投稿者「mys」のアーカイブ

ソノマカウンティで山火事発生

カリフォルニアにお住いの方、お出かけ予定の方々へ

現地時間の10月23日水曜日午後9時に、ソノマカウンティで山火事が発生しました。
3時間以内に5000エーカー以上に燃え広がり、一晩で10000エーカー以上に達しました。
非常に悲しいニュースで、一刻も早い鎮火を祈りばかりです。
避難命令も出ておりますので、近隣の方は必ず情報をチェックしてください。
Kincade Fire
 

その他ニュースなど情報源

■CNN
San Francisco Chronicle
 
先日お話した計画停電もまた新たに行われています。
自分の住んでいるところや旅行先に影響があるかは、こちらでご確認ください。

Public Safety Power Shutoff event

 
最近よく、Red Flag Warningが出されます。
何かというと、(Cal fireのウェブサイトより)
A Red Flag Warning is issued for weather events which may result in extreme fire behavior that will occur within 24 hours. A Fire Weather Watch is issued when weather conditions could exist in the next 12-72 hours. A Red Flag Warning is the highest alert. During these times extreme caution is urged by all residents, because a simple spark can cause a major wildfire. A Fire Weather Watch is one level below a warning, but fire danger is still high.
太字にあるように、火事が非常に起こりやすい天気(気温が高い、湿度が低い、風が強い)が予測されるときに出される警告です。
最も高い警告なので、住人は気をつけなければなりません。
具体的にどうすればいいかというと、この警告が出されている間は、草刈りは禁止です。BBQグリルなど、外で火を使うものも使用しません。外でタバコを吸うこともやめましょう。また防災用品の備えや、家族間でいざというときの避難場所の確認なども行うとよいと思います。
この数年、ベイエリアではこの時期は山火事が恒例のようになってしまい、本当に残念です。
少しでも被害が広がりませんように・・。

ベイエリアで計画停電

日本での台風による被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

一日でも早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 
先週は、ベイエリアのラジオは計画停電のニュースで持ち切りになっていました。
10/8(火)の14時過ぎ、突然警察から、PG&E(電力会社)が、水曜日の朝4時から計画停電を実施するというメールやテキストメッセージが届きました。
理由は、high temperatures, Red Flag conditions and high windsとのことで、山火事が非常に発生しやすい緊急事態だったようです。
 
ここ最近は、暑くもなく寒くもないいつも晴天で過ごしやすい日々が続いていたので、突然の通知に驚きました。
私の家は今年の初めの嵐のときに、強風で近所の電線が壊れ、数日間の停電を経験していたので、少し慣れていましたが、停電は決して嬉しいものではありません・・。
 
約10000世帯に影響があり、どのくらいの停電になるかは不明、最大で5日間(その後7日間になるという噂も)続くとのことで、停電エリアになっていた私の住んでいる町は軽くパニック状態に。
 
冷蔵庫の食べ物をどうするかなど、どの家庭もみんな慌ただしく準備を始めたと思います。
アイスクリームを急遽食べきらなくてはならなくなり、その恩恵を受けた子どもたちは大喜びしていたとか。笑
 
私が準備として行ったことは、夜寝る前に、数日分の食材を冷蔵庫からクーラーボックスに移したことくらいだったでしょうか。
カセットコンロがあったので、簡単な料理をすることは問題ありませんでした。
最後に今回の停電で役に立ったものをリストにしてご紹介します。
 
結局停電は2日間続きました。
子どもたちの学校も、停電だったので急遽休校になりました。
もっと長く停電が続いたエリアもあったようです。
 

停電時に役に立ったもの

・カセットコンロ

日本食、韓国料理スーパーで売っています。
もちろんアマゾンでも。
ガスもお忘れなく。
 

・やかん

ヒーターが使えないと朝晩は寒くなりますが、温かい飲み物を作るのに重宝しました。
また、シャワーも使えないため、やかんで沸かしたお湯を使って体を拭くタオルを用意できました。
 

・ポータブル充電器

大きめの容量のものを常にフル充電させておくと、数日は携帯の電池はもつはずです。
 

・ソーラー充電のライト

このようなものです。
USBで繋ぐ充電器としてはあまり役立ちませんでしたが、
ライトになるので、夜電気が使えないとき、トイレなどで役立ちました。
陽が出ているうちに光をあてて充電させておきましょう。
 

・クーラーボックス

大きめのものは最低1つあると、数日分の食材は保管できます。
 

・キャンドル

夜は真っ暗になるので、キャンドルがあるとだいぶ違います。
ただ、小さなお子さんがいると火を使うのはこわいですよね。
炎の形をしたLEDライトや、リモコンで操作できるものも便利です。
 
車を持っている方は、車で暖まったり、充電もできるのでガソリンも満タンにしておいたほうがいいですね。
 

あればよかったもの

・ラジオ

私の家のような携帯の電波の悪い地域はインターネットにつながらないと情報が得られないので、家で非常時に使うラジオの必要性を感じました。
 
今回の停電中に、皮肉にも子どものいたずらでちょっとしたボヤ騒ぎが起こったりもしましたが、大きな山火事は起こらなかったのではないでしょうか。この停電の意味があったと信じたいところです。まだまだカリフォルニアは山火事が起こりやすい時期が続きます。みなさん気をつけて過ごしていきましょう。
 
そして改めまして、日本の被害に合われた皆様が一日でも早く平常の生活に戻れますように、サンフランシスコよりお祈り申し上げます。

新学期が始まりました!日本の小学校に夏の体験入学

ご無沙汰しております。早いところでは8月の上旬からアメリカの学校は新学期が始まり、学校生活のペースがつかめてきた頃かと思います。私の子どもたちの学校でも先日Back to school nightが行われました。担任の先生から、カリキュラムなど説明を受ける保護者にとっては大切な行事です。
さて今日は、日本の小学校の体験入学についてお話したいと思います。
アメリカの夏休みは、6月〜8月までと非常に長いです。アメリカ在住の方は、夏休みに一時帰国される方が多くいらっしゃいます。
私たちもこの期間を利用して子どもたちと一時帰国しているのですが、そのときに日本の公立小学校に体験入学させてもらうことが一時帰国の大きな目的の1つです。幸い、私の出身地は外国に住んでいる日本人の子どもの短期間の受け入れを行ってくれているため、毎年同じ小学校に数週間通わせてもらうという貴重な経験をさせてもらっています。
※体験入学については、受け入れは行っているところ、行っていないところ、いろいろだと思います。それぞれの自治体の教育委員会に問い合わせてご確認ください。
 
アメリカの学校のやり方に慣れてしまっている私が感じたことをいくつかご紹介します。

1.連絡帳について。

連絡帳というものがまだあることに驚きました。アメリカだと基本的に先生とはEメールでのやりとりなので、とても楽です。日本もそうしたらいいのに・・といろいろな問題があるでしょうから簡単に言えることではないのでしょうけど、Eメールで連絡がとれるのはとても簡単です。

2.お便りが多い!

アメリカでは週に1度だけ、先生からプリントされたニュースレターが送られてきますが、日本では毎日のように何かしらお便りを持ち帰ってきていたように思います。みなさんどうやって管理さえているのでしょうか。

3.宿題も多い!

アメリカでは宿題は多くありません。学年が上がるにつれ、少しずつ内容も難しく、量も増えていきます。
例えば、1st Gradeは、毎日本を読み(短い絵本でOK)そのタイトルを1日最低1つプリントに書く、というものです。年間通してこれだけです。
それに比べ日本の1年生は音読、算数プリントにひらがな練習、ときには日記など、忙しいですね!夏休みの宿題がないなんていいなあとうちの子どもたちはよく言われていました。
 

4.日本の小学生は大変!

上で書いた宿題もそうですが、荷物がたくさん入ったランドセルを抱えて通学する小学生は本当にえらいですね。さらに体育着やらプールの用意やら、大荷物です。
自分の荷物を自分で管理することはいい教育だと思いますが、ただでさえあの暑い中歩くだけでも大変なのに、あの荷物を背負って学校と行き来する子どもたち、たくましいですね。私の子どもたちも顔を真赤にさせて帰宅していました。
アメリカでは基本的に、お弁当とおやつしかリュックの中に入っていません。重くなるのは図書館に行って本を借りた日だけです。なので日本であの大荷物を背負って歩くということはうちの子どもたちにとっては修行のように感じたかもしれません。

5.ほかの保護者に会う機会があまりない。

アメリカでは基本的に保護者が学校に送り迎えするため、毎日ほかの保護者に会います。日本では子どもたちは自分で通うので(我が家はまだ道に慣れていないこともあり、送っていっていました。)その保護者の方々には学校行事がない限り会う機会が少なくなりますね。
大きく感じたのはこの5点です。うちの子どもたちはアメリカの学校との違いに戸惑いながらも楽しい体験入学をさせてもらい、たくさんの思い出を作れました。受け入れていただいた学校には本当に感謝です。
体験入学に興味がある方は、自治体のウェブサイトで確認するか、もし情報が載っていなければ教育委員会に問い合わせてみてくださいね。

日本でも大きく取り上げられているようですが、今、本社があるサンフランシスコから北へ1時間ほど車で向かったナパバレーのあたりで大規模な山火事が発生しています。
ナパバレーだけではなく、その近辺で数か所大きな火事が発生しているので、とても危険な状況です。すでにカリフォルニア州では非常事態宣言が出されています。
こちらのサイトでどこで火事が起こっているかがわかります。(CAL FIREのサイトです)
http://www.calfire.ca.gov/general/firemaps
火は風に煽られてさらに強くなっているようです。ナパバレーといえばワインの産地として、日本ではオーパス・ワンという高級ワインが有名ですね。今その美しいワイン畑と、そこに住む方々が危機にさられているのです。先程見たニュースでは17人が亡くなり、ナパバレーの火事では40000エーカー以上が燃えているとのことでした。また670人以上が行方不明と通報されています。
そのためサンフランシスコを含めベイエリアは煙が流れてきていて、家のベランダには灰がたまっている状態です。朝なのに夕方ような異様なオレンジ色の太陽も山火事の影響です。
私の子どもが通っている学校からは、月曜日から頻繁にこの火事についての影響や情報などが送られてきています。空気の状態が悪いため、外での活動は中止にするということだけでなく、ボランティアについて、例えば寄付や避難場所として家を提供する際の連絡先などもとても詳しく記載されていました。私も何かできることを行いたいと思います。
もしも近日中に北カリフォルニアへ旅行やお仕事で来られる予定がある方は、CALFIREやニュースなどで情報をよく集めてください。
http://calfire.ca.gov/index
http://kron4.com/category/news/bay-area/
一刻も早い鎮火と、現地の方々の無事をお祈り申し上げます。

新学期-アメリカで子どもと暮らす





 
新学期-アメリカで子育て。
 
長い夏休みを終え、地域によっては8月の半ば頃から新学期が始まりました。わくわくそわそわな時期も落ち着いてきた頃だと思います。街ではハロウィンショップも見かけるようになりました。
さて、今回は新学期にちなんで、アメリカの新学期の準備について書きたいと思います。カリフォルニア内のとある公立学校の場合です。
学校、地域によって異なる点もいろいろとあるはずなので、その点はご了承ください。
 
新学期スタート。まずは持ち物は?-Suply List
まず持ち物について。日本では新学期といえば学校に持っていくものの用意がお母さんお父さんにとって大きな仕事ですよね。ひとつひとつ名前を書き・・なかなか大変だと思います。
こちらでは学校からSupply Listという必要なもののリストを知らされ、それに載っているものを準備します。具体的には、鉛筆、クレヨン、ノート、フォルダ、マーカー、消しゴム、ティッシュなど、教室で使うものです。
 
持って行った道具はシェア
日本と大きく違うのは、これらには名前を書かずに学校に持ってくるように指示されること。とても楽でした。学年によってリストの内容は違いますが、持っていったものは教室でシェアして使うことになります。
自分の名前を書いて持っていくのは、バックパックとお弁当箱くらいでしょうか。教科書もないので、毎日学校に持っていくのはお弁当だけです。日本の学校との大きな違いですね!
 
クラスや担任は事前にEメールで
学校初日はこのSupply Listのものを持って登校します。
始業式はないので、普通に授業が始まります。ちなみにクラスや担任の先生については、事前に(学校初日から1週間前くらいでした。)学校からEメールで知らされます
 
保護者向けの説明イベント-Back to school night
学校が始まって10日ほど経った頃に、Back to school nightという、親のためのイベントがあります。基本的に両親揃って参加します。
新しいクラスで担任の先生に会い、カリキュラムの説明や先生の方針、スケジュールなどの話が聞ける貴重な機会です。また、クラスのRoom Parent(クラスのお世話役)、ボランティアについて決めたりもします。
私が参加したものは、今年も去年も堅苦しい雰囲気はなく、笑いありのリラックスした雰囲気で行われました。合わせて学校全体のPTAについて説明を受ける集会、先生やスタッフの紹介もあります。子どもたちは参加できないので、このためにシッターを用意したりしてお留守番してもらいます。
 
アメリカの新学期はこのような感じで始まります。今学期もみなさんにとって充実したものになりますように!
 


■ アメリカに合法滞在するにはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。
Momsでは、DVの申請代行受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!
http://momsusa.jp/dv-program

 
Eビザ、Lビザ、Hビザホルダーの皆様のサポートも毎年行っています。
■ DVアメリカ抽選永住権 ご当選者の方には、面接サポート受付中
細かな作業は弊社におまかせ、あとは現在のお仕事、そして永住後の生活の立ち上げに集中してください!
信頼できる相談者がいることは、想像以上に安心できるとのお声をいただいています。
弊社ご利用者様の声はこちらから





 

PAJAMA DAYとCRAZY HAIR DAY





 
こんにちは。今日は最近あった面白い学校行事をご紹介したいと思います。
まずPAJAMA DAYというのは、学校にパジャマで行く日です。
え?!という感じですよね。でも本当にみんなパジャマで学校に行きます。
パジャマのまま授業を受けたり外で遊んでいたり、おもしろい光景でした。パジャマの上にガウンのようなものを羽織っている子も見ましたし、先生もパジャマ姿だったり。
CRAZY HAIR DAYというのは、その名の通り、CRAZYな髪型で学校に行く日です。ぜひアメリカのCRAZY HAIR DAYと画像検索してみてください。想像を超えたおもしろい写真がたくさん出てきます。
我が子は頭にぬいぐるみを乗せて、それを落ちないように固定して行きましたが(それしか思いつかなかったのです)、ほかの人とかぶらずに好評でした。ほかの子ども達は髪の毛の色をスプレーで赤や青、緑などに染めていたり、ラメをつけて髪の毛をキラキラさせていたり・・。私がすごい!と思ったのはある女の子がおさげの中に針金を入れて、その髪の毛がずっと立っているように(うさぎみたいなイメージです)させていた髪型でした。
これらの行事は全員が絶対参加というわけではなく、やりたい人だけがやればよいのです。やらない人にとってはやたらとまわりが派手な日、という感じでしょうか。でもみんなそれぞれ楽しんでいます。寝坊してできなかった、なんて人もいましたが。自由なところがアメリカっぽいですね。
ちなみに、CRAZY 〜 DAYには、HAIRだけでなく、HATやPANTSなどもあります。


■ アメリカで子育てしたい?!合法滞在にはビザ。その取得と更新から解放されるにはグリーンカード!
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。
Momsでは、DVの申請代行受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!
http://momsusa.jp/dv-program

 
■ 弊社ご利用者様の声はこちらから
 
■ 最新の鈴木弁護士書き下ろしブログはこちらから。
メールのご登録だけで、毎月10日にお届けします。

アメリカの学校と寄付





 
こんにちは。
今日もこちらの学校に入って感じた日本の公立学校と違うことについて書きたいと思います。
先日ボランティアについて書きましたが、もう1つ保護者に募られるもの、それは寄付です。
寄付と言っても、学校への寄付、学区への寄付、クラスへの寄付など・・様々なところに寄付が募られます。寄付のためのイベントも開催されます。
子どもたちの教育内容を充実させるために、提案されている寄付額はなんと、1年間で生徒1人あたり1200ドルです。実際に、私たちの学区では毎年3Million(約3億円)以上の寄付金が集まっているそうです。さらにPTAでは1.5億円以上。すごい額ですよね・・。この寄付金がどう使われているかというと、体育、音楽、アート、ダンスなどの特別なプログラムの充実のため、教師の給料、教師の研修費、学校の備品など。学区全体の教育費用の9割が連邦や州からの補助金と税金、残りの1割がこの寄付金だそうです。
地元のスーパーで学校のファンド名の名前を出すと、その買い物額の2%が寄付金になるなど、地域全体で盛り上げているようです。アメリカの公立学校は地域によってランクに差がありますが、やはり裕福なエリアはそれだけ教育費も集まり、教育内容が充実するのでしょう。なので子どもを持つ親にとっては、公立学校に通わせることを考えているなら住む場所選びは非常に大事になってきます。
寄付金を募るイベントがもうすぐ開催されるので、またご紹介したいと思います。


 
■ アメリカで気兼ねなく子育てしたい!それにはグリーンカード。
何と、アメリカは移民の国と言われているだけあって、毎年政府公式で、抽選で永住権が当たるプログラムを実施しています。
Momsでは、アメリカ抽選永住権の代行申請を通年受付中!
応募期間はあっという間…申請は年に一度ですから、チャンスを逃さずに!働く・学ぶ・子育てする…永住権はすべてができます。
http://momsusa.jp/dv-program

■ 弊社ご利用者様の生の声はこちらから。
 

アメリカの学校のランチ


こんにちは。今日はアメリカの学校のランチについて書いてみます。
私の子どものキンダーは、開始から最初の数週間は午前中で終わっていたのですが、その慣らし期間も終えて、今は学校でランチをとり、お昼過ぎに帰ってくることになりました。
ランチは給食のようなものを購入できますが(年間契約なので、必要なときだけ買うことはできないようです。)、先生にはできるだけそれは頼まずに弁当を持ってくることをおすすめされました。
学校で購入するランチだと子どもたちが余った分を捨ててしまうので、中には何も食べずに捨ててしまう子もいるようです。
もったいない・・。
料金も結構高いというのに。
一方、弁当持参だと、弁当の中で余ったものは学校で捨てられないので、持って帰ってきた弁当箱を見ればどれくらい食べたかわかります。そういうわけで先生は無駄になってしまうことが多い給食をあまりすすめていませんでした。
子どもたちって、一緒にいるとお喋りしたり、ふざけたりしてきちんと食べなかったりしますもんね。
ランチ時間がたったの15分しかないとのことで、今は小さいお弁当に和食のおかずとご飯を入れてもたせています。箸を使って食べているので、まわりの子どもたちから珍しがられるそうです。
ちなみにアメリカの子どもたちのランチは、もちろんさまざまですが、仕切りがついた弁当箱に野菜やフルーツなど、作ったものというより食材をそのまま入れて持ってきている子が多いです。
あとはサンドイッチ、ケサディーヤ(トルティーヤにチーズなどを挟めたもの)など。親がアジア系の人だとお米を持ってきていたり。中にはお菓子をランチ時間に食べている子もいるとか・・ヨーグルトだけだったりなど。また別の記事にしたいと思っていますが、アメリカの子どもたちの食事は日本人の私から見ると、大丈夫なの?!というものが多いです。
毎日弁当作りって大変だなと思っていましたが、意外と楽しんでやっています。
空っぽの弁当箱が戻ってくると嬉しくなりますね。
では今日はこのへんで。

アメリカの保護者ボランティア


こんにちは。
今日はボランティアについて書きたいと思います。
アメリカの学校では、保護者のボランティアが求められます。やるかやらないかは個人の自由ですが、私のまわりの方々はとても積極的です。
みんなで学校をよくしていこう、という感じでしょうか。
ボランティアってあまり日本の学校では聞かない言葉ですよね?
最近はどうなのかわかりませんが、私が日本で学校へ通っていた頃は親が学校と関わるのはPTAくらいだったような・・うろ覚えですが。
ボランティアとは具体的に何をするのかと言うと、いろいろな種類のボランティアがあります。
学校のイベントのお手伝い、ランチ時間の子どもたちのお世話、教室での活動の補佐、子どもたちの登下校時のお世話など・・様々です。またRoom Parentsという、クラスのまとめ役もあります。これもやりたい人がなるもので、すぐに決まっていました。
私の子どものクラスのRoom Parentsは、週に1度連絡事項などをまとめたメールをクラスの保護者たちに送ってくれています。
私自身は教室で子どもたちの活動を補佐するボランティアをすることにしました。
週に1度、1時間ほどですが、子どもたちが課題(まだキンダーなのでとても簡単なものです)を時間内に全員ができるようお手伝いしています。短い時間でも教室の中で子どもたちと一緒に過ごすと、子どもたちの様子がよくわかりますし、自分の子どもがどうしているかも知ることができるので、このボランティアに申し込んでとてもよかったです。先生とも話す機会が増えるので仲良くなれます。
ほかにも機会があればボランティアに参加したいと思っていますので、またそのときはこちらでご紹介したいと思います。

キンダー初日

 




 
こんにちは。
今日はキンダー初日のことで覚えていることを書いていこうと思います。
キンダーが始まりちょうど1ヶ月ほど経ちましたので、忘れないうちにご紹介させていただきたいと思います。
まず、日本の学校と違うのは、私の子どものキンダーの場合、キンダーのときは保護者が子どもを教室まで連れて行かなければならないことでしょうか。
学校の駐車場か、近くに車を停めて歩いていきます。日本の小学校だと入っていきなりはひとりで通わないと思いますが、後々はひとりで登下校しますよね。
こちらの上の学年の大きい子どもたちは、子どもたち同士で歩いてきたり自転車で通っているようですが、車で来る場合は、学校の前のドロップオフエリアで降りてあとは自分で教室に行きます。
ボランティアの人が車の誘導し、子どもが車から降りるのを手伝います。
 
初日は登校後に、新入生の保護者のオリエンテーションがありました。
オリエンテーションの始まる前に、保護者も一緒に子どもの教室に入り、少しだけ朝の様子を見ることができました。
朝の挨拶の歌を歌ったり、絵本を読んでもらったり。
オリエンテーションでは体育館のようなところで、無料のコーヒーを飲みながら、リラックスした感じで登下校に関するルールや学校の説明などを受けました。
このように、初日に普通に子どもたちは授業に入ります。入学式というものはありません。
 
こちらの学校生活を、これからも少しずつご紹介していきたいと思います。