アメリカ就労ビザ新規申請の再開-H,J,Lビザ

空港これからアメリカへ

じんけんニュース 04-09-2021 弁護士 鈴木淳司

アメリカ就労ビザ新規の申請再開
April 9, 2021

 前大統領が、コロナの影響から米国の労働市場を守るという名目で、新規H,J,およびLビザの発給を停止していました。大統領令10052号です。この大統領令は、バイデン現大統領が就任したときに、直ちに変更はされませんでした。前大統領による10052号は、2021年3月31日に失効することとなっていましたが、更新はされずに、本大統領令は失効しました。

現実のビザ手続き再開は段階的

 ただ、大統領令が失効したからといって、自動的にすぐに申請が審査されるわけではなく、段階的に再開されるということになっています。そのため、各大使館、領事館での対応はまちまちになっています。

 在東京のアメリカ大使館では「2021年2月24日より、東京米国大使館はBビザを除く全ての非移民ビザサービスと移民ビザサービスを再開しました。」というメッセージを出していますが、現状でも徐々に申請を受けていて、面接等の日時もまだ限られている状況ではあります。

とにかく、大統領令が失効したので、すでに止まっている申請は優先して審理される方向ということです。

本大統領令によって、申請が止まってしまったケースでは、再度インタビューなどを設定できるように順次なっています。また、申請が不受理のケースについては、再度申請を行うということで対応するように促されています。

大統領令10052は2021年3月31日で失効

アメリカ国民へのサービス優先

大使館、領事館は、ビザのサービスだけではなく、アメリカ国民に対しての様々なサービスを提供しています。たとえば、パスポート関係、公証関係などでしょうか。
そして、このようにアメリカ国民の利益にかかわる部署を優先的にもとの状態に戻す、という方針のようですので、各大使館、領事館の対応はまちまちになるということです。

Aさんは申請できたのに、Bさんはまだ申請が受理されないという事態も十分に発生しますので、必ず、ビザの新規申請をする場合には、どの大使館、領事館に申請をし、その審理状況はどのようになっているのか、必ず前もって確認してください。

面接日程はまだ限定的

ビザの更新については、今まで通り対応はなされていますが、新規ビザについては、かなりの数の申請が滞っていたことになります。

したがって、審査に時間がかかりますし、インタビューについても、日程的にあまり用意されていない状況ではあります。少なくとも業務は再開されたというのは非常に良いニュースではあります。

ただ、アメリカ入国、日本入国ではコロナの陰性証明が要求されている段階ですし、ワクチンがどの程度普及するかという点が大きく影響するとは思いますが、夏くらいには通常のビザ業務に戻るのではないかと期待しています。

次回また新しいトピックを考えていきましょう。

関連記事

グリーンカードDV2020/DV2021対象の入国禁止大統領令が延長
A Proclamation on Revoking Proclamation 10014(大統領令10014号を撤回する大統領令 White House)


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

作成者: jinkencom

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。