不法移民」タグアーカイブ

Golden Gate sanfran

大統領令による出生地主義の制限について_1134

法律ノート 第1134回 弁護士 鈴木淳司
Nov.6、2018

 今回は、皆さんからの質問にお答えするのを一度休ませていただき、法律に関する最近のトピックを考えてみたいと思います。

大統領令による出生地主義の制限について_1134

 明日(2018年11月6日)はアメリカ議会選挙が行われます。同時に多数の住民投票も各州、各郡で行われる大事な日であります。今年は、現大統領就任後、初のリトマス試験紙になるため、大統領は勝機を固めるべく様々なパフォーマンスを提供してくれています。

アンカーベビーとチェーンイミグレーション

 アメリカの南では難民申請を願ってアメリカに向けて進んでいるキャラバンのことを取り上げ、5000人以上の軍隊を国境に送っています。複数の退役幹部軍人がこれは明らかな政治的な軍事利用だと厳しく批判していますが、大統領は意に介さず税金を投入しています。

 現大統領は当選前、移民問題を大きく前面に押し出していました。その結果、正当な難民申請を目指している外国人に対しても、強く出ていることは明らかですが、もう一つ出生地主義の制限について中間選挙前に大々的にマスコミのインタビューで再度謳いました。「アンカーベビー」や「チェーンイミグレーション」を許すな、というものです。前者は、子供にアメリカ市民権を取らせ、それをきっかけにアメリカに移民をしてくること、後者は、一人がアメリカ市民権を取るとその家族もアメリカに移住してくること、を指します。この国は、現状の連邦制になってから歴史は浅く、現大統領の妻を含めほぼ後者のような形でアメリカに入ってきています。これを廃止させようとしているのです。

アメリカ国内で出生すればアメリカ国籍

 大きく分けて、世界の国々には、生まれた人に国籍が認められるには2つの方法があります。一つは出生主義、もう一つは出生地主義です。出生地主義を認める国家は、形は様々ですがアメリカを含め30以上あります。(現大統領がインタビューで、「このような出生地主義を取っているのはアメリカだけだ」と言っていたのは間違っています。)日本は出生主義を歴史的にとっていて、日本人の子でなければ日本人には出生時になれないのが原則です。

 したがって、現在アメリカ大統領が言っていることは、日本人には実は親和的に聞こえると思います。アメリカでは、アメリカ国内で出生すれば、アメリカ国籍が与えられます。移民国家であるアメリカではほぼ当たり前に受け止められていました。

これまでまもられてきた出生地主義に制限が?

 今回、現大統領は、大統領令によって、この出生地主義を制限する、とインタビューで明言しました。中間選挙前というタイミングは偶然なのでしょうか。以前、現政権は、アメリカに渡航禁止をする国を包括的に指定する大統領令を発令し、最高裁判所まで争われ、内容は一部改定したものの、大統領令が支持された過去があります。今回も本当に大統領令を発令することで出生地主義を制限できるのでしょうか。

 アメリカは立憲国家ですので、憲法が最高法規であります。その憲法の修正14条は1868年に現在の最終型として議会で制定されました。この修正が行われるまでは黒人であるがゆえにアメリカ市民として認められなかった過去があります。修正14条の原文は、該当する箇所について、この原稿の最後に記載しておきます。

「アメリカ合衆国で生まれた、または帰化したすべての人は、合衆国の管轄に服する場合、米国籍保持者である(筆者訳)…」とされています。米国で司法試験を受けるには、修正5条などとともに、暗記が要求されるほど、重要な条文です。

 1898年には、この修正14条が試された事件があります。中国籍の両親を持つ人が中国に滞在後、米国に再入国拒否され、最高裁判所まで争って、修正14条に基づいて、国籍を認められました(United States v. Wong Kim Ark (1898))。その後、この根本的に米国で出生した者に米国籍を与えるという考えは変更されていません。米国最高裁判所は、修正14条で認められた権利を文言通りに解釈しながら、広く権利を認めてきたのです。

 この流れで、1982年に判決に至ったPlyer v. Doe 457 U.S. 202 (1982)という事件では、不法移民の子で、米国籍を持たない子にも、修正14条の保護が及び、不法だからといって、教育費の削減をすることはできない、と判示されました。不法移民の子でも修正14条にいう「人」である、と判決文にあります。

このように、修正14条で出生地主義はかなり広汎に守られてきましたし、不法移民に対する修正14条の適用も最高裁判所判例で明確になっています。

「合衆国の管轄に服する場合」の解釈をめぐる議論

 しかし、上記修正14条の訳した一部である「合衆国の管轄に服する場合」の解釈について、ごく少数の政治家や法律家が噛みつきます。上記1982年の判決において「合衆国の管轄に服する場合の解釈は、判決本文ではなく、脚注で取り上げられているだけなので、少数派は、まだこの部分について、最高裁判所は判断していない、と主張しています。

 すなわち、不法移民であれば、合衆国の管轄に服していないと言えるというのです。1982年判決の根本的な趣旨に反している主張なので、簡単に通る考え方ではありませんが、このような議論の余地があり、これを現政権が使ってくる可能性は残ります。

 上記を見ると明らかですが、議会が制定した修正14条、司法の最高機関である最高裁判所が決めた判決が存在するなか、三権の一つである行政の長が大統領令を出すだけで、人権を制限できるのか、というとなかなか難しいことがわかります。

 今まで、まったく眠っていた問題ですが、司法界でもこれから議論されていくことになるトピックかもしれません。最高裁判所にも、現政権が指名した判事が二人入っています。今後上記を踏まえて注視したい問題ですね。 

(米国憲法修正14条原文抜粋)
All persons born or naturalized in the United States, and subject to the jurisdiction thereof, are citizens of the United States and of the state wherein they reside. No state shall make or enforce any law which shall abridge the privileges or immunities of citizens of the United States; nor shall any state deprive any person of life, liberty, or property, without due process of law; nor deny to any person within its jurisdiction the equal protection of the laws.


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

アンインシュアド・モータリスト保険とは?(2)_956

法律ノート 第956回 弁護士 鈴木淳司
Sep 13, 2015

 夏ももう終わりですね、などと前回の法律ノートで書いてからベイエリアは大変な暑さになりました。ガイドブックなどに「インディアン・サマー」と書かれていることも多いですが、夏が再来したような気候が続いています。カリフォルニアでは山火事がまだまだ続いて、日本では大雨で被害がでていますが、静かに秋を迎えるという感じではない年ですね。皆さんのお住まいの地域は平穏でしょうか。

アンインシュアド・モータリスト保険とは?(2)_956

 さて、前回から考え始めた「最近交通事故に巻き込まれたのですが、相手方が保険に加入していないということで、車に生じた損害を請求するのに困った状況になっています(人身傷害があったかは不明)。このような場合に、アンインシュアド・モータリスト保険(Uninsured Motorist Insurance)というのがあると聞いています。この保険は任意に加入するものなのでしょうか。加入するとして、どのような保険なのか教えてください」という質問を考えていきましょう。

任意保険だが、保険料が安いのが一般的

 前回、アンインシュアド・モータリスト保険というのは、日本語でいうと、保険未加入者対応保険、ということになろうか、ということはお話しました。事故に遭った場合、相手方が強制保険(いわゆる自賠責保険)に加入していないときに、損害を填補するための保険であり、州ごとによって設定が異なります。

 事故の相手方が支払うべき損害について、自分で保険に加入し、そして事故に遭った場合には、自分が支払った保険から填補されるという、なんとも矛盾とも思える保険です。

 カリフォルニア州でも、保険未加入者対応保険は普通にオファーされていますが、州がこの制度を下支えしているので、保険料は年間で数十ドルとなっています。ある意味気軽に払える金額なので、できれば加入しておいた方がよかろうということになります。

 今回質問されている方も「任意かどうか」ということを質問されています。任意保険でありますが、保険料が安いのが一般的なので、ぜひ加入されたらいかがでしょうか。

自分が保険料を払った保険会社に弁護士を立てて交渉することに

 さて、保険未加入者対応保険に加入しているとして、事故に遭って、相手方が保険にまったく加入していないという場合には、どのように処理をされていくのでしょうか。

 もちろん、最終的には保険に入っていようがいないであろうが、交通事故は過失がある運転手の責任であります。しかし、過失のある運転手に責任財産(損害を払うためのお金)がなければ、被害者は被害の回復が実現しない可能性が大きいわけです。そのための保険でもあるのですが、保険がないと、被害者は自分が加入していた保険未加入者対応保険を利用して、損害の填補を受けることになります。

 ここで、保険未加入者対応保険を利用する場合、自分がお金を払って加入している保険会社に対して請求をするわけですが、通常の保険のように、自分が利用する保険会社が全面的に「味方」になってくれる、というスタンスには立たない状況になります。

 あくまでの保険のない過失のある加害者の損害を填補する立場になるのですから、皆さんに対して「出来る限り支払う」というスタンスではなく「できるだけ支払いを渋る」というスタンスで向き合ってきます。

 特に慰謝料の算定についてはかなり渋ってくるということになります。結局、相手方の保険会社に損害や慰謝料請求をするのと変わらない形で保険会社に請求をしていくということになります。

 利害が対立する請求については、弁護士を立てて損害や慰謝料を請求するのがアメリカでは一般的ですし、日本でも弁護士が最近では交通事故の案件を積極的に受任していますね。

 そうすると、自分が保険金を支払ってきた保険会社に対して、弁護士を立てて交渉をするというなんともいびつな形になってしまいます。しかし、これがアメリカの現実であります。

かなり特殊な保険制度が基礎にある保険

 今まで何回か、自分の保険会社があまり「払ってくれなかった」という不満をお持ちの方と会ったことがありますが、よく話を聞くと、この保険未加入者対応保険が適用される場面でした。自分の保険会社だと思って、素直に言うことを聞いていたことになりますが、実は利益が対立する場面だったということですね。

 このように、保険未加入者対応保険は、かなり特殊な保険制度が基礎にありますので、皆さんも事故に遭われた場合には、注意が必要なところだと思います。次回また新しく頂いている質問を考えていきたいと思います。

 ベイエリアのマーケットではアメリカ産の松茸も見かけるようになりました。きのこが美味しい秋なんですね。季節替わりの風邪に注意してまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

アンインシュアド・モータリスト保険とは?(1)_955

法律ノート 第955回 弁護士 鈴木淳司
Sep 8, 2015

 捉え方にもよりますが、「夏」最後の三連休でした。レーバーデーは、労働者の日ですから、私も事務所の仲間に感謝しつつ、私自身もゆっくりすることにしました。電子メールから離れるのも一つの気分転換ですね。

 この休みに、私はビリー・ジョエルのコンサートに行ってきました。いつもは野球を見に行く球場が会場になっていたので、なんだか違和感がありましたが、楽しめました。彼の曲は、歌謡曲にありがちな「あなたが死ぬほど好きなんだ」とか「これが愛なんだ」とかいう色恋ものが少なく、いろいろな人生を歌うところが好きです。会場は50代、60代の夫婦や家族が多かったように思いますが皆さん若い感じがしました。ビリー・ジョエル自身も60代で最近パパになったのですから、精力的ですね。皆さんは何か気分転換をされていますか。

アンインシュアド・モータリスト保険とは?(1)_955

 さて、今回から新しくいただいた質問を考えていきたいと思います。まとめると「最近交通事故に巻き込まれたのですが、相手方が保険に加入していないということで、車に生じた損害を請求するのに困った状況になっています(人身傷害があったかは不明)。このような場合に、アンインシュアド・モータリスト保険(Uninsured Motorist Insurance)というのがあると聞いています。この保険は任意に加入するものなのでしょうか。加入するとして、どのような保険なのか教えてください」というものです。

この保険についての法律は各州で異なる

 アンインシュアド・モータリスト保険というのは、日本語化すると、保険未加入者対応保険、とでも言いましょうか。法律ノートにおいては、どのように保険未加入者対応保険が機能するのか考えます。

 一方で、実際にどのような保険の範囲が用意されていて、どの程度の金額がかかるのかは、実際に保険のブローカーや代理店の方たちに聞いてみるのがよいと思います。一般的には、一年間で、100ドルもいかない程度のことが多いと思います。なぜなら、各州がこの保険未加入者対応保険をバックアップしていることが多いからです。

 この保険についての法律は各州で違いがあります。したがって、大きく分けて、事故から発生する損害には人損と物損があるとして、人損についての保険未加入者対応保険の加入を義務付けている場合もありますし、人損および物損とも、任意加入の場合もあります。

 今回質問されている方もどこの州で保険に加入されているのか不明ですが、州によって、強制か任意加入か違いがあります。重要なのは、アメリカ全国共通ではなく、州毎に保険の内容が決まるということを覚えておいてください。

不法移民に多い無免許、無保険の場合を想定

 さて、この保険未加入者対応保険というものについて、まずはどのようなものか考えて皆さんも理解されてください。

 カリフォルニア州でも昨年から不法移民に対しても免許証を発給するようになりましたが、不法移民に保険に加入させることを推進する動きが原動力になっていると考えて良いと思います。不法移民で免許証を持たない人が多く存在しますので、その人達が運転をして、事故を起こせば、損害の対応や填補が不十分になる可能性が高いわけです。

 たとえば、無免許者の車に追突された場合には、通常はその追突した方の過失割合は大きくなりますので、追突した方の保険会社から、追突された側に填補されることが一般的です。しかし、無免許、無保険という場合であれば、追突された側は事故の相手方に請求さえできないという状況に陥ってしまいます。日本でいう、いわゆる自賠責保険にも入っていないような場合を指します。

 このような場合を想定して、他人の過失により自己に人損や物損が発生した場合の任意保険も用意されていますが、通常掛け金が高かったり、被保険者が負担する免責額(Deductible)が高かったりするということもあり、気軽に加入できるわけではありません。

事故の相手方が無保険でも損害をある程度補填してくれる保険

 このような保険制度のなか、「事故の相手方が保険加入していない場合」という限定されたシナリオのなかで、人損と物損を担保しようというのが、保険未加入者対応保険です。

 州によっては、保険加入者同士の事故で、相手方の保険による上限支払額が低い場合、保険未加入者対応保険で填補するという場合も有り得ますが、基本的には「保険に加入していない人」が相手方の場合、泣き寝入りせずに、損害をある程度填補してくれるという保険です。

 よく考えると、相手方が強制保険に加入していないことを、こちらがお金を払って防御しなければいけないという馬鹿馬鹿しい制度とも言えますが、次回もう少し掘り下げて考えていきましょう。

 9月になると秋野菜が楽しみになりますね。夏の野菜とはちがって味わい深いものがあります。いろいろ食を通じて秋を感じられたらいいですね。また一週間、いろいろ秋を探しながらがんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。