アメリカ入国とワクチン接種義務化

Washington DC Capitol of the United States

じんけんニュース 10-13-2021 弁護士 鈴木淳司 

アメリカ入国とワクチン接種義務化

October 13, 2021

2021年11月より、外国からアメリカに入国する際にワクチン接種済みである証明を携帯しなければ入国ができなくなります。

ワクチンが広く行き渡ってきたこともありますが、コロナウイルスの封じ込めに関する考え方もワクチンのおかげで少しづつ変わってきたということです。
まだ、方針が発表されただけで、実際な内容や時期については、この記事執筆の時点では不明です。

現状でわかっている情報を今回考えさせてください。

WHO認定のワクチンも含む

まず、ワクチンとして認められているものは、モデルナ、ファイザー、ジョンソン&ジョンソン(これらはFDAのリスト)が基本ですが、その他にWHOが認める、アストラゼネカ、シノファーム、シノバックも含まれるそうです。
これらのワクチンを接種済みである証明が求められます。

例外はごくわずか

接種済み証明を避けられる入国者はかなり厳しく限定していく方針です。
もちろん、子供についてはまだ接種がゆるされていない年齢であれば証明書は不要となるでしょうが、現時点ではまた接種する年齢が下がるかもしれないので、明確に規定されていません。
その他の例外については、かなり限られる予定であります。

PCR陰性証明書は引続き必要

ワクチン接種が義務付けられますが、飛行機搭乗72時間以内の検査は、現状のまま継続される見込みです。
また、旅行中のマスク着用義務は2022年の1月までは現在の要件に基づいて続く見通しです。

ワクチン接種証明提示はチェックイン時

このワクチン接種証明の提示方法ですが、現状は空港でチェックインするときに、航空会社が確認する方法になりそうです。
現在施行されている搭乗72時間以内の陰性証明も、空港チェックが基本で、あとは入国の際に提示することはありませんが、同様の方法で、チェックインカウンターでのチェックになると思われます。
航空会社と実際の手続きについて現在政府はすり合わせているようです。

ワクチン2回目を他国で接種

一点、私のところに来た具体的な質問がありました。

一回目の接種はアメリカ、二回目の接種は日本の場合入国に問題がないか、という点です。

基本的に同じワクチンを接種していること、二回必要なワクチンの間隔が適正であること、そして二回ともそれぞれ証明できれば問題がないと思われます。
日本の外務省も海外で1回目の接種を終えた人は、接種したワクチンの種類と接種間隔を確認できた場合には2回目のみ国内で接種を受けることが可能と公式に発表しています
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html)。

また、CDCは、fully vaccinatedの定義を以下のように言っているだけですので、日本とアメリカなど、別々の地理的な場所で接種を受けても問題はないと思われます。

  • 2 weeks after their second dose in a 2-dose series, such as the Pfizer
    or Moderna vaccines, or
  • 2 weeks after a single-dose vaccine, such as Johnson & Johnson’s
    Janssen vaccin

DV抽選永住権を含む移民ビザはワクチン接種が義務化

また、2021年10月1日より、新たなワクチン接種義務化が移民申請に関して制定されました。
永住権申請者、フィアンセビザ(Kビザ)、および非移民型ビザの申請者は、ワクチン接種証明が要件となり、ワクチン接種を証明しないと、ビザや永住権が発給されないということになりました。

ビザ申請の際に、様々なワクチンの証明が今までも要求されてきましたが、今後はかなり狭い例外を除いては基本的にすべてのビザ、永住権申請者はワクチン接種の証明が必要となります。

また、アップデートがあれば共有していきたい内容ですね。
とにかく、ワクチンを接種することが国レベルで一般的になってきたということを理解されておいてください。

関連記事

Fully Vaccinated「ワクチン接種が完了」の意味合い
米CDC(Centers for Disease Control and Prevention)ページより
https://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/panel-physicians/covid-19-technical-instructions.html

▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

作成者: jinkencom

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。