アメリカ学生ビザ就労は許されない(1)_1320

サンフラン SF滞在

法律ノート 第1320回 弁護士 鈴木淳司
June 27, 2022

 このところ、保守派が大多数を占める米国連邦最高裁判所では、保守派のなかでも意見が割れるような問題について、アメリカにおける人権の考え方が時代に錯誤するような判断がいくつも出ました。
50年前、100年前にはもちろん、今と違った人権の考え方があったのは、当然です。
一方で、時代は流れ今日まで、様々な議論を通して人権をどのように守るのか議論されてきたのに、今回の連邦最高裁は、100年前の人権の考え方に帰ろうとでも言うのでしょうか。
今の最高裁の考え方は、保守派とリベラルという2分割では割り切れないように感じています。
保守派という意味を考えさせられます。
皆さんは夏を楽しまれていますか。

アメリカ学生ビザ就労は許されない(1)_1320

 さて今回から、また新しく皆さんからいただいている質問を皆さんと一緒に考えていきましょう。

いただいている質問をまとめると「学生ビザを取得した日本人学生です。コロナの間は学校がオンライン授業になるということで、その間は休学し、対面授業が再開するのを期に渡米しようとしました。アメリカに到着したときに、学生ビザなのに、アメリカ国内で働いたことがあるだろうと二次検査で言われ、最終的には入国することができましたが、かなり長時間留め置きされました。尋問を受けたときに、色々資料を見せられたのですが、まったく覚えのない情報が記載されており、ずっと否定するしかありませんでした。今後の入国に不安を感じています。」というものです。

 今回のように学生ビザで入国しようとする場合、アメリカに入国すると就学することが唯一の目的になりますので、就労をすることはできないわけです。
したがって、かりにアメリカ国内で就労をしていた事実があると、学生ビザでの滞在に反する行動があったとして、ビザの取り消しがされることにつながっていきます。

学生ビザを持っている状態でプラクティカルトレーニングという研修用の就労制度はありますが、期限等が限られています。
観光目的でアメリカに来て、就労することも許されないように、勉強するという就学目的のビザ(Fビザなど)を持ってアメリカに滞在する場合には就労することは許されないのです。

就労をしたい場合には、就労が許されるビザを取得しなければなりません。

 さて、今回質問されている方が二次検査で留め置きされて、色々詰問されたということですが、その理由は色々考えられそうですが、今回いただいていた長々した事実関係をまとめると以下のような問題点が見えてきます。

まず、最近、移民局はSNSなどを良く観察しています。
最近でも東京のアメリカ大使館の職員がかなり細かい部分まで会社のSNSを見ていて、ある意味言いがかりをつけるという例もありました。

最近ではビザ申請に、メールアドレスやSNS等を記載するようになっています。
そして、その情報は国務省に保管されていますので、皆さんが毎日のように書き込んでいる内容については移民局が見ていると思われた方が良いと思います。

どうも、今回質問されている方についても、前に学生をしているときに、場合によっては働いていると取られるような写真や書き込みがあったようです。
もちろん、実際にはボランティア活動をしていたということですが、見方によっては就労していると考えられてしまうものでした。

また、ボランティアといっても、対価を受け取ってしまうと、これは形式上就労となります。
そうすると、たとえば、対価を受け取った的なことをSNSに書き込んでしまうと、これは立派な移民法上の不法就労の証拠になってしまいます。

このように気軽に自分のやっていることや考えが書き込めるSNSですが、安易に使っていると移民局が情報源として利用する可能性があるので、今の時代かなり気をつけた方が良いと思います。

ここから次回また考えていきたいと思います。

もう一つ懸念されるのは、同姓同名の人がいる場合です。
スズキジュンジという私の名前も元?なのかわかりませんが国会議員に同姓同名の方がいらっしゃいます。
昔漢字も一緒なので、親近感が湧き手紙を書いたのですが無視されましたっけ。
同姓同名というのも一つ困る要素に思いますので続けて考えたいと思います。

 先週の火曜日は、サンフランシスコでも信じられないくらい暑い日でした。
夜も涼しくならず、グッタリでした。
今までこのようなことはなかったので、確実に天候が変わってきていますね。
サンフランシスコ・ベイエリアの家はクーラーというものがそもそもついていない土地柄ですが、今後変わってくるのでしょうか。
困ったものです。また一週間熱射病に注意しながらがんばっていきましょうね。

■関連記事

アメリカ学生ビザ さらなるアップデート

コロナウイルス、学生ビザへの影響

米国留学から米国での就職希望。ビザと制度は?

■アメリカの永住権を抽選で取得ーDiversity Immigrant Visa Program

アメリカの永住権を抽選で取得する制度があるのをご存知ですか?
日本からも、毎年永住権者が生まれています。

応募サポート希望の方はこちらから

日本出生の方は、高校卒業時点からご応募ができます!当選後も安心のサポート。まずは正しい応募から。

■グリーンカードDV当選後サポート

グリーンカードDV抽選に応募して、当選の確認を忘れていませんか?当選は、忘れた頃にやってきます!

グリーンカード当選後サポートはこちらから

充実した当選後サポートで、安心してグリーンカード取得まで進めましょう。家族・仕事・結婚・離婚・海外在住・介護に闘病と場面は様々ですが、お客様のニーズに柔軟にお応えしています。

■関連サイト

カリフォルニアで起業をお考えですか?
まずは、州のページで登録事項を確認

ニューヨークで起業をお考えですか?
まずは、州のページで登録事項を確認


作成者: jinkencom

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。