ドメスティックバイオレンス」タグアーカイブ

Washington DC Capitol

口論からドメスティック・バイオレンスで逮捕。行方は?(2)_1225

法律ノート 第1225回 弁護士 鈴木淳司
Aug 10, 2020

 今週せっかくサンフランシスコでプロゴルフの大会が行われているのですが、無観客です。観に行きたかったのですが、がっかりです。なかなか一流のプロを間近で見られるチャンスはないですからね。しょうがないのでテレビで観ていますが、やはり生での体験と画面を通しての体験には差があるものですね。プロにしても、やはり観客がいたほうが、心持ちが違うのではないかとも思いました。プロスポーツ一般、今年は活気がなくて残念でなりません。

口論からドメスティック・バイオレンスで逮捕。行方は?(2)_1225

 さて、前回考えた「日本にいる者(男性)です。数年前(大学生のとき)につきあっていた彼女がいたのですが、彼女がアメリカに留学するということで、数年ほど前に別れました。しかし、それからもコンタクトはとっており、最近(コロナ禍前)、アメリカで会おうということになり、私もはじめての海外旅行でしたが、彼女に会いにいきました。しかし、口論になり、最後には警察が来て、彼女も悪いと思ったのですが、私が逮捕されました。その後、釈放され日本に戻りましたが、裁判になるかもしれないと言われて不安です。一緒に住んでもいないのに、ドメスティック・バイオレンスになるのでしょうか」という質問を続けて考えていきましょう。

過去の交際相手も対象に

 前回考えたのは、もともと付き合っていた相手方であっても、カリフォルニア州刑法ではドメスティック・バイオレンスが成立することと、物理的な暴力がなくても、同罪は成立するということでした。
 今回質問されている方は十分にカリフォルニア州刑法の文面上、ドメスティック・バイオレンスに該当する事例だと思います。
 もちろん、実際には成立しない可能性も十分にはあるとは思いますが。

wobbler?重罪か軽罪か微罪か

 さて、今回の事例で将来裁判になるようなことを警察から言われたそうですが、加えて、「これは重罪(Felony)だ」とも言われたそうです。

 ドメスティック・バイオレンスに関しては、他の罪にもよく見られますが、カリフォルニア州の法律造語で、ウォブラー(wobbler)と呼ばれるジャンルの罪です。カリフォルニア州やほとんどの米国刑事法では、大きくわけて、重罪(Felony、禁錮一年以上の法定刑)、軽罪(Misdemeanor、禁錮一年以下の法定刑)、微罪(Infraction、基本的に罰金のみ)の3つのカテゴリーが使われます。そして、このウォブラーというのは、検察の裁量で、重罪にも軽罪にもできる罪を言います。

 ですので、今回の質問事例にしても、実際に起訴されるかどうか、がそもそもわかりませんが、起訴されるとすると、軽罪として起訴される場合と重罪で起訴される場合があるのです。

 このように事実関係を見て、暴行等の程度が重大な場合には重罪で起訴される場合もありますが、ほとんどの軽微な事例は軽罪で起訴されると思います。後遺症の残るような暴力があった場合には、重罪となる傾向があります。

警察と検察は別

 今回質問されている方は警察から重罪で起訴されるぞ、と言われたらしいですが、そもそも警察は起訴する権限を持っていません。捜査をして、その内容を検察に送るだけなのです。ですので、警察に言われたことは気にしないで良いです。

 私がいただいた事実関係を見る限りは、ほぼ重罪にはなりませんし、そもそも起訴されるかも怪しい事例です。逮捕されたからといって、即起訴されるわけではありません。また、ドメスティック・バイオレンスの罪については、暴行等がエスカレートすることを防ぐために接近禁止命令などが用意されていますが、広く逮捕をするのは、「これ以上事態を悪化させない」ためだということも覚えて置いたほうが良いと思います。悪いから逮捕する、というよりは、冷却させるための措置という意味合いが強いことは理解しておいてください。

起訴後は召喚状による呼び出し

 かりに起訴が決まると、呼び出し状が送られてきます。しかし、海外にいると往々にして郵便事情や、住所の打ち間違いなどで、受け取れない場合が出てきます。呼び出しがあったかもわからない場合もあるでしょう。

 いきなり、日本にいて逮捕されるということはないとは思いますが、再度アメリカに渡航することを考えられているのであれば、事前に裁判所の召喚状があるか、ないかだけは確認しておいたほうが良いと思います。かりに、召喚状が出ていると、アメリカに入国しようとする際に、逮捕される可能性もあります。

 次回また新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。

 今、アメリカは学校を秋学期どのようにするかで政府も地域でもかなり論議になっていますね。そもそも、マスクをするかしないかが、政治利用されている現状なので、もう少しコロナに関しての基本的な作法を共通認識としてもつべきだとは思うのですが。それではまた次回まで健康に気をつけながらがんばっていきましょう。


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

口論からドメスティック・バイオレンスで逮捕。行方は?(1)_1224

法律ノート 第1224回 弁護士 鈴木淳司
Aug 03, 2020

 暑くなったらウイルスの活動が縮小するというのは間違いでしたね。一向に収束に向かっておらず、カリフォルニア州ではどんどん罹患者数があがっている状況にあります。経済だけではなく、学校も秋からどうなることやらで、先が見通せないことが精神的にも人々に影響しています。現在ではやはりワクチンを待つしかないのでしょうか。皆さんは心身ともに健康に暮らされていますか。

口論からドメスティック・バイオレンスで逮捕。行方は?(1)_1224

 さて、今回から新しく頂いている読者からの質問を皆さんと一緒にまた考えていきたいと思います。

 いただいている質問をまとめると「日本にいる者(男性)です。数年前(大学生のとき)につきあっていた彼女がいたのですが、彼女がアメリカに留学するということで、数年ほど前に別れました。しかし、それからもコンタクトはとっており、最近(コロナ禍前)、アメリカで会おうということになり、私もはじめての海外旅行でしたが、彼女に会いにいきました。しかし、口論になり、最後には警察が来て、彼女も悪いと思ったのですが、私が逮捕されました。その後、釈放され日本に戻りましたが、裁判になるかもしれないと言われて不安です。一緒に住んでもいないのに、ドメスティック・バイオレンスになるのでしょうか」という質問です。

同居でなくてもドメスティック・バイオレンス(DV)?

 どうも、この質問されている方は、前の彼女とよりを戻したかったのでしょう、アメリカまで会いにきてとんだトラブルに巻き込まれたということだと思います。今回の質問者はたしかに、彼女と同居しているわけでもなく、現在付き合っているわけでもなさそうです。それなのにドメスティック・バイオレンス(以下「DV」とします)になってしまうのでしょうか。

「被害者」の定義は広いーカリフォルニア州の場合

 今回の事件は南カリフォルニアで起きている様子なので、カリフォルニア州法に基づいて考えていきましょう。

 まず、一般的にカリフォルニア州で、DV刑事事件の「被害者」というのは、かなり広汎に規定されています。
 条文には「Intimate Partner」という書き方になっていますが、わざと漠然とした規定にしています。日本語でいうと、「親しい間柄」といった意味合いになります。

 そして、親しい関係には、
(1)配偶者
(2)ドメスティックパートナー(同性結婚)
(3)フィアンセ
(3)恋愛関係にある同居者
(4)自分の子の親
(5)真摯に恋愛関係にある者
という広汎な関係
が含まれます。
そして、この関係は現存するだけではなく、過去の関係にも遡って適用されます。

「真摯に恋愛関係にある者」に該当する可能性

 そうすると今回質問されている方も、現在このアメリカ在住の女性と付き合っているわけではありませんし、恋愛関係にもなさそうです。
 しかし、過去に付き合っていたことから、上述した(5)の関係は存在しています。そして、女性側が警察に「元カレ」ということを言えば、十分にDVの法律が適用される下地はあるということになってしまいます。

 「今、全然付き合ってないし、関係がないよ」といっても、それは法律的な抗弁にはならないわけです。

 ですので、気をつけなければいけないのは、現在の恋愛関係だけではなく、過去の関係についても十分にDVとなり得てしまうということです。少なくともカリフォルニア州においてはかなり広く解釈されているということを覚えておいてください。

「バイオレンス」とは

 次に、質問には細かい事実関係は書かれていませんでしたが、「バイオレンス」というのは、単に物理的に暴力を振るうだけではありません。

 もちろん、恋愛関係や婚姻関係であれば、喧嘩などは起きるわけですが、物理的な暴力だけではなく、相手を畏怖させるような言動も含み、広汎な内容が「バイオレスンス」とされてしまいます。

 喧嘩は両成敗であるというのは、ユニバーサルな考え方ですので、お互いに攻撃しあっている場合には、DVの事件とはなりにくいですが、内容の吟味は現場の警察官の判断になると思います。そして、その判断でかなり広く「バイオレンス」と認めるべきであるというトレーニングがされています。

 そして、暴力的な言動だけではなく、不作為も場合によっては「バイオレスンス」とされてしまいます。

 たとえば、介護などが必要なのにそれを「しない」という場合です。積極的な行為だけではなく、なにかを「しない」不作為もバイオレスンスになるということも覚えておくと良いポイントだと思います。

 次回DV事件になる場合、そしてDVと認定された場合にはどのような刑が現在考えられるのか続けて考えていきましょう。コロナ禍でストレスが溜まり、DV事件も増えているようです。

 心身ともに健康で皆さんがお過ごしになっていることを心から願っております。また、来週まで一週間がんばっていきましょうね。


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

カリフォルニア州弁護士コラム「暴力事件に関する一考」_1086

法律ノート 第1086回 弁護士 鈴木淳司
Dec. 5, 2017

 最近、日本で男性秘書に暴行を加えたという容疑で書類送検された議員がいました。その議員は選挙で落選しました。ニュースでは何度もその元議員が秘書に浴びせる罵詈雑言が繰り返されました。横綱も暴力沙汰を契機に引退しました。自分で正当化する根拠を持ったうえで暴力を振るう人もいるでしょうし、単に気性が荒い人もいると思います。とにかく、暴力沙汰がニュースになって、本人たちに不利益がそのまま熨斗をつけて戻ってきてしまっています。今回は、皆さんからいただいている質問を一度お休みさせていただき、今回は、少し法律家の立場から暴力ということについて考えたいと思います。

カリフォルニア州弁護士コラム「暴力事件に関する一考」_1086

 もちろん、私自身、精神医学や心理学については本で読んで勉強する程度の学識しか持ち合わせていませんが、法律の実務にも暴力沙汰は少なからず出てくる場面があります。たとえば、ドメスティック・バイオレンス事件のシナリオでしょうか。以前から、法律ノートでご紹介しているつもりですが、アメリカにおいては、家庭内暴力というのは、日本に比べて公権力の介入がかなり積極的に行われています。

 それなのに、今でも、よく「旦那が怒っているのを止めてもらおうとしただけなのに、警察を呼んだら旦那が逮捕された」といった電話相談があとを絶ちません。アメリカでは、密室内で行われても、暴力は暴力であるという前提で対応するわけです。このような電話相談をする日本人の多くは、警察に仲介をしてもらおうと思った、民事のことなので不介入だと思った、ということを口にされますが、アメリカ人には暴力であれば、刑事法が適用される、という前提での話なので、日本的な考えが理解されにくい部分であろうと思います。

日米で考え方に差がある暴力事件

 色々な文化的な差はあるかもしれません。日本的な考え方だと、何らかの家族的、社会的な関係がある間柄だと、ある程度の躾や教育などの観点から、暴力が許される場合が原則になってきたのだと思います。「法律は家庭に入らず」という法格言があるくらいです。アメリカでも、ドメスティック・バイオレンスなどは、70年代頃に問題化してきたのであって、やはりこのような家族的、社会的関係が存在していたと思われます。

 しかし、OJシンプソンの事件をきっかけに法律でまずコントロールしなければならないという風潮になり、法治国家である以上、法律は家庭にも入ってくるのが当たり前になりました。法律が適用されるから、暴力はやめよう、という人も少なからずいると思います。本来の暴力に対するブレーキではなく、不利益が生じるのでやめておこうというブレーキですね。これもひとつ社会では「あり」のブレーキだとは思います。ただ、根本的な解決策になっていないかもしれませんね。

教育をすることで将来犯罪を犯させないという考え方

 刑事法の考え方ですが、人に罰を与えるには大きく、「目には目を・・・」的な応報するという趣旨と教育してもう犯罪させないという趣旨があります。加えて現代社会には、社会的な制裁という趣旨が別腹で存在します。

 アメリカでは、教育をすることで将来犯罪を犯させないという考え方がかなりクローズアップされています。たとえば薬物犯罪などは、日本でも更生施設がありますが、アメリカではかなり充実したプログラムを刑罰の一部分として用意しています。

 ドメスティック・バイオレンス事件においても、カリフォルニア州ではカウンセリングの受講が義務付けられていて、週に一度52週間のカウンセリングが法律で義務付けられています。ドメスティック・バイオレンス事件の判決など、罰金などはかなり低額なのですが、このカウンセリングがかなりの比重を占めています。

 もちろん人格を変えることはできないかもしれないが、教育によって抑止できるのではないか、という希望論もかなりはいっていると思います。しかし、私は弁護士を20年以上していて、ドメスティック・バイオレンス事件の再犯というのを見たことがありません。

社会的制裁よりも教育を受けさせる包容力を

 日本で落選した暴言、暴力を行った元議員の方は、数ヶ月病院に雲隠れしたあと、公にでてきて謝罪し、選挙活動を始めていました。アメリカで暴力沙汰があった場合、1年間はカウンセリングを受けるなどするのが当たり前なので、これには私はびっくりしました。

 被害者に謝罪することも一つなのかもしれませんが、重要なのは、自分がより良い人間になるための努力をすることだと思います。アメリカでは52週間のカウンセリングがあるのです。もちろん、反省して謝罪すればそれで許し、許さない社会なのかもしれません。

 しかし、この元議員の方も、横綱の方も、とても能力がある方々ですし、これから社会で生き、貢献していただかなくてはならないわけです。社会的制裁を受けるということも一つかもしれませんが、法制度でも良いし、社会的な動きでも良いので、こういった人たちが教育でより素晴らしい方々になってもらえるような包容力があればよいのに、と思いました。

 次回は、皆さんからの質問を考えていきたいと思います。もう12月ですね。ホリデーシーズンを楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

アメリカでの警察への通報





法律ノート 第1047回 弁護士 鈴木淳司
February 28, 2017
「米国内で警察に通報する意味」
今回は、一回読者の皆さんからいただいている質問にお答えすることを一回休ませていただき、最近私が感じた警察行政に関するトピックを取り上げてみたいと思います。一般的に、警察行政が行う捜査のきっかけを「捜査の端緒」といいますが、端緒は色々な形があります。もちろん、飲酒運転などを警察官が現認することもあるでしょうし、様々な人が通報をすることもあります。匿名の投書などによる場合もあるでしょうし、報道機関の活躍に依る場合もあると思います。
ドメスティック・バイオレンスーDVーの場合
今回皆さんと考えたいのは、家庭内暴力(いわゆる、DV、ドメスティック・バイオレンス)についての端緒です。以下DVとしましょう。DVというのは、家庭内のいわば第三者の目の届かないところで行われることがほとんどですので、派手に大声を立てたり物が壊れていたりしない限り、なかなか第三者からの通報ということはないわけです。多くのDV事件においては、家のなかにいる人からの通報が端緒になります。
以前、かなりベイエリアから離れた土地で、同棲をはじめ、子供も生まれたカップルに関わったことがあります。男性のことはよく知っていましたが、女性について私は面識がありませんでした。二人が付き合いだしたあと、女性はかなり感情的で暴力的な人だということを、第三者から聞いていましたが、イザコザが絶えないという話もよく出ていました。
最近になって、何度か相談を受けていたのですが、喧嘩になると、女性はすぐに警察に通報し、男性が逮捕されてしまいます。子供もまだ小さいので、養育の問題なども争いの原因になっていたようですが、女性が通報し、男性側が否定している事実についても、裁判上証拠としてでてきたため、男性は有罪になりました。私は、その事件を担当していたわけではありませんが、納得がいかない部分を感じました。
その後、また争いが発生し、女性が警察に通報、そして再度男性は逮捕起訴され近々実刑になるかもしれません。
この事例のように、主に性格の不一致から、言い争いをするような事例でも、警察を呼ぶとかなり深刻な問題になります。大人であれば、話し合ってまずは子供の利益を最優先させてあげられないかと、思ってしまいます。
日本の警察でも対応に変化
日本では、警察を呼んでも、刑事事件化しないで、DV事件については、民事不介入ということが今までよく言われていました。ただ、家庭内暴力でも、ストーカー行為にしても、日本でも警察は敏感になっていて、様々な対応方法を試みているのが現実です。とにかく、何かが起こってからでは遅いということが前提にありますし、早めにトラブルには対応することが重要であるというのは、真理だと思います。
日本とアメリカ、DV通報の深刻度の違い
今回私が皆さんにも考えていただきたいのは、日本とアメリカにおける、DV通報の深刻度の違いです。文化の違いもあるとは思います。
日本のように、警察をよんで、まずは男女関係を仲介してもらおうと想定していると、アメリカでは、そのような想定は通用しないケースがほとんどであることを認識していただきたいのです。単に、「夫の興奮を鎮めてもらいたい」とか、女性側が感情的になって「警察を呼んでやる」という場合でも、警察が呼ばれると、DVの罪で逮捕・起訴につながります。
まずは、夫婦で話をして、話ができない場合には、すぐにでも、2人が別々の場所にいるように、どちらかが出ていくことが重要です。喧嘩をしている二人が一緒にいれば、エスカレートするのは目にみえています。
以前私が扱った事件で、夫が浮気をしていると疑っている妻が、感情的になって家の中の物を投げまくったあげく警察を呼んで夫が逮捕されてしまうというものもありました。はっきりいって、夫婦とも子供のようなものですが、後悔先に立たず、です。
パートナーは逮捕起訴、失職。ビザにも影響
日本人の夫婦のDV事件が発展すれば、職を失うなどだけではなく、ビザなどにも影響する大問題となります。感情は抜いて、まず夫婦の一方の行為に対して警察を呼ぶということを考える場合、アメリカでは「逮捕・起訴される」ということを覚悟のうえで、受話器を手にしてください。最近、この手の相談が多いので、周知のために、今回法律ノートにしてみました。
 
春らしい気候になってきました。やはり、カリフォルニアは晴れていないと何か足りない気分になってしまいますが、ようやく「止まない雨はない」ということで、天気を楽しめそうです。色々屋外のアクティビティの予定を考えながらまた一週間がんばっていきましょうね。