国在住中のT様】-DV2015ご当選

担当スタッフさん初め、JINKEN.COM、MSLG法律事務所さんの皆様には本当にお世話になりました。何年も御社経由でDVの応募したので、それなりに投資はしましたが、当選後の手続きサポートは全て無料でおこなって頂きましたし、しかも、私からの要求も恐らく他の当選者の方と比較しても非常に手間のかかるもので、実際のサポートコストはこれまでの応募費用ではカバーできず、「赤字クライアントになってしまったのでは」と心配もしています。本当に、本当にお世話になりました。
これまでのコミュニケーションは全てメールでしたが、もし私共にカルフォルニアに行く機会ができた際には、ご挨拶、お礼がてら事務所に立ち寄らせて頂きたいとも思っています。また、もし今後法律関係で何かあった場合には、是非相談にのって頂ければ幸いです。
それでは、繰り返しになりますが、本件では本当に色々お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。(T様)

【ご自身で応募、DV当選後手続きをご利用されたTT様】-DV2015ご当選

本日無事にグリーンカードが届きました。
ドキドキしながら夫婦で開封し、確認しました。
家族4人分ちゃんと届いてました。
ありがとうございました!!!!

改めて嬉しさがこみ上げてきました。

この間スタッフのXXさんに頂いたメッセージで
「日本だとどうしても失敗=悪い事のように教えられていて、失敗するのはイケナイ思いこんでしまいますが、実はそんなことは決してありません。大人になると余計失敗しても間違ってもそこから学べばよいわけですので、ポジティブにとらえるのが本来の姿な気がしています」

この言葉にとても勇気付けられました。
ここまで色々なサポートをしていただき本当に感謝しています。
私たちの夢でもあったグリーンカードを手にできたのもみなさんのおかげだと思っています。
これから、アメリカで子育てをしながら生活していくのですが、色々な辛い場面に合った時も、この言葉に助けられると思います。

本当にありがとうございました。(TT様)

【DV応募のラストチャンスに懸けたF様】-DV2006ご当選

代行しているところを探してJINKENを知り、はじめて永住権抽選にチャレンジしたのは、4年前くらいでした。宝くじにも当たったことがなかったので、昨年の当選がなかったら、もう次は諦めようと考えていたので、当選通知をいただいたときは本当にビックリ!はじめは、メールのやり取りだけで大丈夫かな?と不安もありましたが、こちらからの細かい質問にもすぐに対応していただき、最初の不安はまったくなくなりました。(本当にくだらない質問にも親切に答えていただき、感謝しています。)JINKENのスタッフの方々には、本当に感謝しております。ありがとうございました。(F様)

【オーストラリア在住中に当選されたY様】-DV2005ご当選

インターネットでJINKENの存在を知り、去年初めて夫婦で申し込んでみました。初めてでは当たらないだろうと何年か続けて申請してみるつもりでいました。5月にJINKENから当選の知らせを受けた時には本当に本当に嬉しかったです。申請費用がこんなに安くて大丈夫かなとか、電話でのやりとりがなくメールだけのやりとりで安心だろうかなど、初めは色々心配がありましたが、いざJINKENとやりとりを始めてそんな不安は全部消えました。
当時私たちはオーストラリアに居てアメリカとは時差もかなりあったはずなのに、私たちの質問や悩みに対し、JINKENはいつも速やかに丁寧に対応してくれました。不安に思う事があっても直ぐに対応してくれるので、いつも安心してVISA申請を任せている事が出来ました。JINKENにお願いして本当に良かったと思っています。(Y.A様)

くわしく流れを知りたい!

r12_usavisa1_greemcard

主役はいつも お客様ご自身です

スタッフのみの頑張りだけでは決して前進できません。
グリーンカード取得の道のりも、米国移住後の生活でも、政府や公共機関への書類提出は避けて通れない道です。
この機会に学ぶつもりで ご一緒に手続きを進めてまいりましょう!

【注意】
DV-2015からKCCへの書面による書類提出がなくなり、すべてオンライン提出になりました。
以下はアメリカ大使館での面接を経て移民ビザを得る「大使館手続き」Consular Process(CP)となります。
JINKEN.COMでは、様々な理由からCPをおすすめしております。

STEP1 お申込み手続き

① お申込み: お申し込みは、メールまたはお申込みフォームで承ります。
② お支払のご案内:  担当スタッフよりご挨拶およびお支払い方法のご案内メールを差し上げます。
③ 手続きのご説明とご質問:  お客様のケースナンバーに合わせた詳細な手続きの流れのご説明と、米国政府(KCC)への提出書類作成に必要なご質問票をお送りします。

STEP2 提出書類の作成

④ 書類作成:  担当スタッフが頂戴した質問リスト回答をもとに書類の作成を開始します。また、必要書類やお写真についてのご案内を差し上げます。
⑤書類提出:  完成書類をKCCにオンライン提出します。
専任スタッフが作成した書類を、お客様ご自身にも確認していただき、事務局でのデータ修正を経て、最終提出します。
面接時にも必要になる、コンファメーション画面をお送りします。
DS260の追加・訂正などが必要になった場合には、KCCへの訂正手続きを行います。

STEP3 大使館面接

⑥ 面接準備:  面接日を知らせるメールが届きます。担当スタッフも面接日を随時チェックします。必要に応じて面接時に提出する書類の英訳や内容の確認、米国大使館を通じた各国の必要書類の取り寄せを行います。
面接前にアメリカ大使館から求められた手続きへの対応を行います。
⑦ 面接・渡米:  指定機関における健康診断、指定期日においての面接を経て、移民ビザの発行後に渡米となります。ビザの訂正・移民局への支払等、各ステップの必要に応じたコンサルティングを行います。

STEP4 グリーンカード取得

⑧ グリーンカード取得:  渡米後、グリーンカードがサンフランシスコの弊社オフィス、もしくはお客様のお手元に届きます。お引越しのご予定がある方、住所が未定の方は弊社オフィスへの送付をおすすめしております。
⑨ 移住後のガイド:  米国移民局(USCIS)が用意している公式の移民のためのガイドについて、ご案内を差し上げます。すぐに必要になる確定申告についても、完全に日本語での対応ができる米国公認会計士のご紹介をはじめとしたサポートを行っています。

グリーンカード取得代行、実際はどう?

r12_penne2_greencard

グリーンカード米国永住権を確実に手に入れるためになすべきことをシンプルにまとめてみました。

グリーンカード抽選永住権は50,000人の発給枠に対して、全世界でおよそ100,000人の当選者を出しています。DV-2016では91,563人、DV-2015においては125,514人、DV-2014においては140,660人が当選しています。
応募して当選はしたものの、実際には永住しない方、手続きに不備があり移民ビザ却下となってしまう方も多いためです。

ですから、正確なデータ収集正確なデータにもとづく書類作成面接日のチェック面接時の書類準備アメリカの住所等、生活基盤の確保、そして、それぞれの場面で期限に間に合うことが非常に大切になってきます。

とは言え、多くの方は当選してもお仕事や学校、子育てという現実の日常が進んでいらっしゃいます。グリーンカードを取得し、永住に向けた意欲で満ちていたとしても、日々の活動と並行して準備をしなければならないというのは、思った以上に大変なことです。
渡米後はしばらく日本に戻らないことを考えると、日本に在住している間に片づけたいことも多いでしょう。

渡米後に充実した生活を送るためにも、グリーンカード取得までの手続きにおいて【JINKEN.COMの当選後手続き代行サービス】をパートナーにご指名ください!
お客様の生活の大きなプラスとなるはずです。

そして、グリーンカードを手にした渡米後の生活をイメージしてみてください。
日本語が完璧に通じて、アメリカでの訴訟も数々こなし、しかも移民法をはじめとした法律問題に今このときも真正面から取り組んでいる弁護士が身近にいるという心強さ。
まさに安心した米国生活の下支えになると確信しています!!

r12_family6_greencard

実際にかかるサポート費用は?

r12_psp2_greencard

DV-2021当選後サポート 料金表

■基本料金 当選者ご本人分
$1180 USD
■配偶者様料金
$500 USD
6歳以上のお子様(お一人様)
$300 USD
6歳未満のお子様
$100 USD(お一人様)

上記の料金以外に、弊社オフィスをグリーカード(およびソーシャルセキュリティカード)送付先としてご指定された場合に、転送料として70ドル申し受けます。
出生証明書や卒業証明書等、各種証明書の取得費用、および、アメリカ大使館やアメリカ移民局(USCIS)への支払費用は、お客様のご負担となります。

*当選後の書類作成も とても重要です。MomsUSA以外でご当選された方も、ぜひご利用ください。

*サポート料金は、2020年6月1日(日本時間)に改定しました。

<MomsUSAご利用のご当選者様>
当社MomsUSAのDV申請代行サービス (エコノミーを除く)を利用して当選された方は、ご本人+ご家族のうち1名様までは無料でご利用できます。
ですので、お子様がいらっしゃる場合には、お子様の料金分だけ費用をご負担いただきます。ご注意ください。配偶者なしでご本人様とお子様だけの場合は、すべて無料です。

<Adjustment of Status(AoS)ご希望のご当選者様>
AOSの方への弊社サポートは、DS260の書類作成および提出、I-485の書類作成、面接での必要書類のご案内となります。労働許可申請や渡航許可申請もご希望の方は、弊社代表が所属するマーシャル・鈴木総合法律グループ(MSLG)へご紹介申し上げることも可能です。
Adjust of Status(AOS)による永住権取得をご希望の方は、お問い合わせください。
 MAIL: i@jinken.com まで。

<面接サポートのみご希望のご当選者様>
DS260の提出はご自身でなさった方で、その後の面接サポートのみ承ることも可能です。DS260の訂正やアップデートも行います。
_面接サポート:$580USD(ご家族全員含む)
_DS260訂正サポート:$300USD(ご家族全員含む)
各国の警察証明の取得や、大使館への問合せもサポートに含まれます。
出生証明書や卒業証明書等、各種証明書の取得費用、および、アメリカ大使館やアメリカ移民局(USCIS)への支払費用は、お客様のご負担となります。

【料金のお支払い方法】

 Credit Card Processing

PayPal Acceptance Mark

サービスご利用の際のお支払い方法は、ペイパル(PayPal)またはクレジットカード(Visa, Master, JCB)となっております。お客様のお支払情報を保護するために、ペイパル(PayPal)によるご請求を基本とさせていただきます。

また、ご希望により米国Union Bank of California 銀行および日本国内の三菱UFJ銀行への振り込みも承ります。銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。弊社は外国法人であるため、2019年より振込料金が割高となっております。
クレジットカードでの決済をお勧めいたします。

【オーダーミスのお取り扱い】

お客様の操作ミスにより送金金額を間違ってしまった等の場合につきましては、リファンド(返金)手数料として1オーダー当たり3ドルをいただき、ご返金いたします。
しかし、お客様のご都合によるオーダーのキャンセルは、オーダーいただきました時点から事務局での作業が発生するため、原則返金はいたしません。

十分に検討いただき、ご判断後にお申し込みくださいますように、お願いいたします。

FAQ よくある質問

r12_bay_greencard
  • Q 私は全く英語が話せないのですが、書類作成や面接は大丈夫でしょうか?

    A そもそもこの抽選永住権の目的は、”通常の審査基準では取得が困難な人たちにも米国永住の機会を与える”ということです。
    ですから、英語力がないからといって落とされることはありません。ましてや日本人の場合、高卒以上の学力を有している人であれば面接で不合格になるということはまずありませんので、どうぞご安心ください。
    もちろん、アメリカで実際に生活をして行くには英語力が確実に必要になってきます。語学力も磨かれることをおすすめいたします。
  • Q 当選した本人だけ永住権の取得申請をし、配偶者は辞退することができますか?

    Aはい、できます。当選後に、配偶者やお子様に永住権の取得辞退希望者がいらっしゃる場合には、「辞退」するというよりは「単に申請しない」ということで大丈夫です。
    ご家族のご事情がおありでしたら、手続きについて一度ご相談されることをおすすめします。
  • Q 数か月後に引越しすることが決まっている場合、当選後の手続きはひかえた方がよいでしょうか?

    A当社サービスをご利用いただいた場合、書類等の郵送先をJINKEN.COMを指定することができますので、引越しなどの心配はご無用です。
    引越し・転職・就職・進学・結婚・離婚・出産・養子縁組、米国の出入国、その他海外渡航など、手続き中に変更がある場合には、その都度手続きが必要になることがあります。タイミングも大切になりますので、一度ご相談されることをおすすめします。

  • Q 現在日本でもアメリカでもない海外在住です。JINKEN.COMの当選後サポートを利用することはできますか?

    Aメールでのやりとりが可能であれば、世界のどこに住んでいらっしゃってもご利用可能です。
    移民ビザ発給後にグリーンカードを取得するため、いったん米国に入国し、その後に米国外に出国されたとしても、最終的にグリーンカード(場合により、ソーシャルセキュリティカード(SSN)も)はJINKEN.COM事務局より、お客様へ転送いたします。郵送の際には、どちらの住所にお送りすればよいか確認し、追跡のできる方法で確実にお送りしますので、ご安心ください。

  • Q 日本でも、面接で却下になる方はいらっしゃるのでしょうか?

    Aはい、残念ながら いらっしゃいます。
    諸外国に比べ、ビザ却下の数は非常に少ないですが、毎年ゼロではありません。さいわいJINKEN.COMでは、開設当初から却下になった方はいらっしゃいません。
    大使館面接でビザ却下や追加手続になった場合には、その後の米国入国に支障が出てくることが少なくありません。ですので、JINKEN.COMでは、お客様お一人おひとりに対し、非常に細やかに対応させていただいております。今後も、この姿勢に変更はありません。

  • Q 移民ビザの発給の可否を決めるのは誰ですか?

    Aビザを発給するかどうかを最終的に決定するのは、アメリカ大使館の領事官です。
    また、移民ビザが発給され渡米したときには、米国入国時にはアメリカ合衆国国土安全保障省(The Department of Homeland Security)およびアメリカ合衆国税関・国境警備局(U.S. Customs and Border Protection (CBP))による入国審査を受ける必要があります。
    当選後の書類作成、面接書類の準備、大使館での移民ビザ発給、その後の入国管理局による審査など、ハードルはいくつもあります。JINKEN.COMでは、お客様とともに、一つひとつをクリアして行くことをお約束します。

  • Q 私はクレジットカードを持っていません。銀行振込による支払いではだめでしょうか?

    A可能です。 お問い合わせの際に、銀行振込をご希望の旨をお伝えください。
    なお、2019年より、日本の銀行口座が在外法人として取り扱われることになったため、振込手数料が高額になる場合があります。
    今後のグリーンカード取得までの手続きで必要になるため、これを機会にクレジットカード等の決済に切り替えていただくことをお勧めいたします。

重要な注意事項

r12_nopen_greencard

◆ DVの当選は、グリーンカード永住権取得を確約するものではありません!!

DV-2013以前の数年、グリーンカードを希望し、適切に手続きを取った方々は、面接まで進むことができました。
しかしながら、DV-2014の場合、50,000の発給枠は9月の中旬にいっぱいとなりました。DV-2015でも、ご当選者のうち約半数の方は、面接に進むことができません。
残念ながら、今回もその可能性は否定できません。

実際、アジア地域のうち、どの程度の方々が当選後の書類を提出されるのか、面接に出向かれるのか、面接の結果移民ビザの発行を受けられるのかなど、とても複雑な事情が関係して、その年度のDV移民ビザの発行状況が決まって行きます。依然として、予測は非常に困難な部分があることを否定することはできません。

とは言え、取得期間や費用・手続きの面からも、DV当選はアメリカ永住権 グリーンカード取得の最も近道であると言ってよいと思います。

なお、過去5年間に一定の移民を米国で受け入れた場合には、その後DVプログラムの対象国から外されることになっています。

当選後の書類であるDS260フォームを提出しますと、アメリカ政府に対し移民を希望する意思(「移民の意思」)を示したことになります。DS260を提出したものの、ケースナンバーが進まず、最終的に移民ビザ(グリーンカード)を取得できなかった場合には、その後に非移民ビザ申請する場合に、移民する意思がないことを証明する必要があります(非移民ビザが取得できない、ということではございません)。

しかしながら、ビザ免除プログラムの条件を満たし、ESTAが許可された方であれば、ケースナンバーが進まず期限切れとなった場合でも、ビザ免除プログラムを利用して渡米が可能です。もちろん、通常の渡航者と同様に、移民局による入国審査を受ける必要がありますので、米国入国が確約されるものではありません。

また、DV当選者向けのインストラクションには、随所に以下の注意事項が示されています。

【Important Applicant Notice】
Based on U.S. law, not everyone who applies for a visa will be found eligible to come to the United States. There are a number of possible reasons why someone might not qualify for a visa. The circumstances of each case are different. Approved visas generally are not available on the day of interview.
It is important that you do not make arrangements such as selling your house, car or property, resigning from your job or making non-refundable flight or other travel arrangements until you have received your immigrant visa.

(事務局の訳文)
【申請者への重要な注意事項】
アメリカ法にもとづき、ビザ申請したすべての方が米国への入国資格を得られるわけではございません。ビザを取得できない理由としては、様々な原因が考えられます。また個々のケースごとに、状況が異なります。ビザが許可された場合でも、通常、面接当日にビザを受け取ることはできません。
移民ビザを取得する以前に、家・自動車などの財産を売却したり、離職したり、払戻のできないフライトやその他の予約をすることは避けてください。

【JINKEN.COMご利用のお客様の場合】
JINKEN.COMをご利用のお客様が、DS260を提出したにもかかわらず、ケースナンバーが該当せずに面接に進めなかった場合、翌年のDV応募時に、MomsUSAのDV応募【スタンダードサービスご利用】を無料にてご提供いたします(主申請者様に限る)。
当選された場合には、主申請者様の当選後サポート代金は全額無料となります。

◆ DV応募に関する詐欺にご注意ください!!

DVに応募して間もない時期から「当選しました!」という一文に加えて、以下のように続きます。
信じてしまうポイントは、
 〇氏名が特定されていて、スペルに誤りがない
 〇出生国などが記載されている場合がある
 〇すべて英語の文書である
 〇ところどころに、「米国務省」など政府機関を思わせる文言がある
などが挙げられるでしょう。

そして、期日を限定してキャッシュを要求した上で、振込先と金額を提示してきます。支払が完了すれば移民ビザが保証されるなど、誘導するための様々な文言が並びます。

「ちょっと変だな?」と思ったら、振込む前に事務局までご一報を!
【 i@jinken.com 】まで

グリーンカード取得代行 お申込・お問合せ

r12_moon_greemcard

【お問合せ】は i@jinken.com まで。

▼お名前はニックネームでもOK
▼メールアドレスやメールの受信設定にはご注意ください!(@jinken.comが受信できるようにドメイン名指定受信をご確認ください。)
お問い合わせは、お気軽にどうぞ!
72時間以内に事務局からの返信がない場合には、メールが不着であることが考えられます。
再度ご連絡いただくか、別アカウント(別のeメールアドレス)からご連絡くださいますように、お願い申し上げます。

▼DV応募をご希望の方は、DV応募専用サイト【MomsUSA】から通年エントリーできます。

グリーンカードDV2021応募期間スタート

グリーンカード抽選 DV-2020応募期間スタート

今回からパスポート情報が追加になっています。有効期限内のパスポートが必要ですので、まずは更新を!
また、写真は最新のものをご用意することをお忘れなくお願いします。

■公式インストラクション

ご自身でも、国務省ページから申請していることを今一度ご確認ください。
https://travel.state.gov/content/visas/en/immigrate/diversity-visa/instructions.html

■応募方法

ご自身でご応募なさる方に向けた、応募方法をご紹介しています。
http://momsusa.jp/dv-program/howtosubmit

エントリーは無料
✅最新のブラウザを使うこと
✅インストラクションを必ず読むこと
✅写真も情報も最新のもので
✅パスポートは有効期限内のもので
✅申請完了後のコンファメーションナンバーは絶対に保存

スマホ・タブレット等で申請なさる方は、打ち間違いにご注意ください。
また、コンファメーションナンバーは、最後に一度表示されましたら必ず確実に保存しなければなりません。電波状態の安定したところで申請をなさることをおすすめいたします。
公式インストラクションにもある通り、応募期間後半は全世界から多くのアクセスが予想されます。期間前半に応募を完了するのがベストです!

DVは申請時の正確さ、そして何といっても当選した後の手続きが決め手!弊社ご利用者様のほぼすべての皆様が、実際に永住権を取得されていらっしゃいます。
DV-2021でも、弁護士以下スタッフ一同で、皆さまの本気にお応えします。
多くの皆様がご当選なさいますように!
!(^^)!申請時に迷ったら、写真に困ったら、当選した後のことを本気で考えるなら……ぜひとも弊社にご依頼ください。カリフォルニア州弁護士直営。
http://momsusa.jp/dv-program

グリーンカードDV2020【10月(初回)の面接予定】

【DV-2020面接の状況】

greencard_DV2020_Interview_October

*このケースナンバーは、2019年5月に当選発表があったDV2020に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。DV2019の面接は、2019年9月に終了します。

DV2020アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。
“Visa Bulletin” で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。)

■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

グリーンカードDV2020面接スタート!!

DV2019の面接も、残すところあと1ヶ月となりました。まだ手続きが進行中の方もいらっしゃいますが、10月からはDV2020当選後の面接が始まります。
DV2019は移民ビザ発給上限まで余裕があると考えられますが、面接日には周到にご準備の上、出向かれてください。幸運をお祈りいたします!

アジア地域では、当選者数の多いネパールとイランが別枠になっています。
そのため、今年度も、両国以外のアジア地域ではスムーズに面接が進んで行く可能性が低くありません。

また、ケースナンバーも30000番台であったとしても、Currentになれば面接が設定されます。
ですので、グリーンカード取得をお考えの方は、DS260等当選後の手続きを進められても良いでしょう。

途中、いくつかのステップがありますので、時期に遅れずに進めて行く必要があります。余裕を持って準備なさることをお勧めいたします。インストラクションは、手続きの最中に変更になることも少なからずあります。

 MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポート/当選後面接サポートを提供させていただいておりますが、外部機関に依頼することも、確実なグリーンカード取得の手段の一つと考えても良いと思います。 長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

今回は、2019年10月から面接が開始されるDV2020のケースナンバーの第1回目(初回)の発表になります。 なお、DV2019当選にもとづく面接は、2019年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、DV-2020の2019年10月面接予定が発表になりました。 日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。

(DV2019当選者のみ該当)2019年  9月:CURRENT
(DV2020当選者のみ該当)2019年  10月:1,300(ネパール 1,000/イラン 750) 

*次回ケースナンバーは、2019年9月10日前後に発表になります。
*トランプ大統領の発した渡航禁止令が、連邦裁判所で支持されました。しばらくの間、アジア地域の一定の国々の渡航禁止は続きそうです。政治状況に左右されることも考慮に入れましょう。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。 ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。 詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!

 

DV2020当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2019/DV2020においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2018当選後サポートでは、DV2017までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。 DV2019/DV2020でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めております。

弊社の面接サポート等もご利用いただくと、リサーチしながら思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。 サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで) 完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。

https://jinken.com/win/

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

グリーンカード(アメリカ永住権)抽選結果-DV2020




DV2020グリーンカード抽選の結果発表は、2019年5月7日(東部夏時間)からEntrant Status Checkでスタートしています。

ただ、例年のことながら、最初はトラブルが多く発生します。
今年は、アクセス集中以前に、何らかのバグがあったようで、サイト自体が表示されない期間が長かったように思います。
しかしながら、2日経って事態は改善されて、順調にアクセスできるようになりました。
MomsUSA/JINKEN.COM事務局でも、結果の確認を行なっております。
 

MomsUSA/JINKEN.COMからご応募の皆様へ

15日までに、全てのお客様に結果をお伝えするeメールをお送りいたします。
当選なさった方に優先的にお送りさせていただきますが、必ず皆様にお届けいたします。
一部ご優待のご案内もございます!
お待たせをいたしますが、ご理解の程をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

DV(Diversity Visa Program)アメリカ抽選永住権 当選確認の方法

当選確認画面は、ご自身でも確認いただけます。
まずは DV Entrant Status Check のサイトにジャンプ。
https://www.dvlottery.state.gov/esc/
DV当選確認

次に、[continue]をクリックします。

続いて、コンファメーションナンバー等を入力の上、[4. Authentication]で図に表れた読みにくい文字を入力します。
その後に[Submit]をクリックすると結果の画面が表れます。DV当選確認

入力するときは、英数半角の文字入力になっているかを確認してください!
全角では、別の文字として認識されてしまいます。
またLast Nameは、大文字でも小文字でも構いません。ですが、上記同様に、全角で入力してしまうと、別の文字列と判定されてしまいますのでご注意ください。
より詳しくは、こちらからどうぞ。




******************************
MomsUSAご利用者様には、個別に当選結果をメールにてご案内いたします。
ご不明な点は、MomsUSA事務局までお気軽に!
 < i@jinken.com  >まで。

当選が分かったら、今すぐ https://jinken.com/win/ へアクセス!



Golden Gate, San Francisco, California, USA.

2020年度発給のH-1Bビザ抽選

じんけんニュース 04-20-2019 弁護士 鈴木淳司
April 21, 2019

 

ビザを取るにも「運」が必要なのが、アメリカの専門職用のビザであるH-1Bビザです。

ある程度専門性を備えた外国人学生がアメリカで仕事をはじめるのに、他の国と同様に就労ビザが必要なのですが、アメリカの企業がスポンサーとなるには、H-1Bビザが基本となります。

他にも、就労ビザには、Eビザ、Lビザというカテゴリーがあるのですが、これらは、ピュアにアメリカの企業では発給のスポンサーになれずに、必ず特定の外国とタイアップしている関係を求められます。

ですので、外国人留学生にとっては、このH1Bビザが発給されるかどうかが、かなり重要なポイントになるわけです。

 

飽和状態が続くH-1Bビザ

2011年以降、H1Bビザの発給は飽和状態にあります。

「飽和」というのは、原則としてH-1Bビザの新規発行枠が毎年度6万5千(現行では、更に大学院以上の外国人卒業生で、アメリカの大学院を出ているものに追加8万5千)件と決まっていて、その数を上回る申請数が常時継続している形になっているのです。

この新規発行枠には、発給済みの延長申請などは含まれませんので、基本的には、新卒の方々、外国からアメリカで就職する方々というパターンが考えられるのです。 今までお金を払って学んでいた学生が、就職してやっとお金を稼ぐ側に廻るわけですから、このH1Bビザの発給の可否は、かなり学生にも深刻な影響を与えます。

他の留学生を多く受け入れる国も近年、外国人の就労に厳しくなってきていますが、アメリカのH1Bビザの発給枠の制限のような壁がない場合も多く、実は、就職につなげようとアメリカに留学をする日本人が減っているのも、実はこのH1Bの発給数問題が根底にあると推測されるところです。

移民に寛容な(現在の政府では、「寛容だった」の方が正確か)アメリカですが、やはり自国民の雇用というのは、大きな問題であります。H1Bビザの発給制限がなければ、アメリカ国民が就職の機会を奪われてしまう可能性もあります。

ですので、発給数の設定というのは、保護主義的な発想が根底にあり、日本政府の外国人受け入れを見ていると、日本人は何も言えない状況ではあります。

 

2020年度に向けたH-1B申請状況

そして、今年も、2020年度のH1Bビザ新規発行分の受付が2019年4月1日からはじまりました。 申請数がアメリカの好景気に支えられて、毎年高止まりするので、申請に対して、抽選をして、申請対象を絞り込んでいます。

したがって、「運」がなければ、申請さえもできないのです。 今年は、申請開始の4月1日から5日までの間に、20万1011件の申請がありました。わずか5日で申請の受付が停止されました。

そして、4月10日にランダムの抽選がされて、新規申請のうち発給枠の審査対象が絞られました。新規6万5千件プラス、院卒の2万件、の発給対象が絞られました。

このわずか5日間に申請を受け付けられても、抽選で漏れると、返戻されてしまうのです。 この5日間の申請数は前年度と比べて1万件ほど増加していますので、アメリカ政府が厳しい移民政策を取っていることとは裏腹に、景気に支えられた就職人気は右肩上がりのようです。  

 

留学後の就労には「運」も必要

このように、かりに日本人学生がアメリカに留学して、その後就職を目指そうと思っても、ある意味「運」がなければ、就職先があったとしても、合法的なビザがでないという可能性があるわけです。
そうすると、留学すること自体も慎重に考える対象になりますよね。

今、日本では、国内で色々な倦怠感があり、若い学生がアメリカの大学に留学を直接してしまう、という例もかなり出てきているようではあります。

しかし、どんなに優秀でも、どんなに就職先にラブコールを送られても、ビザ「運」によって、将来の想定が狂ってくる可能性もあるわけです。

もちろん、H1Bビザ以外にも多くはありませんが、就労ビザはあります。

しかし、留学を考える学生さん、留学していて、就職を目指す学生さんは、目先の勉強だけではなく、H1Bビザの動向を今後も注意して、自分の将来についての判断事情にしなければならないと思います。  

 

 


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中 https://jinken.com/win/index.htm

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中 https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

 


DV2019【2019年6月の面接予定】グリーンカード抽選

【DV-2019面接の状況】

DV2019 interview_June

*このケースナンバーは、2018年5月に当選発表があったDV2019に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。当選発表は、2019年5月です。

DV2019アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 ( Visa Bulletin で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。) ■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

 

グリーンカードDV2019面接 Currentまであと一歩か

ケースナンバーも順調に進んでいて、面接もいよいよ本格的になってきた印象です。

移民法も手続き面も常にリスクはありますので、できれば9月面接での駆け込みは避けたいところです。4月面接からは、Case Numberの例外はネパールのみとなり、アジア地域のペースはCurrentに向けて加速することが期待されます。 手続きは、順を追って速やかに進めることをお勧めいたします。KCCへのデータ送信もスムーズに行えるように、準備を進めておきましょう。

また、面接に臨む米大使館ごとに、独自の必要書類や提出方法があります。各国の米大使館インストラクションをよく確認しましょう。インストラクションは、手続きの最中に変更になることもあります。

面接日の変更は、やむを得ない場合のみとして、できれば指定の日に出向くようにスケジュールを調整しましょう。

MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポート/当選後面接サポートを提供させていただいておりますが、外部機関に依頼するのも確実な手段の一つと考えても良いと思います。 長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

  今回は、2018年10月から面接が開始されたDV2019のケースナンバーの第9回目の発表になります。 DV2019当選にもとづく面接は、2019年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、DV-2019の2019年6月面接予定が発表になりました。 日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。

2019年  5月:6,400(ネパール 4,9252019年  6月:10.000(ネパール 5,775

*3月面接までは、当選者数が多いことから、ネパールとイラン2カ国のみ独自にCut-offナンバーが設定されています。 4月から、イランはアジア全体に組み込まれてケースナンバーが管理されています。 *次回ケースナンバーは、2019年5月10日前後に発表になります。 *トランプ大統領の発した渡航禁止令が、連邦裁判所で支持されました。しばらくの間、アジア地域の一定の国々の渡航禁止は続きそうです。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。 ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。 詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!

 

DV2019当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2019においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2018当選後サポートでは、DV2017までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。 DV2019でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めて参ります。

弊社の面接サポート等もご利用いただくと、思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで) 完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。


▼DV-2019の当選後サポート、受付中!

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 https://jinken.com/win/

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。


DV2019【2019年5月の面接予定】グリーンカード抽選

【DV-2019面接の状況】

May2019_DV_interview

*このケースナンバーは、2018年5月に当選発表があったDV2019に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。当選発表は、2019年5月です。

DV2019アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 ( Visa Bulletin で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。)

■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

 

グリーンカードDV2019面接も後半に

ケースナンバーも順調に進んでいて、面接もいよいよ本格的になってきた印象です。
移民法も手続き面も常にリスクはありますので、できれば9月面接での駆け込みは避けたいところです。4月面接からは、Case Numberの例外はネパールのみとなり、アジア地域のペースはCurrentに向けて加速することが期待されます。

手続きは、順を追って速やかに進めることをお勧めいたします。KCCへのデータ送信もスムーズに行えるように、準備を進めておきましょう。
また、面接に臨む米大使館ごとに、独自の必要書類や提出方法があります。各国の米大使館インストラクションをよく確認しましょう。

米政府の一部シャットダウンも解消されましたが、大統領令を巡る対立など、議会との攻防の要素は少なくありません。情報に注意を向け、準備は早めに進めましょう。

MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポート/当選後面接サポートを提供させていただいておりますが、外部機関に依頼するのも確実な手段の一つと考えても良いと思います。
長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

 

今回は、2018年10月から面接が開始されたDV2019のケースナンバーの第8回目の発表になります。 DV2019当選にもとづく面接は、2019年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、DV-2019の2019年3月面接予定が発表になりました。 日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。

2019年  4月:6,400(ネパール 4,200
2019年  5月:6,400(ネパール 4,925

*3月面接までは、当選者数が多いことから、ネパールとイラン2カ国のみ独自にCut-offナンバーが設定されています。 4月から、イランはアジア全体に組み込まれてケースナンバーが管理されています。

*次回ケースナンバーは、2019年4月10日前後に発表になります。

*トランプ大統領の発した渡航禁止令が、連邦裁判所で支持されました。しばらくの間、アジア地域の一定の国々の渡航禁止は続きそうです。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。 ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。 詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!

 

DV2019当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2019においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2018当選後サポートでは、DV2017までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。

DV2019でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めて参ります。 弊社の面接サポート等もご利用いただくと、思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで) 完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。


▼DV-2019の当選後サポート、受付中!

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 https://jinken.com/win/

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)  

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。


DV2019【2019年2月の面接予定】グリーンカード抽選

【DV-2019面接の状況】

GreenCard_DV2019Interview_Feb

*このケースナンバーは、2018年5月に当選発表があったDV2019に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。当選発表は、2019年5月です。

DV2019アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 ( Visa Bulletin で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。) ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

 

グリーンカードDV2019では新たな手続きが追加

11月から当選後の手続きの一部が追加された影響も、やや懸念されましたが、Case Numberの進み方は順調です。特にアジア地域は、場合により、例年よりも数ヶ月早まる可能性があります。

KCCへの書類送付もスムーズに行えるように、準備を進めておくことをおすすめいたします。 面接日時の設定は、手続きが追加になったことで、例年よりも若干時間がかかる場合も考えられます。待ち時間は不安になりがちですが、一喜一憂することなく、必要な手続きを行なって面接日時が設定されるのを根気よくお待ちになった方が良いでしょう。 ですが、手続き全体としては、大幅に効率化が図られていると考えています。

今回は、2018年10月から面接が開始されたDV2019のケースナンバーの第5回目の発表になります。 DV2019当選にもとづく面接は、2019年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、DV-2019の2019年2月面接予定が発表になりました。 日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。

2019年  1月: 3,800(ネパール 2,150 / イラン 2,900)
2019年  2月: 4,400(ネパール 2,800 / イラン 3,400)

*ネパールとイランは、当選者数が多いことから、独自にCut-offナンバーが設定されています。 面接の進捗状況次第で、途中からネパールやイランもアジア全体に組み込まれる場合があります。

*次回ケースナンバーは、2019年1月10日前後に発表になります。

*トランプ大統領の発した渡航禁止令が、連邦裁判所で支持されました。しばらくの間、アジア地域の一定の国々の渡航禁止は続きそうです。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。 ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。 詳細は事務局までお尋ねください。< i@jinken.com > まで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!

 

DV2019当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2019においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。 ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2018当選後サポートでは、DV2017までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。DV2019でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めて参ります。 弊社の面接サポート等もご利用いただくと、思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで) 完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。


▼DV-2019の当選後サポート、受付中!

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 https://jinken.com/win/

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

 

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。


アメリカ抽選永住権プログラム DV2020申請状況

アメリカの永住権(通称:グリーンカード)が、毎年50000人に発行されるプログラム、Diversity VIsa Program 2020、応募期間も後半になりました。
MomsUSA/JINKEN.COMを通じてご応募された方々、ご利用いただきまして誠にありがとうございます。

【申請を迷っている皆様へ】

チャレンジしてみませんか?
まずはご自身で、そして、代行申請もお考えいただければと思います。
自分で応募したい方は、こちらから
代行申請をお考えの方は、こちらから
 

【すでにお写真を事務局に送っていただいた皆様へ】

順次申請を行っておりますので、まだお手元に申請完了通知(コンファメーションナンバーが書かれた通知)が届いていない皆様は、もうしばらくお待ちいただきますようにお願い申し上げます。
申請状況はマイページにログインしていただくと確認ができますが、ご心配な方は事務局までご連絡ください。
i@jinken.com
西海岸の日中の時間は、国務省サイトがつながりにくくなる傾向があります。
大切な申請が途切れてしまうことがないように、時間をかけて行っておりますので、ご理解をいただけると幸いです。

【まだお写真の送付が済んでいらっしゃらない皆様へ】

どうぞお早めに事務局までお写真をお送りください。
お申し込み時にお送りさせていただいた、お支払いの確認メールに、お写真の送付方法を書き添えてございます。
お写真の確認と加工には時間を要します。
場合によっては再送をお願いしておりますので、Eメールの確認もお願いいたします。
 
締め切りまであと10日あまり。
来年まで応募期間はありませんので、どうぞこのチャンスをお見逃しなく!

グリーンカード抽選(DV2019)当選後サポート、受付中です




Diversity Visa Program 2019 (グリーンカード抽選)ご当選者のみなさま、誠におめでとうございます!

JINKEN.COMでは、ご当選者様のサポートサービスを引き続き行っております。
ご自身でのご応募の方、他の法律事務所等でご応募の方も、変わらずサポートを行います。
サポート内容をもっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。
https://jinken.com/win/
DV-2018ご当選者様のサポートも進行中です。
あと2ヶ月のケースナンバーの動向が気になるところではありますが、弊社サポートのお客様すべてがグリーンカードを取得できるように、引き続き気を引き締めてまいります。
DV-2018ご当選者様のサポートは、あと6組の皆様です。
祈るような気持ちもありながらですが、無事に9月30日を迎えたいです。
 
すべてのお客様に、事務局スタッフによるきめ細かな対応を行うことを目指しているため、20組までの限定とさせていただいております。
また、難しい案件もお断りせずに対応することで、皆様のチャンスを広げたいというのがJINKEN.COMの姿勢です。
面接直前に「しまった!!!」というお客様からのお問い合わせにも、可能な限り対応しております。せっかくのチャンスです。諦めずに進めていただきたいところです!
 

まずはお気軽にお問い合わせください。
< i@jinken.com までお気軽に! >