DV2019 アメリカ抽選永住権の申請代行.グリーンカード取得まで徹底応援!【米カリフォルニア州弁護士直営の安心サポート】i@jinken.com
dv2019entry dv2019entry

DV代行申請、弊社ご利用のメリット

【1】 現役カリフォルニア弁護士直営。しかも移民法に強い!

「提携」ではなく「直営」というのがポイントです。
応募の確実さはもちろん、当選した後の面倒な手続きも安心してお任せいただけます。
しかも!
グリーンカードを取得後のアメリカンライフでも、ちょっと身近で、日米の法律に詳しく、しかも日本語が完璧に通じる弁護士は心強い存在になることは間違いありません。たとえば再入国許可証の取得会社の設立などの身近なところだけでなく、より専門的なアドバイスを求めたいときにも役立つことでしょう。
JINKEN.COM代表は米国で法廷に立てる数少ない日本人の弁護士のうちでも、草分け的な存在。日本の弁護士さんたちからも信頼を得ており、太いつながりがあります。

✔ 月1回更新の移民法ブログは2000年以降継続!

✔ もちろん、弁護士過誤保険加入!

 

【2】 申請内容は事務局でも確認、不備があれば何度でもご連絡

お申込みフォームは、お申込み後もご自身で確認できます。また、お名前や生年月日、ご家族情報など、重要な申請内容に少しでも不明な点があれば、事務局からご連絡のeメールを差し上げます。

また、お写真も申請要件に合うように、時間をかけてチェックします。加工しても要件に合わない場合には、撮り直しをお願いしております。具体的に、どのように撮影していただければ大丈夫なのか、出来る限りていねいにお伝えしています。
お客様によっては、スマートホンはもちろん、従来型の携帯電話での撮影でも、しっかりとした申請写真に仕上げることができています。

その他、申請の際にお客様が悩まれる記載方法や、その他「ちょっと気になること」にも、一つひとつお答えしています。
なぜなら、DV申請内容は米国国務省に半永久的に保存されるものだからです。いい加減な申請によって、お客様やご家族様の将来に少しでも不安を残したくない、それが私たちの姿勢です。

 

【3】 申請完了後には申請完了通知をお届け。かつ、確認番号も保管

オンライン申請が完了しますと、「Submission Confirmation: Entry Received」というタイトルの申請完了画面が表示されます。
この申請完了画面を保存し、お一人おひとりにeメールでお送りします。また、申請完了時に与えられる固有の「Confirmation Number(確認番号)」は、弊社お客様ページでいつでも確認していただけます。

申請完了画面は、いったん消去しますと、絶対にもとに戻ることができないシステムになっています。また、重複して応募することも禁止されています。
ですので、後日の当選確認をスムーズに行っていただくためには、この申請完了画面がとても大切です。(当選確認ができなくなるわけではございません。)

 

【4】 お客様の情報はEV-SSL認証により厳格に保護

大切なお客様情報をあおずかりするにあたって、弊社が採用している方法はEV-SSL証明書 (SSL認証はThawte社, Thawte® SSL Web Server Certificates with EV ) です。
世界中の銀行をはじめとした金融機関や公共団体も採用している、現在最も取得基準の厳しい認証方法で、緑色のアドレスバーが目印です。
弊社サイトのお客様情報ご登録ページより先は、EV-SSLによる認証が施されているセキュリティエリアです。

お客様のお使いのブラウザごとに表示方法は異なりますが、アドレスバーが下のようにGREENによって表示されています。



DVやビザ申請代行会社で、EV-SSL認証によるGREENを採用している団体は決して多くありません。
弊社では、お客様の大切な情報をおあずかりするにあたり、採用し得る最高の技術を取り入れたいと考えています。
世界的な統一基準のもとに、厳格な認証手続きを経て取得できるEV-SSLサーバ認証。弊社サイトの安全性を信頼いただき、安心してご利用いただけます。

 

【5】 ご利用者様専用のQAページをご用意!当選したときへの万全のそなえ

DV-2015から、当選後の書類提出はすべてオンラインになりました。
その結果、アジア地域では当選後の手続きを行う率が飛躍的にアップ。書類の提出順で審査が進められますので、書類提出を早期に確実に行うことが非常に大切になっています。

「当選が判明してから準備するのでは、遅い!」
これは、事務局スタッフの共通認識です。
そこで、当選後にスムーズに手続きを進められるように、心がまえと必要な書類等をコンパクトにまとめたQAページをご用意しています。(スマホ対応予定)

なお、書類の提出が早くとも、面接日時の設定はケースナンバーに応じますので、単純な「先着順」ではありません。
 (1)書類提出が完了しKCCでの審査が完了
 かつ
 (2)ケースナンバーに該当
の二つの要件をみたすことが、面接日時設定の要件となります。

 

【6】 当選・落選の結果はeメールでお知らせ

当選発表後すみやかに事務局で当選確認を行い、弊社ご利用の皆さまにeメールで結果をお伝えいたします。
ご自身でも確認していただけるように、当選確認方法のガイドも合わせてご案内差し上げます。

当選発表が行われるのは、申請期間が終了してから約半年後。応募したのに当選結果を確認せず、ずっと後になって当選が判明したのでは、悔やんでも悔やみきれません。

また、米国国務省のシステムは世界規模のものであるため、大規模にダウンすることも少なくありません。その際にも、最新情報をキャッチし、臨機応変に対応しています。
ITに強いのも、弊社の大きな利点です。

 

【7】 当選後の手続きサービスもついているのに、低価格・明瞭会計!

弊社の【スタンダードサービス】には、当選した後の手続き代行も含まれています。

当選した後の手続きは、時間的に余裕があり、英語でのリサーチに抵抗がない方でも、相当程度の労力を要します。お仕事や家事と併行して行うのは、非常に難しい面があります。さらに、米国外にお住まいの方であれば、移住の準備だけでも大変なのが現実です。
かと言って、永住権の取得をビザコンサルタントや弁護士事務所に依頼した場合、その金額は決して安くはありません。

弊社は弁護士の直営。
面接などのグリーンカード取得までのコンサルテーションはもちろん、政府機関への問合せや、各種提出書類の取得や翻訳もスタンダードサービスに含まれます。
現在のビザステータスの状況や、渡米を数年後にするために取得する「再入国許可証」、永住者も必要な確定申告など、総合的にご相談に乗ることができます。
このようなコンサルティング費用は、すべて【スタンダードサービス】に含まれています。

しかも!追加費用は、弊社からのグリーンカード/SSN(ソーシャルセキュリティカード)の転送費用($50)のみです(必要な方のみ)。

この低価格を維持できている理由は極めてシンプルです。
2000年の設立以来蓄積してきたノウハウ、ITの活用、そしてeメール(Faxも可)に一本化したお客様対応が可能にしています。

「eメールだけの連絡方法では不安」というお客様も少なくありません。
確かに、対面やお電話によるコミュニケーションは信頼関係を築く上で、とても重要で効果的です。
ですが、弊社ではお客様ごとに原則として専任スタッフが対応にあたること、またそのスタッフや弁護士が物理的に長距離移動すること、そして時差があること、という事情があります。また、経験上、ご質問への回答には確認が必要なことも多く、結局その場でお答えをしかねる場合が少なくありません。
これらのマイナス面をすべて解消するために、現在のところ、eメール(およびFax)への一本化を選択しています。しかし、逆にお寄せいただいたご質問には、どんなことでも、可能な限りすべてにお答えしております。すべてeメールで文書化することで、後日振り返って確認することができるという大きなメリットもあります。

 

【8】 だから、実績も豊富!

2000年の設立以来、多くの方々のDV申請、そして当選後の手続きをお手伝いしてまいりました。アメリカ抽選永住権への応募総数は、7500名をはるかに超えます。
米国に事務所がある弊社ですので、グリーンカード/SSNの受領・転送もスムーズ。 引越しや進学・就職・転職、そして結婚・出産といったライフイベントに左右されずに、手続きを進めることができます。
特にSSNは、とても簡素な封筒に入り、米国内の普通郵便で届けられます。受取人は信頼できる人である方が、安心であるのは間違いありません。

お客様が面接官の面前で宣誓をされる姿、移民ビザが貼られたパスポートを手にされたときの喜び、渡米時の入国審査のときの緊張……
スタッフ一人ひとりが、お客様が当選した後の手続き、さらにはグリーンカードを取得して渡米される道筋を考えながら、DV申請を行っています。

長年応募し続けてきたお客様が当選され、長い当選後の手続きをサポートさせていただき、グリーンカードをお届けするときの喜びはひとしおです。
DV-2018当選後サポートも続々と進行中。
次は皆さまの番です!

DV申請代行サービスは…
【DV申請応募】および【DV当選後サポート(グリーンカードを取得するまでの手続き)】を網羅する、フルセット!!

お一人様の申請代行料金に、以下のサービスのすべてが含まれます。

【 DV申請応募 】

 _DV応募内容の確認
 _写真の確認と加工
 _DV応募
 _DV応募完了のお知らせメール
 _DV応募確認ページ(コンファメーションページ)の保管
 _当選後の「心構え下準備ページ」アクセスパスワード発行
 _当選確認
 _当落結果のお知らせメール

【 DV当選後のサポート 】

 _当選後の移民ビザ申請書類の作成・内容確認と提出
 _面接書類および翻訳文の準備
 _渡米までのスケジュールのコンサルティング
 _面接・入国審査のコンサルティング
 _日本米国その他の自治体や各機関への問合せ
 _当選後書類のアップデートや修正
 _必要に応じたお写真の加工
 _グリーンカード取得後の税務その他のご案内
 _再入国許可証やグリーンカードの記載訂正
 _その他、ご質問すべてへの回答

*なお、当選後書類を提出されたにもかかわらず、面接日時が設定されなかった場合には、翌年以降の弊社のDV申請サービスを大幅な割引価格でご利用いただけます。


運営弁護士がお伝えしたいこと

こんにちは、弁護士の鈴木です。
私の所属する事務所には移民チームがあり、多くの外国人のビザや永住権の取得を過去20年ほどサポートしてきました。

日本などアメリカ国外にいながら、質の高い米国法律業務に手頃にアクセスするのは難しいと思います。このJINKEN.COMは、もともと移民業務のためだけに作ったわけではなく、人の権利に役立つサイトにしたいという思いではじめたものです。

1999年にJINKEN.COMがはじまってから、主に移民に関する問い合わせや情報交換、加えてメールでの情報提供などが中心になり、今では米国永住権抽選のウェブサイトでは定番となってきたと思います。
サイト開始当初から、たくさんの方にサービスを利用していただいています。残念ながら全員が当選するわけではありませんので、長く本サイトを利用していただいているのに、当選が未だ叶わない方もいらっしゃいます。

一方で、多くの当選者が出てきて、DV応募のみならず、当選後のサポートも手厚くさせていただくことで、アメリカへ移住する手助けをさせていただいています。なかには、夫婦で両方当選された方や、移住をされてこちらで商売をされ家族もでき、成功されている方もいらっしゃいます。

当選後の法律業務まで一貫して引き受けるサービスを考案したのは、本サイトが始めと自負しておりますが、それは皆さん一人ひとりのケアを手厚くし、米国への移住をスムーズにすることが目的です。
本サイトを通じて、私の所属する事務所でこれまでに蓄積されてきたノウハウを、ダイレクトに当選者の方々に提供できますので、皆さんにも、もちろん私自身にとっても、安心できる有用な仕組みだと思います。

今後も、JINKEN.COMスタッフ一同、妥協せずにサービス提供を続けていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
皆様が米国に移住され、一緒にお酒でも呑める機会があると良いな、と願っております。

js
弊社代表の鈴木淳司弁護士は、米国内のみならず、日本の有名企業および個人様、そして日本弁護士会での講演・執筆活動も行っております。
▽日本弁護士連合会発行の機関誌『自由と正義』への最新寄稿はこちらから。
▽鈴木淳司弁護士について、著作などより詳しくはこちらから。

サービスご利用者様の声

JINKEN.COM(MomsUSA)をご利用され、無事にグリーンカードを取得されたお客様からは、非常に詳細な体験記録をお寄せいただいています。これらはすべてお客様のボランティアによるものです。
皆さま大変なご多忙中にもかかわらず、6000字を超えるレポートや、大使館内の平面図など、得意な分野を活かし個性あふれる総括を多くのお客様からお寄せいただけることに、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
お客様から寄せられる生の声こそが、弊社のサービスの根幹を支えているものです。

以下で、ほんの一部ですが、ご紹介させていただきます。

なお、弊社で当選後手続きサポートをご利用される方々には、「当選後ご利用者様専用ページ」内で体験レポートをご覧いただけます。

【ご自身でご応募、ご家族で渡米を決めたK様】-DV2016ご当選

今回はグリーンカード取得について大変お世話になりました。
無時に取得できたのもこのサポートのおかげだと考えています。(中略)


Q.当選後サポート全体のご感想をお聞かせください。
A.サポートは的確で、メールでの質問に対する回答もレスポンス良く助かりました。特に我が家は海外の警察証明が必要だったりしたので自力では無理でした。


Q.担当者への評価をお聞かせください。
A.親身になってどんな相談にも乗っていただき、大変助かりました。(K様)


【DV応募からJINKEN.COMご利用、米国在住中のT様】-DV2015ご当選

担当スタッフさん初め、JINKEN.COM、MSLG法律事務所さんの皆様には本当にお世話になりました。何年も御社経由でDVの応募したので、それなりに投資はしましたが、当選後の手続きサポートは全て無料でおこなって頂きましたし、しかも、私からの要求も恐らく他の当選者の方と比較しても非常に手間のかかるもので、実際のサポートコストはこれまでの応募費用ではカバーできず、「赤字クライアントになってしまったのでは」と心配もしています。本当に、本当にお世話になりました。
これまでのコミュニケーションは全てメールでしたが、もし私共にカルフォルニアに行く機会ができた際には、ご挨拶、お礼がてら事務所に立ち寄らせて頂きたいとも思っています。また、もし今後法律関係で何かあった場合には、是非相談にのって頂ければ幸いです。
それでは、繰り返しになりますが、本件では本当に色々お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。(T様)


【ご自身で応募、DV当選後手続きをご利用されたTT様】-DV2015ご当選

本日無事にグリーンカードが届きました。
ドキドキしながら夫婦で開封し、確認しました。
家族4人分ちゃんと届いてました。
ありがとうございました!!!!

改めて嬉しさがこみ上げてきました。

この間スタッフのXXさんに頂いたメッセージで
「日本だとどうしても失敗=悪い事のように教えられていて、失敗するのはイケナイ思いこんでしまいますが、実はそんなことは決してありません。大人になると余計失敗しても間違ってもそこから学べばよいわけですので、ポジティブにとらえるのが本来の姿な気がしています」

この言葉にとても勇気付けられました。
ここまで色々なサポートをしていただき本当に感謝しています。
私たちの夢でもあったグリーンカードを手にできたのもみなさんのおかげだと思っています。
これから、アメリカで子育てをしながら生活していくのですが、色々な辛い場面に合った時も、この言葉に助けられると思います。

本当にありがとうございました。(TT様)


【DV応募のラストチャンスに懸けたF様】-DV2006ご当選

代行しているところを探してJINKENを知り、はじめて永住権抽選にチャレンジしたのは、4年前くらいでした。宝くじにも当たったことがなかったので、昨年の当選がなかったら、もう次は諦めようと考えていたので、当選通知をいただいたときは本当にビックリ!はじめは、メールのやり取りだけで大丈夫かな?と不安もありましたが、こちらからの細かい質問にもすぐに対応していただき、最初の不安はまったくなくなりました。(本当にくだらない質問にも親切に答えていただき、感謝しています。)JINKENのスタッフの方々には、本当に感謝しております。ありがとうございました。(F様)


【オーストラリア在住中に当選されたY様】-DV2005ご当選

インターネットでJINKENの存在を知り、去年初めて夫婦で申し込んでみました。初めてでは当たらないだろうと何年か続けて申請してみるつもりでいました。5月にJINKENから当選の知らせを受けた時には本当に本当に嬉しかったです。申請費用がこんなに安くて大丈夫かなとか、電話でのやりとりがなくメールだけのやりとりで安心だろうかなど、初めは色々心配がありましたが、いざJINKENとやりとりを始めてそんな不安は全部消えました。
当時私たちはオーストラリアに居てアメリカとは時差もかなりあったはずなのに、私たちの質問や悩みに対し、JINKENはいつも速やかに丁寧に対応してくれました。不安に思う事があっても直ぐに対応してくれるので、いつも安心してVISA申請を任せている事が出来ました。JINKENにお願いして本当に良かったと思っています。(Y.A様)

DV-2019アメリカ抽選永住権 スケジュールと要件

 

◆ DV-2019のスケジュール


DV-2019再実施の正式発表がありました(2017/10/17)。
DV-2019は、技術的なトラブルにより当初予定されていた10月3日からの日程をすべてキャンセルし、新たに10月18日を開始の日として、改めてDV-2019プログラムをスタートします。

_応募期間: 10月18日(水)正午~11月22日(水)正午(米国東部時間)
_当選結果発表: オンラインにて2018年5月15日に開始予定

*当社におけるお申込締切: 2017年11月15日23:59(日本時間)
弊社ご利用のお客様には、申請完了通知および当選結果を、ご登録のアドレスにEメールで差し上げます。もちろん、ご自身で確認することもできます。

*DV-2018アメリカ抽選永住権、ご当選者の方ですか?
当選後サポートをご希望の方はこちらから!

 

◆ DV-2019の申請要件

 

[要件1]抽選プログラムの対象国で生まれていること

日本で生まれた方は対象となります。
ご不安がある方は、ご自身の戸籍をご確認ください。「出生地」の記載がございます。

日本で生まれていない方でも、配偶者が日本を含む対象国で生まれている方、ご両親が対象国で出生されている方は、配偶者やご両親の資格により申請が可能です。

【 DV-2019抽選プログラム非対象国 】

以下の国でお生まれの方には、原則的には単独での申請資格が認められていません。ただし、例外があります。
バングラデシュ・ブラジル・カナダ・中国(本土生まれ)・コロンビア・ドミニカ共和国・エクアドル・エルサルバドル・ハイチ・インド・ジャマイカ・メキシコ・ナイジェリア・パキスタン・ペルー・フィリピン・韓国・イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム

<例外>香港・マカオ・台湾で出生された方は申請資格が認められます

 

[要件2]高等学校を修了していること

日本の小・中・高等学校の12年の教育課程を修了された方は、学歴の要件をみたします。
ただし、通信制高校等を修了後、4年制大学に入学されている方も要件をみたします。もしくは、一定の職業経験により学歴にかえて要件をみたす場合があります。

※申請資格についてご不安がある場合には、事務局までお問い合わせください。お気軽に!
【 i@jinken.com 】まで

 

グリーンカード取得代行、実際はどう?

米国永住権を確実に手に入れるためにするべきことを 当選した後の手続きを含めてシンプルにまとめてみました。

抽選永住権は50,000人の発給枠に対して、全世界で90,000人を超える当選者を出しています。 DV-2018においては115,968人、DV-2017では 83,910 人、DV-2016では91,563人、DV-2015では125,514人、DV-2014においては140,660人の当選者と、年によるばらつきがあります。
とは言うものの、50000人の枠以上に当選者を出しているのは、応募して当選はしたものの実際には永住しない方、手続きに不備があり移民ビザ却下となってしまう方も多いためです。

ですから、

  • 正確なデータ収集
  • 正確なデータにもとづく書類作成
  • 面接日のチェック
  • 面接時の書類準備
  • アメリカの住所等、生活基盤の確保

そして、それぞれの場面で期限に間に合うことが非常に大切になってきます。

とは言え、多くの方は当選してもお仕事や学校、子育てという現実の日常が進んでいらっしゃいます。永住に向けた意欲で満ちていたとしても、日々の活動と並行して準備をしなければならないというのは、思った以上に大変なことです。
渡米後はしばらく日本に戻らないことを考えると、日本に在住している間に片づけたいことも多いでしょう。

渡米後に充実した生活を送るためにも、グリーンカード取得までの手続きは JINKEN.COM【 DV申請代行スタンダードサービス 】をご利用ください!お客様の生活の大きなプラスとなるはずです。

そして、渡米後の生活をイメージしてみてください。
日本語が完璧に通じて、アメリカでの訴訟も数々こなし、しかも移民法をはじめとした法律問題に今このときも真正面から取り組んでいる弁護士が身近にいるという心強さ。
まさに安心した米国生活の下支えになると確信しています!!

DV申請代行サービスは…
【DV申請応募】および【DV当選後サポート(グリーンカードを取得するまでの手続き)】を網羅する、フルセット!!

お一人様の申請代行料金に、以下のサービスのすべてが含まれます。

【 DV申請応募 】

 _DV応募内容の確認
 _写真の確認と加工
 _DV応募
 _DV応募完了のお知らせメール
 _DV応募確認ページ(コンファメーションページ)の保管
 _当選後の「心構え下準備ページ」アクセスパスワード発行
 _当選確認
 _当落結果のお知らせメール

【 DV当選後のサポート 】

 _当選後の移民ビザ申請書類の作成・内容確認と提出
 _面接書類および翻訳文の準備
 _渡米までのスケジュールのコンサルティング
 _面接・入国審査のコンサルティング
 _日本米国その他の自治体や各機関への問合せ
 _当選後書類のアップデートや修正
 _必要に応じたお写真の加工
 _グリーンカード取得後の税務その他のご案内
 _再入国許可証やグリーンカードの記載訂正
 _その他、ご質問すべてへの回答

*なお、当選後書類を提出されたにもかかわらず、面接日時が設定されなかった場合には、翌年以降の弊社のDV申請サービスを大幅な割引価格でご利用いただけます。


くわしく流れを知りたい!

主役はいつも お客様ご自身です

スタッフのみの頑張りだけでは決して前進できません。
米国移住後の生活でも、政府や公共機関への書類提出は避けて通れない道です。
この機会に学ぶつもりで ご一緒に手続きを進めてまいりましょう!

  •  STEP1 お客様情報の登録 

    お客様情報の登録: 専用の登録情報フォームから、お客様情報の登録をします。

     

  •  STEP2 DVサービスお申し込み 

    DVアメリカ抽選永住権の代行申請サービスお申し込み:  次に、こちらから「お客様ページ」にログインをします。
    → ログイン後に「DV(米国抽選永住権)申請代行」の「サービスを申し込む」をクリック。お申し込み画面に移ります。
    → 画面の案内にしたがい、スタンダードサービスまたはエコノミーサービスを選びます。
    クレジットカードによるお支払が完了すると、お申し込みは完了です。

     

  •  STEP3 お写真の送付 

    デジタル写真の送付:  最後は、事務局にご本人様、およびご家族様のお写真を事務局にお送りください。お写真送付はこちらからもお送りいただけます。
    お写真の要件は、お支払完了時に自動送信されるeメールに詳しい情報がございます。ご不明な点等ございましたら、お気軽に事務局 までお問い合せください。

     

  • 申請完了画面をeメールで受取 

    事務局でのDV本申請: お客様情報を詳細に確認し、お写真を申請用に加工します。不明点や不備があれば、すぐにお客様にeメールにてご連絡いたします。
    すべての情報がととのいましたら、事務局にて本申請をします。
    無事に申請が完了しましたら、お客様個人の登録アドレスに、当選画面をPDFにてお送りいたします。また、弊社の「お客様ページ」にログインしますと、コンファメーションナンバー(DV申請の確認番号)を確かめることができます。

     

  •  当選結果通知をeメールで受取 

    当選確認と当落結果の通知:  当選発表日から数日内に、お客様個人のご登録アドレスに、事務局より当選結果の通知メールをお送りします。
    ご当選者には、弊社の当選後サービスのご案内を差し上げます。(ご利用されるかどうかは、完全に自由です。)

     

DV申請代行費用は?当選後手続き代行はいくら?


DV申請代行費用は、当選後のグリーンカード取得手続きもふまえてご検討ください!
お支払の際には、日本で発行されたクレジットカードでドル建てで自動決済されますので、ご安心ください。

DV-2019[アメリカ抽選永住権]代行申請 料金表

サービス名 サービス料金 サービス内容および当選後手続き 等
DV申請代行サービス
[スタンダード]
(1申請)
$129
銀行振込16,770円
独身の方、もしくは結婚していてもご自身の1通のみ申請したい方
(配偶者は併記しますので当選すれば二人とも永住権が取得できますが、当選確率は2倍になりません)。
当選後のグリーンカード取得サービスを含みます。
DV申請代行サービス
[エコノミー]
(1申請)
$78
銀行振込10,140円
当選された場合、永住権申請代行料$1,480~(既婚者の場合。お子様の 人数・年齢によります)が別途必要です。(もしくはご自身での手続き、または他の法律事務所等へのご依頼も自由です)
DV申請代行サービス
[スタンダード]
(夫婦申請)
$258
銀行振込33,540円
ご夫婦の場合のみ選択できます。
夫婦それぞれが主申請者となり、合計2通応募します。 夫婦のどちらかが当選しても、2人に永住権が与えられますので、当選確率が計算上2倍となります。
当選後のグリーンカード取得サービスを含みます。
DV申請代行サービス
[エコノミー]
(夫婦申請)
$156
銀行振込20,280円
ご夫婦の場合のみ選択できます。
当選された場合、$1,480~(お子様の人数・年齢によります)が別途必要です。(もしくはご自身での手続き、または他の法律事務所等へのご依頼も自由です)

DV申請代行サービスは…
【DV申請応募】および【DV当選後サポート(グリーンカードを取得するまでの手続き)】を網羅する、フルセット!!

お一人様の申請代行料金に、以下のサービスのすべてが含まれます。

【 DV申請応募 】

 _DV応募内容の確認
 _写真の確認と加工
 _DV応募
 _DV応募完了のお知らせメール
 _DV応募確認ページ(コンファメーションページ)の保管
 _当選後の「心構え下準備ページ」アクセスパスワード発行
 _当選確認
 _当落結果のお知らせメール

【 DV当選後のサポート 】

 _当選後の移民ビザ申請書類の作成・内容確認と提出
 _面接書類および翻訳文の準備
 _渡米までのスケジュールのコンサルティング
 _面接・入国審査のコンサルティング
 _日本米国その他の自治体や各機関への問合せ
 _当選後書類のアップデートや修正
 _必要に応じたお写真の加工
 _グリーンカード取得後の税務その他のご案内
 _再入国許可証やグリーンカードの記載訂正
 _その他、ご質問すべてへの回答

*なお、当選後書類を提出されたにもかかわらず、面接日時が設定されなかった場合には、翌年以降の弊社のDV申請サービスを大幅な割引価格でご利用いただけます。


【ご参考として】
弊社の当選後グリーンカード取得サービス料金は以下の通りです。(*DV-2018当選後手続きの場合。改定されることがございます。)

DV-2018当選後サポート 料金表

  1. 料金の種類
  2. クレジットカード決済
  3. 銀行振込
  4. お支払内容
基本料金
$980 USD
日本円で銀行振込可:108,000円
(税込)
当選者ご本人分
配偶者様料金
$500 USD
日本円で銀行振込可:52,000円
(税込)
配偶者様 追加申請分
6歳以上のお子様
$300 USD
日本円で銀行振込可:31,000円
(税込)
ご家族追加申請分(お一人様)
6歳未満のお子様
$100 USD
日本円で銀行振込可:11,000円
(税込)
ご家族追加申請分(お一人様)

上記の料金以外に、弊社オフィスをグリーカード(およびソーシャルセキュリティカード)送付先としてご指定された場合に、転送料として50ドル申し受けます。
出生証明書や卒業証明書等、各種証明書の取得費用、および、アメリカ大使館やアメリカ移民局(USCIS)への支払費用は、お客様のご負担となります。

※当選後の書類作成も とても重要です。MomsUSA以外でご当選された方も、ぜひご利用ください。

<MomsUSAご利用のご当選者様>
当社MomsUSAのDV申請代行サービス (エコノミーを除く)を利用して当選された方は、ご本人+ご家族のうち1名様までは無料でご利用できます。
ですので、お子様がいらっしゃる場合には、お子様の料金分だけ費用をご負担いただきます。ご注意ください。配偶者なしでご本人様とお子様だけの場合は、すべて無料です。

<Adjustment of Status(AoS)ご希望のご当選者様>
AOSの方への弊社サポートは、DS260の書類作成および提出、I-485の書類作成、面接での必要書類のご案内となります。労働許可申請や渡航許可申請もご希望の方は、弊社代表が所属するマーシャル・鈴木総合法律グループ(MSLG)へご紹介申し上げることも可能です。
Adjust of Status(AOS)による永住権取得をご希望の方は、お問い合わせください。
 MAIL: i@jinken.com まで。

<面接サポートのみご希望のご当選者様>
DS260の提出はご自身でなさった方で、その後の面接サポートのみ承ることも可能です。DS260の訂正やアップデートも行います。
_面接サポート:$480USD(ご家族全員含む)
_DS260訂正サポート:$300USD(ご家族全員含む)
各国の警察証明の取得や、大使館への問合せもサポートに含まれます。
出生証明書や卒業証明書等、各種証明書の取得費用、および、アメリカ大使館やアメリカ移民局(USCIS)への支払費用は、お客様のご負担となります。

【料金のお支払い方法】

Credit Card Processing

サービスご利用の際のお支払い方法は、ペイパル(PayPal)またはクレジットカード(Visa, Master, JCB)となっております。お客様のお支払情報を保護するために、ペイパル(PayPal)によるご請求を基本とさせていただきます。

また、ご希望により米国Union Bank of California 銀行および日本国内の三菱東京UFJ銀行への振り込みも承ります。ご希望の方は、事務局までご連絡ください。【 i@jinken.com 】まで

【 日本国内の銀行振込について 】

銀行振込の場合、以下の点にご了承いただきますように、お願いいたします。
_振込手数料はお客様のご負担となります
_クレジットカード決済に比べ、お手続きの時間がかかります

【オーダーミスのお取り扱い】

お客様の操作ミスにより送金金額を間違ってしまった等の場合につきましては、リファンド(返金)手数料として1オーダー当たり3ドルをいただき、ご返金いたします。
しかし、お客様のご都合によるオーダーのキャンセルは、オーダーいただきました時点から事務局での作業が発生するため、原則返金はいたしません。よくお考えになってからお申し込みくださいますように、お願いいたします。
但し、制度廃止による返金は手数料無しで全額を返金いたします。

FAQ よくある質問

  • Q 私は全く英語が話せないのですが、書類作成や面接は大丈夫でしょうか?
    A そもそもこの抽選永住権の目的は、”通常の審査基準では取得が困難な人たちにも米国永住の機会を与える”ということです。
    ですから、英語力がないからといって落とされることはありません。ましてや日本人の場合、高卒以上の学力を有している人であれば面接で不合格になるということはまずありませんので、どうぞご安心ください。
    もちろん、アメリカで実際に生活をして行くには英語力が確実に必要になってきます。語学力も磨かれることをおすすめいたします。

  • Q 当選した本人だけ永住権の取得申請をし、配偶者は辞退することができますか?
    Aはい、できます。当選後に、配偶者やお子様に永住権の取得辞退希望者がいらっしゃる場合には、「辞退」するというよりは「単に申請しない」ということで大丈夫です。
    ご家族のご事情がおありでしたら、手続きについて一度ご相談されることをおすすめします。

  • Q 数か月後に引越しすることが決まっている場合、DV応募はひかえた方がよいでしょうか?
    A当社サービスをご利用いただいた場合、DV申請時の書類等の郵送先をJINKEN.COMとして指定しますので、引越しなどの心配はご無用です。
    引越し・転職・就職・進学・結婚・離婚・出産・養子縁組、米国の出入国、その他海外渡航など、手続き中に変更がある場合には、その都度手続きが必要になることがあります。タイミングも大切になりますので、一度ご相談されることをおすすめします。

  • Q 現在日本でもアメリカでもない海外在住です。JINKEN.COMの当選後サポートを利用することはできますか?
    Aメールでのやりとりが可能であれば、世界のどこに住んでいらっしゃってもご利用可能です。
    移民ビザ発給後にグリーンカードを取得するため、いったん米国に入国し、その後に米国外に出国されたとしても、最終的にグリーンカード(場合により、ソーシャルセキュリティカード(SSN)も)はJINKEN.COM事務局より、お客様へ転送いたします。郵送の際には、どちらの住所にお送りすればよいか確認し、追跡のできる方法で確実にお送りしますので、ご安心ください。

  • Q 日本でも、面接で却下になる方はいらっしゃるのでしょうか?
    Aはい、残念ながら いらっしゃいます。
    諸外国に比べ、ビザ却下の数は非常に少ないですが、毎年ゼロではありません。さいわいJINKEN.COMでは、開設当初から却下になった方はいらっしゃいません。
    大使館面接でビザ却下や追加手続になった場合には、その後の米国入国に支障が出てくることが少なくありません。ですので、JINKEN.COMでは、お客様お一人おひとりに対し、非常に細やかに対応させていただいております。今後も、この姿勢に変更はありません。
    特に、DV申請時の不備は、後日の訂正が極めて難しいものもございます。申請時こそ、細心の注意を払っていただきたいと思います。

  • Q 移民ビザの発給の可否を決めるのは誰ですか?
    Aビザを発給するかどうかを最終的に決定するのは、アメリカ大使館の領事官です。
    また、移民ビザが発給され渡米したときには、米国入国時にはアメリカ合衆国国土安全保障省(The Department of Homeland Security)およびアメリカ合衆国税関・国境警備局(U.S. Customs and Border Protection (CBP))による入国審査を受ける必要があります。
    当選後の書類作成、面接書類の準備、大使館での移民ビザ発給、その後の入国管理局による審査など、ハードルはいくつもあります。JINKEN.COMでは、お客様とともに、一つひとつをクリアして行くことをお約束します。

  • Q DV申請をして、もしも当選した場合に、すぐに移住することはできません。何か方法はありませんか?
    A2年以上の長期にわたって米国を不在にするのであれば、「再入国許可証(Re-entry Permit)」を取得されることをおすすめいたします。書類提出や指紋採取は米国で行う必要がありますので、スケジュール調整は必要になります。弊社でもサポートを行っておりますので、その際にはご相談いただければと思います。

  • Q アメリカの永住権を取得することは、日本国籍でなくなるという意味でしょうか?
    Aいいえ、日本国籍に変更はございません。永住権を得て数年経過すると、「アメリカ市民権」の取得申請をできるようになります。アメリカの市民権=アメリカ国籍となりますが、それが直ちに日本国籍の離脱につながるというものでもございません。(こちらは、複雑な法律問題や外交問題が絡みます)

  • Q 永住権が不要になり、日本に帰国することになった場合にどのようになりますか?
    A「アメリカ永住権の放棄」という手続きがあります。納税の義務などは、世界のどこにいても発生するものですので、確実に永住権を放棄する意思があるのであれば、放棄手続きをきちんと取られることをおすすめいたします。

  • Q 私はクレジットカードを持っていません。銀行振込による支払いではだめでしょうか?
    A可能です。 お問い合わせの際に、銀行振込をご希望の旨をお伝えください。

重要な注意事項

◆ DVの当選は、永住権取得を確約するものではありません!!

DV-2014の場合、50,000の発給枠は9月の中旬にいっぱいとなりました。DV-2015でも、ご当選者のうち約半数の方は、面接に進むことができません。
残念ながら、今回もその可能性は否定できません。

実際、アジア地域のうち、どの程度の方々が当選後の書類を提出されるのか、面接に出向かれるのか、面接の結果移民ビザの発行を受けられるのかなど、とても複雑な事情が関係して、その年度のDV移民ビザの発行状況が決まって行きます。予測は極めて困難と申し上げなければなりません。

とは言え、取得期間や費用・手続きの面からも、DV当選はアメリカ永住権取得の最も近道であると言ってよいと思います。

なお、過去5年間に一定の移民を米国で受け入れた場合には、その後DVプログラムの対象国から外されることになっています。

当選後の書類であるDS260フォームを提出しますと、アメリカ政府に対し移民を希望する意思(「移民の意思」)を示したことになります。DS260を提出したものの、ケースナンバーが進まず、最終的に移民ビザ(グリーンカード)を取得できなかった場合には、その後に非移民ビザ申請する場合に、移民する意思がないことを証明する必要があります(非移民ビザが取得できない、ということではございません)。

しかしながら、ビザ免除プログラムの条件を満たし、ESTAが許可された方であれば、ケースナンバーが進まず期限切れとなった場合でも、ビザ免除プログラムを利用して渡米が可能です。もちろん、通常の渡航者と同様に、移民局による入国審査を受ける必要がありますので、米国入国が確約されるものではありません。

また、DV当選者向けのインストラクションには、随所に以下の注意事項が示されています。

【Important Applicant Notice】
Based on U.S. law, not everyone who applies for a visa will be found eligible to come to the United States. There are a number of possible reasons why someone might not qualify for a visa. The circumstances of each case are different. Approved visas generally are not available on the day of interview.
It is important that you do not make arrangements such as selling your house, car or property, resigning from your job or making non-refundable flight or other travel arrangements until you have received your immigrant visa.

(事務局の訳文)
【申請者への重要な注意事項】
アメリカ法にもとづき、ビザ申請したすべての方が米国への入国資格を得られるわけではございません。ビザを取得できない理由としては、様々な原因が考えられます。また個々のケースごとに、状況が異なります。ビザが許可された場合でも、通常、面接当日にビザを受け取ることはできません。
移民ビザを取得する以前に、家・自動車などの財産を売却したり、離職したり、払戻のできないフライトやその他の予約をすることは避けてください。

【JINKEN.COMご利用のお客様の場合】
JINKEN.COMをご利用のお客様が、DS260を提出したにもかかわらず、ケースナンバーが該当せずに面接に進めなかった場合、翌年のDV応募時に、MomsUSAのDV応募【スタンダードサービスご利用】を無料にてご提供いたします(主申請者様に限る)。
当選された場合には、主申請者様の当選後サポート代金は全額無料となります。

◆ DV応募に関する詐欺にご注意ください!!

DVに応募して間もない時期から「当選しました!」という一文に加えて、以下のように続きます。
信じてしまうポイントは、
 〇氏名が特定されていて、スペルに誤りがない
 〇出生国などが記載されている場合がある
 〇すべて英語の文書である
 〇ところどころに、「米国務省」など政府機関を思わせる文言がある
などが挙げられるでしょう。

そして、期日を限定してキャッシュを要求した上で、振込先と金額を提示してきます。支払が完了すれば移民ビザが保証されるなど、誘導するための様々な文言が並びます。

「ちょっと変だな?」と思ったら、振込む前に事務局までご一報を!
【 i@jinken.com 】まで

DV【米国抽選永住権】申請代行申込み/お問合せ

【お問合せ】は i@jinken.com まで。

▼お名前はニックネームでもOK
▼メールアドレスやメールの受信設定にはご注意ください!(@jinken.comが受信できるようにドメイン名指定受信をご確認ください。)
お問い合わせは、お気軽にどうぞ!
2日たっても事務局からの返信がない場合には、メールが不着であることが考えられます。
再度ご連絡いただくか、別アカウント(別のeメールアドレス)からご連絡くださいますように、お願い申し上げます。

【お申込み】DV応募をご希望の方は、DV代行申請サービス画面から通年エントリーできます。

DV申請代行サービスは…
【DV申請応募】および【DV当選後サポート(グリーンカードを取得するまでの手続き)】を網羅する、フルセット!!

お一人様の申請代行料金に、以下のサービスのすべてが含まれます。

【 DV申請応募 】

 _DV応募内容の確認
 _写真の確認と加工
 _DV応募
 _DV応募完了のお知らせメール
 _DV応募確認ページ(コンファメーションページ)の保管
 _当選後の「心構え下準備ページ」アクセスパスワード発行
 _当選確認
 _当落結果のお知らせメール

【 DV当選後のサポート 】

 _当選後の移民ビザ申請書類の作成・内容確認と提出
 _面接書類および翻訳文の準備
 _渡米までのスケジュールのコンサルティング
 _面接・入国審査のコンサルティング
 _日本米国その他の自治体や各機関への問合せ
 _当選後書類のアップデートや修正
 _必要に応じたお写真の加工
 _グリーンカード取得後の税務その他のご案内
 _再入国許可証やグリーンカードの記載訂正
 _その他、ご質問すべてへの回答

*なお、当選後書類を提出されたにもかかわらず、面接日時が設定されなかった場合には、翌年以降の弊社のDV申請サービスを大幅な割引価格でご利用いただけます。


会社概要/法定表記/プライバシーポリシー

会社概要および法定表記

名  称 Jinken.com, Inc.
準拠法 米国カリフォルニア州に於ける株式会社
所在地 150 Spear Street, Suite 725, San Francisco, California, 94105
代表者 弁護士 鈴木 淳司
業務内容 個人および法人向けインターネットを利用したオンライン法務サービスの提供
オフィス所在地 150 Spear Street, Suite 725, San Francisco, California, 94105MAP
(マーシャル・鈴木総合法律グループ内)
sfoffice
URL http://www.jinken.com/
事務局 メールでのお問い合わせ
i@jinken.com
電話/FAX TEL:+1-877-613-3159 FAX:+1-650-636-9470
※電話でのサポートは行っておりません。メールまたはFAXでお願いいたします。
注文受付方法 申込フォームもしくは電子メール (いずれかを注文ページに記載)
サポート QA集および電子メール
返品/交換 サービスの供与のため返品の概念はありません
返金 当方のミス以外による返金はいたしかねます。しかし複数オーダーしてしまった場合の重複分につきましては、クレジットカード及び小切手の場合はリファンド手数料$3を差し引いた金額を、銀行振込の場合は振り込み手数料を差し引いた金額を返金いたします。 但し、制度廃止による返金は手数料弊社負担で全額返金いたします。
瑕疵担保責任 お客様の情報提供に原因がある場合は免責させていただきます。当方のミスに依る場合は正しい情報に則り再提供をします。
支払方法 クレジットカード、PayPal、米国の金融機関で有効な小切手、もしくは日本の金融機関への銀行振込

プライバシーポリシー

基本的な考え方 JINKEN.COMでは、オンラインにおけるお客様のプライバシーを尊重するために、お客様の身元を明らかにするような情報(「個人情報」)を適切に管理し、十分に保護する努力をしています。
このオンラインプライバシーに関するポリシーは、お客様の個人情報がJINKEN.COMでどのように扱われているかをご理解いただくために導入されました。

個人情報とは、お名前、自宅および会社の住所、メールアドレスなどの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。通常は、お客様は、ご自身の個人情報を一切明かすことなくJINKEN.COMのウェブサイトにアクセスすることができます。

お客様がウェブ上で個人情報を提供してくださった場合、その情報はJINKEN.COMの内部、またはJINKEN.COMと提携している他のサービスプロバイダに転送されることがあります。転送先は、お客様の居住なさっている国や地域に限らず、世界中の他の国も含まれます。

JINKEN.COMでは、プライバシー保護に関して、世界中のあらゆる法律に従うべく努力をしています。国によって法的条件が異なる上、前述のようにお客様の個人情報が他の国に転送される際、個人情報の保護が「十分な」水準に達していない国が転送先となることもありますが、JINKEN.COMは、このオンラインプライバシーに関するポリシーで定めている原則を厳守する考えです。つまり、お客様の個人情報が回収、転送、保存される場所や国がどこであろうと、一貫して情報を保護することが目標です。
クッキーおよびその他の追跡技術

JINKEN.COMのサイトには、「クッキー」などの追跡技術を使用しているページがあります。「クッキー」は小さなテキストファイルで、ウェブサイトで行った作業に関する情報などを回収するために使われます。クッキーなどの追跡技術の中には、ウェブユーザが以前に提供した個人情報を記憶するものもあります。お使いのブラウザの設定を変更することにより、クッキーを許可するかどうか、また、どのようにクッキーを除去するかなどを選択できます。

ブラウザの設定により、クッキーが送信されてきたことを通知したり、クッキーを受け取らないようにブロックすることもできます。ただし、クッキーの除去やブロックを選択した場合には、ユーザIDとパスワードを再度入力しないとアクセスできないページもあるのでご注意ください。

追跡技術によって記録される可能性がある情報には、ドメイン名とホスト名、インターネットプロトコル(IP)アドレス、ブラウザとOSの種類、クリック順序、サイトにアクセスした日時などがあります。クッキーその他の追跡技術を使用する目的は、サイトを改善し、快適なアクセスを可能にすることです。また、個人情報を含まないデータについても、アクセス状況の傾向や統計の分析に使用することがあります。

JINKEN.COMでは、プライバシー保護のために次のような原則に従っています。
通知 ウェブ上で個人情報を記入していただくページには、必ず目的を明記し、なぜ個人情報が必要なのか、個人情報はJINKEN.COM以外の外部やJINKEN.COMと提携している組織にも渡されるかどうかをお知らせしています。お客様の同意なしに、JINKEN.COMの代理である組織以外の第三者に個人情報を転送することはありません。ただし、法的に必要な場合を除きます。
選択

JINKEN.COMに個人情報を提供するかどうかは、お客様自身が選択できます。個人情報を記入していただくページまたはメールには、必ず目的が明記されていますので、それをもとに情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。個人情報をご提供いただけない場合も、引き続きほとんどのJINKEN.COMのウェブサイトにアクセスいただけますが、お客様とのインタラクションが必要なオプションやサービスにはアクセスできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

お客様が契約、取引、提携などの形でJINKEN.COMと業務上の関係を結んだ場合、その関係の枠内でお客様への連絡が継続します。

セキュリティ JINKEN.COMでは、提供していただいた個人情報がJINKEN.COMの内部またはJINKEN.COMの代理組織のどちらで保存されるかに関わらず、権限のないアクセスや開示から情報を保護するために十分な措置を取っています。
アクセス権/正確さ お客様から個人情報を提供していただく際は、できるだけ正しい情報を維持していきたいと考えています。そのため、個人情報を記入するページには、情報をご自身で更新または訂正していただくためのツールを用意する所存です。ツールが用意されていなかったり、使用できなくなっている場合には、訂正内容を JINKEN.COM事務局にお送りいただければ、こちらでできるだけ早く個人情報に変更を反映いたします。
URL http://www.jinken.com/
第三者によるサービス

JINKEN.COMのサイト上には、JINKEN.COMの代理として第三者が提供しているサービスもあります。プログラムや製品、情報、サービスの提供を援助してもらうために、JINKEN.COMが外部のサービスプロバイダに個人情報を含むデータを提供することがあります。これらのサービスプロバイダは、JINKEN.COMのウェブサイトおよびメーリングリストを維持していく上で欠かせないパートナーです。JINKEN.COMでは、サービスプロバイダがJINKEN.COMに代わって個人情報を保護する義務を負うよう適切な措置を取っていく所存です。

JINKEN.COMは、お客様の同意なしに、JINKEN.COMの代理である組織以外の第三者に個人情報を転送することはありません。ただし、法的に必要な場合を除きます。同様に、オンラインで回収した個人情報を同意なしに売却することはJINKEN.COMのポリシーに反しています。

子供のプライバシー JINKEN.COMは子供向けに作られたサイトではありません。そのため、13才未満であることがわかった場合、そのお客様から個人情報を入手することはありません。
注文受付方法 申込フォームもしくは電子メール (いずれかを注文ページに記載)
取り組み

.COMは、プライバシーの問題に真剣に取り組み、オンライン・プライバシー・アライアンスのメンバーとして、インターネット上の個人情報の保護についてコンピュータ業界が行っているさまざまな取り組みに積極的に参加し、そのような活動を支援しています。オンラインでのプライバシー保護は新しい問題で、十分な議論が尽くされているわけではありません。JINKEN.COMのウェブサイトは、変化する要求に合わせて、個人情報の保護に向けて今後とも努力をしていく所存です。

オンラインプライバシーに関するポリシーについてのご意見やご質問は、JINKEN.COM事務局にお寄せください。今の時点で完璧なプライバシー保護を保証することはできませんが、ご意見はできるだけ迅速に取り入れ、改善に役立ててまいります。

お客様の同意

お客様は、このウェブサイトをご利用になることで、オンラインプライバシーに関するポリシーの内容に同意し、個人情報が上記の目的および個人情報記入ページで説明されている目的に従って処理されることに同意したことになります。オンラインプライバシーに関するポリシーが変更された場合は、変更内容を十分な期間にわたってウェブサイトに掲示し、確実にお客様にお知らせするよう努力いたします。