米留学ルームシェア 賃料負担は?(2)_1283

サンフラン SF滞在

法律ノート 第1283回 弁護士 鈴木淳司
October 4, 2021

 サンフランシスコは季節外れの暑さで長袖では暑いくらいですが、いわゆるインディアン・サマーというやつです。
また夏が来たのかと思える天候ですが、この暑さが引くと今度はハロウィンの季節がやってきます。
アメリカではマスクをしている人も少なくなってきていて、危機感はどこへ行ったやらです。
このまま治療薬ができて、人類が打ち勝つところも見られるでしょうか。
みなさんも私も歴史に残る人類の危機を体験しているのですね。

米留学ルームシェア 賃料負担は?(2)_1283

 さて、前回は休んでしまいましたが、前々回考えた質問を続けて考えていきたいと思います。

いただいている質問は「日本から留学している学生です。コロナ禍で学校が休校(2020年)になった時点で一度日本に戻りました。コロナ禍までは、(カリフォルニア州に所在する)アパートを3人の学生でシェアしていました。他の二人はアメリカ人でした。2021年になって、学校が一部再開することになり、アメリカに戻ったのですが、私が住んでいたアパートについて、不在期間(日本にいた期間)の家賃を払ってくれ、とルームメイトの二人に請求されました。実はコロナ禍になった時に、ルームメイトの彼女が借りていたアパートを出なくてはならず行くところがなく、私の使っていた部屋に一時的に住みたいという話になりました。私も一年程度であれば良い、ということで同意したのです。私はてっきり家賃をこのルームメイトの彼女が払ってくれているものと思っていましたが、ルームメイトは私が払うべきだということで揉めています。このような場合、私が不在にしていた期間の家賃はルームメイトに払わなければならないのでしょうか。」というものです。

まずは契約内容の確認

まず、今回質問されている方がどのような契約を締結しているのか確認する必要があります。

家を持っている大家さん(またはその管理者)と直接契約を締結しているのであれば、その契約内容に基づいて質問者の方は、家賃の支払義務を負うことになります。

ルームメイトも含んで、複数人で家賃を負う契約を結んでいるのかどうか、確認する必要があります。

連帯責任か一人の責任か

ただ、よく確認する必要があるのは、複数人で契約を締結することになっている場合、一人ひとりが全体の家賃を負うことになっている場合が普通です。
いわゆる連帯責任を負っていることになっている可能性が高いので、賃借人が数人いるとしても、一人ひとりの責任はどのように契約に規定されているのか確認しておく必要があります。

もう一つのシナリオは大家さんから誰かルームメイトが単独または複数で借りていて、そのルームメイトからさらに賃貸している(転貸)している状況です。

この場合、今回の質問者の方の「大家」さんは、借りているルームメイトの方(複数もありえる)ということになります。
ですので、そのルームメイトとの契約はどのようになっているのか、確認する必要があるのです。

かりに口約束だけで借りている可能性は十分にあります。
そうすると、誰がどの様な責任を負うのか不明確で紛争になってしまうかもしれません。
親しい仲にも礼儀あり、で簡単なものであっても書面にしておくことがベターであります。

内部求償ー借りている側での負担分配

 今回の質問をみると、元の大家さんに家賃はちゃんと支払い続けているようですね。
そうすると、二人のルームメイトが大家さんに全額払っていると考えられるので、あとは内部の求償問題になりそうです。

内部で誰が誰に支払いをするのか、という問題です。

ルームメイトと質問者の間に契約があれば、その契約に従うことになります。

問題は契約がない場合です。

今回質問には詳しく書かれていませんが、ルームメイトの彼女が質問者の部屋を使っていたわけで、その使用は法律上の利得になります。
無料で住んでも良い、ということを契約者が合意していなければ、そのルームメイトの彼女が使った分だけ支払うのが筋なように思います。

誰が支払いをするのか、ルームメイト二名、彼女、そして質問者の間で合意ができなければ、解決の方法としては、いったんルームメイトが大家さんに支払った分を質問者が支払い、ルームメイトの彼女に対して使用料を請求するか、ルームメイト二名に対してルームメイトの彼女に請求させるか、ということになると思います。

解決しなければ少額裁判所を利用して白黒つけることになってしまうでしょうか。

筋としては、ルームメイトが質問者に自分の彼女を住まわせても良いのか許諾を求めているので、ルームメイトがその彼女に請求し回収するのが妥当かもしれません。

質問者の方も、払えと言われて、素直に払ってしまうとあとで回収が大変になるので、まずはルームメイトにその彼女に対し直接請求してもらうように助言したら良いと思います。

 また次回新しくいただいた質問を考えていきたいと思います。

秋の野菜もずいぶんマーケットに並んできました。
季節替わりを楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。

米留学ルームシェア 賃料負担は?(1)_1281

家賃の滞納、直ちに損害金を支払うべき?(1)_1178

関連サイト

カリフォルニアで起業をお考えですか?
まずは、州のページで登録事項を確認

ニューヨークで起業をお考えですか?
まずは、州のページで登録事項を確認


作成者: jinkencom

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。