飲酒運転」タグアーカイブ

Golden Gate sanfran

アメリカの司法制度ー連邦法?州法?(2)_1096

法律ノート 第1096回 弁護士 鈴木淳司
Feb. 14, 2018

 半分お笑いなのですが、私が窃盗の被害者になってしまいました。私は工事を自分でするのが好きで、週末にかっこよい壁を造りたいと思い、事前にインターネットで一つ25キロくらいするコンクリートの材料をオーダーしておきました。自分が運転する車にこの材料を30個乗せると重くて走れないと思って、ガソリンスタンドでリクルートしたメキシコ人のおじさんに現金を払うから運搬を頼みました。一緒にお店に行って、材料を積み込むと私が自分の車に行く間にトンズラされました。人を信用しない斜に構えた輩よりは人を信じて裏切られた方がまだ良いのですが、100ドルくらいの材料を窃盗して何になるのか、苦笑いしてしまいました。仕事もふくめ、今まで経験した事例で一番重い物を持って逃げられました。笑うしかないですね。

アメリカの司法制度ー連邦法?州法?(2)_1096

 さて、前々回から考えてきた「米国法制度は連邦法と州法の二重構造で、裁判所も連邦裁判所と州裁判所の二重構造で、いずれも原則三審制とのことですが民事・刑事の事件について、連邦裁判所・州裁判所の管轄をどのように分けるのでしょうか。わける基準を教えてください。」という質問と、「国立公園内で飲酒運転の罪で逮捕されましたが、通常の飲酒運転とは裁判が違うと言われています。どのような違いがあるのでしょうか」という質問を続けて考えていきましょう。

国立公園での飲酒運転は州法?連邦法?

 前回は日本とアメリカでは地方自治という考え方が根本的に違うということを考えました。アメリカの各州は日本の都道府県とは違って、かなり独立した自治能力を与えられていると思ってください。法律的な面を見ると、実際は各州とも似たり寄ったりです。一つの国ですから当たり前かもしれません。しかし、微妙な違いは確実に存在していて、各州がまず自己統治をしているという現実を理解してください。

 まず、今回の質問を見ると、まずはその質問の対象となっている州法ではどのようになっているのか確認しなければなりません。州法に引っかかる刑事事件や、民事事件は、州法で対応されるのが原則ということで理解してください。今回の質問にある飲酒運転は、確実に各州で取り締まる法律があります。そうすると、まずは、州法が先行して適用されることになります。州の管轄内で逮捕されれば、その管轄内の州法によって判断されるということになります。

 今回質問されている方は連邦の管轄である国立公園で逮捕されているようです。そうすると場合によっては、州と連邦の両方の法律が適用されるかもしれません。州の警察に逮捕されていないのであれば、連邦の法律のみ適用されたうえで、起訴となる可能性もあります。すると、連邦裁判所で判断される可能性があります。

 今回質問されている方も、飲酒運転で逮捕されているのであれば、どちらの法律も適用可能です。そうすると、何か刑事的な問題が発生しているのであれば、事例によっては州でも連邦でも罪に問われる可能性はあるということになりますね。

連邦の法律が適用される場合

 では、連邦の法律はどのような場合に適用されるのでしょうか。実は連邦憲法その他の連邦の法律で、連邦政府が口出しをできる事例は決められています。ここでは、いくつかご紹介しておきましょう。

 まず、連邦で定められた法律に抵触する事例については、連邦政府が口出しをできることになっています。たとえば、連邦が専権を持つ、特許、郵便、そして移民関係などが挙げられます。これらの事項は連邦裁判所が管轄していて、事件になれば、州は口出しをできません。

 次に、外国が相手方になるような事件については連邦が専権を持つことが憲法上決められています。通商の問題などは連邦政府の専権となります。

 そして、州をまたぐ紛争、たとえば州対州の事件、あるいは麻薬の事件で州をまたぐ事件などは連邦の管轄になります。ここで、重要なのは、ニューヨーク州とニュージャージー州が、エリス島を巡って裁判をするのは確実に連邦の事件となり、州の裁判所は取り上げません。

 しかし、たとえば、麻薬の事例などは、州の法律にも抵触しますし、連邦の法律にも抵触します。こういう場合には、ロス市警の刑事コロンボが出てきて捜査をしているときに、FBIの捜査員も捜査をしていて、一つのドラマになるということがあり得るわけですね。

相手が州内にいるかどうかで提訴先が変わる

 私が今回25キロのコンクリートの塊を30個盗まれたという事例では、相手の人がカリフォルニア州内にいれば、州の裁判所に提訴することになりますが、メキシコにいる場合には、州および連邦の裁判所で提訴できることになるのかもしれません。

 いつも、雨の多い2月ですが、カリフォルニアは暖かい日が続いています。夏の干ばつを気にしつつ、また一週間花の咲く気候をたのしんでいきたいと思います。風邪が流行っていますので、皆さんも気をつけてくださいね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

家でマリファナを吸うと児童虐待に?(2)_1083

法律ノート 第1083回 弁護士 鈴木淳司
Nov. 12, 2017

 飛行機の機内で、久しぶりに映画を見て泣いてしまいました。最近グラフィックはすごいが、内容が陳腐な映画が多いなぁ、と思っていたのですが、大当たりでした。観た映画はGifted(日本名ではギフテッド)と言って、数学の天才少女とそその家族を巡る切ない話でした。弁護士も出てくるのですが、弁護士の能力など結局家族の絆の足元に及びないものだ、と思い知らされました。まだ、日本では封切られていないようですが、役者も素晴らしく、ぜひ皆さんにも観ていただきたい作品です。みなさんは良い映画を観られていますか。

家でマリファナを吸うと児童虐待に?(2)_1083

 さて、前回から考えてきた「来年(2018年)から、カリフォルニア州では合法的にマリファナが売買され使用も許されることになったと聞きます。先日、ある公益法人の主催するマリファナに関する講演を聞きにいったのですが、家に子供がいる場合には、場合によっては児童虐待のケースもあるということを聞きました。よく理解できなかったのですが、マリファナを吸っただけで児童虐待となることがあるのでしょうか」という質問を続けて考えていきましょう。

犯罪の要件が広汎に考えられている Child Endangerment

 前回は、カリフォルニア州法273条a項に規定されている、未成年者を危険に遭わせる罪(Child Endangerment)がどのようなものか考えました。まとめると、どのような危険か、ということは詳細に規定されているわけではなく、広汎に考えられていて、様々な類型が考えられます。

 このように犯罪を構成する内容(要件)が広汎に規定されている場合、アメリカでは判例の役割が重要になります。判例をよく解析することが重要になるケースであります。

子供を車に残したまま、車を離れる

 今回は、この未成年者を危険に遭わせる罪、というのは、どのようなケースが考えられるのか、いくつか主な類型を考えていきたいと思います。

 まず、日本の方が結構トラブルに巻き込まれる例として、子供を車に残したまま、車を離れるということは、未成年者を危険に遭わせると考えられています。私が過去担当した案件でも、母親が子供をいちいちベビーシートに乗せ降ろしするのが億劫になり、子供を車内に残したまま、郵便物をポストに出しに行ったところを通報されて逮捕された例があります。

 日本では子供を車内に残し親がパチンコに興ずるなどという事件がありますが、アメリカでは確実に有罪になりそうな事例です。子供を車内に単独で残すというのは、罪になり得るということは必ず覚えておいてください。

 注意が必要なのは、「未成年者に対して危険を発生させる」行動は、自分の子供だけに限りません。第三者の子供であっても、カリフォルニア州法の処罰の対象になります。

子供を乗せた車の飲酒運転

 次に考えられるのは、飲酒運転のケースです。飲酒運転で逮捕され、その逮捕時に子供が乗車していた場合には、通常の飲酒運転に加えて、未成年者を危険に遭わせたと判断され、今回考えているカリフォルニア州刑法によっても起訴に対象になります。

 もちろん、事故を起こしていないとしても、飲酒許容基準値を上回っている場合には、本罪の対象になります。アメリカはこれからホリデーシーズンです。家族で行動する際には、気をつけて覚えておくべきポイントだと思います。

限度を超えた子供に対する体罰

 第三点目ですが、子供に対する懲戒も限度を超えると、未成年者に対する危険を発生させた、と考えられる場合があります。子供が何か悪いことをしたとしても、いきなり体罰を与えると今回考えられている罪になる場合があります。

 大事なパーティーに出席するために、ある時間に家を出る予定だったが、子供が友達と遊んでいて帰ってくるのが遅くなり、家の前で待っていた家族に頭をゴツンとやられた事例がありました。隣人が警察を呼び、父親が逮捕されたという事例を思い出します。

未成年のマリファナ使用は一切禁止

 では、今回質問されているマリファナ関連はどうでしょうか。

 まず、マリファナの使用がカリフォルニア州で合法化されたとしても、未成年者の使用は一切禁止されています。したがって、マリファナが合法だったとしても、未成年者とシェアするとこれは、今回考えている刑法に反することになりそうです。

 このパターンは、未成年者に飲酒をさせることを許すケースと似ていることになります。それでは、未成年者のいる場所で使用することはどうでしょうか。ここから次回考えていきたいと思います。

 私は、今日は結婚式に参列します。楽しく素晴らしいパーティーになると私も嬉しいな、と思っています。みなさんも、これからパーティーが多くなると思いますが、楽しいく気分転換しながら年末に向けてがんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

過去に飲酒運転で有罪。ESTA入国はできる?





法律ノート 第1041回 弁護士 鈴木淳司
January 17, 2017
「遠方より友来たる。また楽しからずや」という論語の一節がありますが、年始は来客が多く友人達と話をする機会が多くありました。やはり直接一緒の時間を過ごすということは、どのようなIT時代になっても格別なものですね。ただ、ベイエリアは嵐や雨がひどく、一緒になかなかゴルフができませんでした。これは残念でしたが、それなりにアクティビティを見つけ、おもてなしができたとは思います。
「過去に飲酒運転で有罪。ESTA入国はできる?」
さて、今回から新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。いただいている質問をまとめると、「最近、アメリカにおいて、外国人が飲酒運転で逮捕されると、ビザが失効するということを聞きました。私は、4年ほど前まで、アメリカにLビザで滞在していた者です。滞在中飲酒運転で逮捕され有罪となりました。その頃は、いわゆるビザに対する影響はなかったため、アメリカに滞在し続け、帰任命令にしたがって、日本に戻りました。最近になってまた海外の案件を扱う部署に異動したので、アメリカに行く機会ができそうなのですが、過去に飲酒運転で有罪となっている場合、ビザなし(ESTA)で渡航することは可能なのでしょうか。」というものです。
飲酒運転と移民法の厳格化ービザの失効通知ー
私が別に書いている移民法ブログでも取り上げましたが、最近では、飲酒運転について移民法関係が厳しくなってきています。ビザをもってアメリカ滞在中に飲酒運転で有罪とならずとも逮捕されると、在日本米国大使館・領事館から、発効されたビザの失効通知が届きます。ビザが失効する効果として、通知時に、その外国人が米国滞在中であれば、有効な滞在期間(I-94によりコントロールされている滞在期間)はそのままアメリカに滞在できます。
しかし、いったんアメリカから出た場合、再入国に必要なビザがないため、再度、日本に所在する米国大使館・領事館を通して、ビザの申請をする必要があります。このビザの再申請で、飲酒・薬物等の常習性を確かめられるケースも増えてきました。
ビザなし(ESTA)入国は難しい
今回質問されている方は、数年前まで米国に滞在していたということで、ビザの失効通知というのは目にされていないと思われます。しかし、数年前でも、飲酒運転について有罪判決を受けているようですので、ESTA、すなわちビザなし入国をすることは難しいと考えられます。
ビザなし入国というのは、基本的に米国で有罪となったことがない、という前提条件がありますので、今回質問されている方は利用できないと思われます。
Bビザ取得を目指す
そこで、今回質問されている方のような、過去に米国内で有罪判決を受けているような場合には、Bビザを申請して、一時渡航をすることになります。Bビザというのは、いわゆる観光・商用ビザと呼ばれていますが、ビザなし入国を許されていない国は、観光や商用についても、Bビザを取ってからアメリカに入国しています。
日本も、ビザなしの渡航が認められていなかった時代には、アメリカ観光にもBビザをとっていた過去があります。
現在でも、日本からアメリカに渡航する場合、Bビザの発給も可能ですので、今回質問されている方がアメリカで就業するわけではなく、一時的に商用目的で渡航するのであれば、Bビザの発給を目指すことになると思います。
Bビザは、最長で10年間有効期間が与えられ、一回の渡航で6ヶ月の滞在が可能です(さらに米国内にとどまって、6ヶ月の延長申請も可能です。)。申請時に工夫をして、今回質問されている方のような場合には、10年間の有効期限の許可を目指すのが良いかもしれません。
政府機関では情報を共有ー虚偽申告は絶対にしない!
それから、過去に米国内において飲酒運転で逮捕され、有罪となった記録については、すでに大使館・領事館が保持していると思われますので、この事実については、絶対に明らかにしたうえで申請しなければなりません。このような不利益な事実を隠すと、虚偽の申請とみなされ、申請を却下されるだけではなく、将来の申請も制限される可能性が高いです。
以上のように、過去に米国内でなんらかの有罪となったり、逮捕されたり、するとESTAが使えない場合がありますので、そのときには、ビザ申請は不可欠になるということは覚えておいてくださいね。
次回新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。寒い日が続き、インフルエンザも大流行しているみたいですが、体調に気をつけてまた一週間がんばっていきましょうね。