刑事事件」タグアーカイブ

Washington DC Capitol

コロナウィルス蔓延とアメリカ刑事司法の柔軟性_1208

法律ノート 第1208回 弁護士 鈴木淳司
April 13, 2020

 どこもかしこもコロナ一色で、外出もままならない今日このごろですが、皆さんの士気はいかがでしょうか。新潟の友人弁護士がとても綺麗な桜の写真を送ってくれました。人間はあたふたしていますが、季節は、そして自然は人間の問題とは関係なく流れていくのですね。人間の生死が毎日のニューズラインになってしまっていますが、やはり人間はいつでも大自然と一緒に行きているわけです。こういうときこそ、自然を楽しみたいものです。花粉が大変ですが、花が綺麗な季節ですね。植物の勢いに元気をもらいましょう。

 今回は、いち早くサンフランシスコもロックダウンされているのですが、こういうときに弁護士がどのような仕事をしているのか、いくつか拾って、皆さんに自宅待機の弁護士は「こんなことしているんだ」ということを知ってもらえたらいいのかな、と思って徒然書かせてください。

皆さんからいただいている質問を一回休ませていただき、この数週間私が体験した刑事事件の処理を取り上げてみましょう。
 もちろん、ビジネス系の話も大変な時期なので、色々あるのですが、通常、動きの必要な刑事事件はどのような対応が行われているのか私も興味があったところです。

 私が現在、無罪を争っている大型の刑事事件があるのですが、拘置所に入れられている被告人は元々結核を子供のときに患っていて、現在も様々な既往症が認められます。

 いったん、拘置所にコロナウイルスが蔓延してしまうと、治療も不安ですし、そもそも無罪を争っていて、私も無罪を確信している事件ですから、ウイルスの影響が本人にあると、トライアルまで耐えられるのか疑問になってしまいます。そして、公に危険が生じるような性格を持っている被告人ではありません。交通切符も一回ももらったことのない真面目な人です。

 そこで、コロナウイルスの問題で、一時的な釈放を申請してみようということになりました。
連邦の事件なので、争ってきているのは連邦司法省です。そして、かなり厳しい判断を下す裁判官が担当です。

 アメリカ全体でも、実際拘置所の公衆衛生が問題になってきており、少しは裁判官も聞いてくれるのかな、とあまり期待せずに戦っていました。自宅待機中で弁護士も裁判所にいけません。申請書には「電話、またはビデオ出廷をリクエスト」と書いておきました。

 司法省側の反論についての再反論を整えていたところ、電話などの出廷も飛び越えて私の主張が認められ、いったん被告人が拘置所から出してもらえる決定を勝ち取ることができました。とても嬉しいことなのですが、一方で、自宅待機をしていることから、法廷で色々弁論もできなかったことは、なんだか法廷弁護士としては気持ちが悪いというか。

 別の事件では、日本の公的機関から紹介されたという日本人から、逮捕勾留されているので緊急で助けてほしいと事務所に連絡がありました。

 事務所の人達も出勤するわけにいかず、遠隔操作での伝言での連絡です。私も遠隔操作で、サンフランシスコの拘置所と検察に連絡を取ると、まだ保釈金も設定されておらず、勾留されていました。電話では直接被疑者と話ができません。しかし、この緊急時、弁護士もノコノコ拘置所にいくのも躊躇します。

 拘置所の人たちと話をすると、なんと、インターネットのビデオ通話で、接見ができるというではないですか。そこで早速申し込みをしてみると、翌日早速設定がされ、ビデオで話すことができました。ただ、スーツは自宅で着ませんから、普段着は映ってしまいましたね。直接ビデオで話ができるということは勾留されている人にとっても、弁護士にとってもとても便利でしたし、単なる電話よりも充実した相談タイムでありました。身振り手振り、そして、図などもやり取りできます。かなり非常時対策がちゃんとしていて、検察・警察も事件を進めるために、協力をしてくれていると感じました。
こういったフェアな精神がアメリカの素晴らしいところだと思いました。

 いっその事、これからビデオ接見も普通に許してくれると、被疑者も弁護士もかなり助かるな、と感じました。本件の事情を聞くと、DV事件でした。どうも、彼氏も彼女もコロナで生活が異常になり、口論が絶えなくなったこともあったようです。
一般的にもDV事件が増えているようですが、精神的な影響もあるのかもしれません。

 本件では事情を聞いてみると、暴力事件とは言えないような案件でした。
 関係各所に連絡をしたところ、その日の夜には釈放され、事件化には至りませんでした。このような釈放の説得なども結局電話だけで対応できたのは、いつも動いている私には少々気持ちが複雑でしたが、まずは良かったですが。

 このように、書面だけをいじって、そして考える作業だけではなく、刑事事件でもそれなりに遠隔操作ができるということを実感できる数週間になりました。新しいことを習うのは楽しいですね。ただ、やはりどんなにテクノロジーが進化しても、実際の法廷や、実際の相談、そして実際の交渉などは、電話やビデオでは本当は代替えできないのではないかな、とも思わされました。

 大変な時期が続きますが、また一週間各自自宅待機をして、コロナの死滅を願いましょう。



▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

証人となる勇気_カリフォルニア州弁護士コラム_1184

法律ノート 第1184回 弁護士 鈴木淳司
Oct. 29, 2019

 今回は皆さんからいただいている質問にお答えするのをお休みして、最近感じたことを考えさせてください。弁護士の仕事もAIに取って代わると軽々しく言う人もいますが、裁判という制度がある限りそれは難しいということは法曹であればわかります。もちろん簡単な事件をAIで判断させることはできるのでしょうが、裁判制度自体は、事実を明らかにしていくプロセスです。

 「法廷で裁判」というと、皆さんは一体何をするのか想像ができますか。

 民事事件であれば、原告と被告、そして刑事事件であれば、検察対被告人が戦うわけですが、その戦い方の中心は法律家ではありません。証人なのです。相対する当事者が、証人を呼んで、色々事件に関係することを聞いていくのです。

 そして、時には反対尋問といって、敵対する証人に対しても証言を促すように話をしていきます。法廷もののドラマや映画で観ることも読者の方たちにはあると思いますが、証人の証言から、何が真実なのかあぶり出していくのが裁判制度の心臓部分です。

証人となる勇気 _カリフォルニア州弁護士コラム_1184

 最近、ある刑事事件を担当しました。

 発端は若いカップルの言い争いですが、ひいては深刻な事件に発展し、複数の重罪(法定刑が一年以上と定められている罪)を咎められている男性の起訴に至りました。

 保釈金は考えられないほど高く、拘置所に留置されることになりました。身柄が拘束されてしまうと、弁護士の仕事も大変です。

 毎回接見をしに拘置所に赴くので時間も消費されます。被告人にしても、拘置所内では身動きが取れず、ストレスも溜まるわけです。とにかく、事件の解決を早急に目指して私も取り組んでいました。

証人を探すのが至難の業

 被告人は、一部は罪を認めているものの、大部分は無罪を主張している事件でした。ですので、私も、被告人が無罪を主張している部分については、陪審裁判までいくことを覚悟しながら取り組んでいました。事実を争うことになると、時間がかかります。そして時間がかかると、被告人はなかなか外に出てくることができません。

 事件解決と被告人の心のケアに配慮しながら事件解決の緒を見つけようと色々動きますが、かなり難しい事件でした。

 何が難しいかというと、私が弁護をしている被告人に有利なことを言ってくれる証人を探すのが至難の業だったのです。この被告人をサポートしてくれる人がいないというのではなく、事件について語れる人がいないという状況なのです。

 一方で、検察側は花形証人を持っています。アメリカでは、スター・ウィットネスというやつです。この花形証人に陪審裁判ですらすら証言されてしまってはいくら一部無罪を争っても裏目に出てしまいます。

 そこで、私はこの検察側花形証人に突撃インタビューを申し込んだのですが、意外にも快諾してくれました。何も隠す必要がないということなのでしょう。しかし、私のクライアントは一部無罪を主張しています。ということは、真実としてはどちらかが嘘をついているわけですね。予習のために、この証人に関して知っている人、すなわち花形証人に関しての証人を探しました。私の立場としては、この花形証人を反対尋問で潰せれば、勝ち目はあるわけです。

検察側花形証人の「嘘」を見抜く

 私がたどり着いたのは、花形証人の友人でした。この御友人は事件に何も利害関係はなく、花形証人が本当にどういう人なのか話しても良いと言ってくれました。ただ、話をしても何も利益はないのです。かなり時間をとっていただき話をすると、花形証人が日常生活で「嘘つき」であるということがわかりました。被告人には有利な内容です。

 その後、何食わぬ顔で、私は花形証人と面談をして長々話をしました。被告人がどんなに悪いのか、流暢に話をしてもらったのですが、その話の中に嘘がいくつかあることを見抜けました。そのおかげで、検事との交渉がうまくいきました。私が無罪を主張している部分については、すべて起訴が取り下げとなり、被告人本人が認めている部分については、認めるものは認め事件は、妥当な形で終了しました。

勇気ある証言に心打たれる

 この花形証人の御友人は、この事件において何も得るものはありませんでした。逆に、陪審裁判になれば出廷して、証言をし、検察側の反対尋問に晒される可能性もあったわけです。それでも、素直に話をしてくれました。この御友人の助けがなければ、事件は解決しなかったと思います。

 そして、この御友人は、花形証人との縁が切れるだけではなく、共通の友人から証言をすることを非難され、いわば踏んだり蹴ったりの状況になったわけです。利益は一切ないのです。それでも、その御友人は、花形証人の嘘でだれかが罪に問われるのがおかしいと思ったのでしょう。嘘は悪いとちゃんと心で判断し、本当の友人だったら、隠さずに諌めて修正してあげたいと思う心を持つ。そういう姿を見て私は胸を打たれました。相当勇気がいることだと思います。

 こういった一歩踏み出して真実を明らかにするという気持ちが事件を動かすのですね。弁護士としても難しい事件でしたが、このような気持ちの良い人に会えると、弁護士をしていてよかったなぁ、と思う瞬間であります。さて、AIはこの御友人のような勇気を持てて、私のような爽快感を味わえるのでしょうか。そうなったら興味深いですが。それは私が死んでからにしてもらいたいものです。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

弁護士費用ー成功報酬か否か[3]





 
法律ノート 第1026回 弁護士 鈴木淳司
September 25, 2016
このアメリカ法律ノートが今のところ二冊の本になったのは、ある弁護士の方が出版社につなげてくださったからです。先日その弁護士の方に本当に久し振りにお会いしました。私の見立てとしてはまだまだお元気そうでしたが、ご本人いわく、夏は避暑地に行って、半分隠居をはじめたよ、とおっしゃっていました。少々時間をいただいて色々お話をさせていただき、楽しい時間を過ごしました。時間の経つのは早いものだとつくづく思いました。なかなか挨拶をしなかった非礼を詫びましたが、つい最近お会いした錯覚に陥りました。
 
「弁護士費用ー成功報酬か否か」[3]
さて、前二回、「最近、日本から米国に進出してきた企業で会計の分野で働いている者です。会社の売掛金の回収で弁護士に頼もうと思って、色々話を聞いているのですが、成功報酬で請け負ってくれる事務所と、事件の終了まで弁護士の費用を負担しなければならないと言う事務所があります。どのように弁護士費用を考えれば良いのかわかりませんが、何か指針はありませんか」という質問を考えました。
今回は続けて考えて最終回としましょう。
 
完全成功報酬制と着手金+成功報酬
前回は完全成功報酬制という考え方と、着手金プラス成功報酬という概念を考えました。弁護士の報酬にも色々なパターンがあるんですね。
今回は、時間単位での請求というコンセプトを考えておきましょう。
 
時間単位で報酬を考える
実は、成功報酬という受任方法はアメリカでは一般的ではなく、多くの案件は弁護士の時間がどの程度かかるかで算出されます。
時間ごとに細かく明細を出して請求する場合もありますし、ある程度時間がかかることを予測して、一括して請求する場合もあります。
基本的な考え方として、弁護士は時間を売るという考え方をしています。
したがって、どの程度の時間、案件に専従するのか、という観点から考えているのです。この時間を計算する方法は、通常、毎月区切りで請求することもありますし、一括して先払いをすることもあります。ほとんどの弁護士は後払いではなく、先払いを要求します。弁護士としても回収できない危険を避けたいのですね。
このようなスタイルで法律事務所はキャッシュフローを維持しながら事務所を経営していくのがアメリカでは普通です。私の所属する事務所も同様です。
 
コスト度外視の闘いも
時々、私は信義に反するような事件で、被害者を弁護したいと思い、金勘定を無視して弁護をすることがあります。普通の事務所ではキャッシュフローが悪くなるので、同僚に良い顔をされないかもしれません。それを承知で引き受けている事例は、読者のみなさんも法律ノートで時々ご覧になっていると思います。私のわがままに我慢をしてくれる、所属事務所に感謝してもしきれないのです。
弁護士にとって、このようなお金のことを考えない闘いというのは、かなりリスクになるのです。公の利益のために、自分を犠牲にする弁護士も多くいるのです。
 
時間計算の単価は様々
時間計算で請求する弁護士が多いと書きましたが、一時間あたりの値段というのはまちまちだと思います。都市部では高いですし、大型の事務所はオーバーヘッドのコストもかかるので、単価も高くなる傾向にあります。
時々、自分の時間あたりの値段を自慢するような人がいますが、良く意味がわかりません。
時間あたりの値段が高ければ良いとは言い切れませんので、どの程度の時間がかかるのかとの関係で、リーズナブルかどうかを見極める必要があると思います。
今回の質問のような事例では、掛かった時間で弁護士の費用を決めるケースが多いと思います。
実際には、かなりの高確率で回収の見通しがなければ、成功報酬での契約を躊躇する弁護士が多いのではないでしょうか。
 
次回また新しい質問を考えていきましょう。また、一週間季節の変わり目ですので風邪に注意しながらがんばっていきましょうね。




 

「弁護士費用ー成功報酬か否か」[2]

 




 
法律ノート 第1025回 弁護士 鈴木淳司
September 21, 2016
 
「弁護士費用ー成功報酬か否か」[2]
 
前回から考えてきた「最近、日本から米国に進出してきた企業で会計の分野で働いている者です。会社の売掛金の回収で弁護士に頼もうと思って、色々話を聞いているのですが、成功報酬で請け負ってくれる事務所と、事件の終了まで弁護士の費用を負担しなければならないと言う事務所があります。どのように弁護士費用を考えれば良いのかわかりませんが、何か指針はありませんか」という質問を、今回続けて考えていきましょう。
 
アメリカで完全成功報酬制は存在するか
前回、完全成功報酬制というものはどういうものか考えましたが、今回、どのような場合、完全成功報酬制というのがアメリカでは使われているのか考えていきましょう。
まず、復習になりますが、完全成功報酬制というのは、事件が解決するまで、かかった実費を除いて、弁護士の費用を支払う必要がないという契約です。事件が解決して支払金を受け取ったときに、はじめて報酬を得るということになる方法です。
この方法というのは、ある意味弁護士にとっては「賭け」になります。やはり、最後まで報酬がもらえないわけですから、事務所のキャッシュフローに影響します。
 
成功報酬制で受任する場合
通常、アメリカでは成功報酬制で受任する場合、概ね金銭が事件の最後には生み出されるであろう、という事件を中心に受任します。
たとえば、交通事故です。交通事故というのは、相手方が保険に加入していますので、示談交渉が中心になり、保険会社から損害賠償金を受け取ることができます。加害者本人に資力がなくとも、保険があるので被害者への支払が担保できるということなのです。ですから、相手方に保険があるパターンの事件については、完全成功報酬制で弁護士は受任することも多いのです。
テレビ等で、成功報酬について宣伝をしている弁護士は、交通事故や医療事故など、保険がかかっている事件について宣伝していますよね。
一方で、今回質問されている方のような例だと、相手方に資力がなかったり、破産をした場合、売掛金が戻ってこない場合もかなりあります。
したがって、たとえば、大きな安定した会社に対して、争いようもない売掛金であれば、弁護士としては、完全成功報酬制で受任する場合もありますが、資金力に不安のある会社に対しては、完全成功報酬制で受任することに躊躇することも十分にありえます。今回質問されているようなケースで、弁護士が「完全成功報酬制」で受任するといえば、かなりの確率で回収ができると見立てているともいえますね。
 
着手金支払がなされる場合
完全成功報酬制で委任が難しいと言われたときも、場合によっては一定額の着手金を支払い、残額は成功報酬制で支払う、という委任の方法もありえます。法律事務所によってポリシーは違うでしょうが、このような形で受任をすることもあります。
こういった受任をする場合には、弁護士側としては、どの程度の労力と成功報酬の可能性があるのかを見極めることにもなります。
労力の一部を着手金としてもらいうけて、取れなかったときのリスク回避にするという側面もあると思います。この着手金を支払い、事件解決とともに成功報酬を支払うという方法は、日本では一般的な支払方法となっています。
 
成功報酬での受任禁止事件
以上が成功報酬についての実際です。
ここで注意が必要なのですが、アメリカでは刑事事件と離婚事件は、成功報酬で受任してはいけない、ということになっています。これらの事件は何が成功かわからないという面がありますから、成功報酬を定義しづらいということがあります。
これらの事件に関しては、一定額を支払って委任するか、以下述べる時間給に基づく委任ということになります。
 
成功報酬の相場
それから、成功報酬は、アメリカでは一般的に損害賠償金の3分の1というのが一般的です。これを言うと日本の弁護士は驚きますが、アメリカでは一般的です。
ただ、この金額も事件の性質や、事件のステージ、たとえば陪審裁判まで行った場合などに場合分けして変わってきます。アメリカでは弁護士の報酬基準というものは存在しません。その理由はいわゆる独禁法に反するからです。一律に決めるのは許されていないので、成功報酬にしても金額が変わってくるのですね。
ここから次回考えていきたいと思います。パラリンピックも終わり、夏が終わりました。皆さんは秋の行楽はなにをされるのでしょうか。私も結婚式の出席など、いろいろ行事があり楽しみな季節になってきました。また一週間、体調管理に気をつけて平穏に過ごしていきましょうね。