グリーンカードDV2020/DV2021対象の入国禁止大統領令が延長

空港これからアメリカへ 空港で足止め

DV2020/DV2021当選者は、一定の手続きを経てアメリカの永住権(グリーンカード)を取得できます。
まず、おおまかに手続きの流れを把握しましょう。

DV移民ビザとアメリカ入国審査

その一つに、各国のアメリカ大使館で面接して取得したDV移民ビザを持って、アメリカの空港で入国審査を受ける手続きがあります。
新型コロナウィルス感染拡大を受けて、トランプ大統領がそれらDV移民ビザでの入国を禁止する大統領令を発布しました(10014/10052)。

入国禁止を定めた当初の大統領令は、2020年12月31日に失効する予定でした。
最初は4月23日発行で6月に失効予定でしたが、その後6月に年末まで延長を決めていたためです。

したがって、DV2020当選者で4月23日よりも前にDV移民ビザを取得した方は、コロナ対策を徹底的に取りつつですが、渡米および入国審査を経て、グリーンカード取得ができております。

ところが、2020年12月29日づけで、Federation for American Immigration Reform (FAIR)より、トランプ大統領に対して、上記の入国禁止の大統領令を米国市民の雇用を守るために延長すべきとのレターが送られました。


延長された大統領令-ホワイトハウス公式ページより

Proclamation on Suspension of Entry of Immigrants and Nonimmigrants Who Continue to Present a Risk to the United States Labor Market

米国の労働市場を脅かし続ける移民および非移民の入国停止に関する大統領令

出典:https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/proclamation-suspension-entry-immigrants-nonimmigrants-continue-present-risk-united-states-labor-market/

Issued on: December 31, 2020

2020年12月31日発行

2020年4月22日の大統領を延長

In Proclamation 10014 of April 22, 2020 (Suspension of Entry of Immigrants Who Present a Risk to the United States Labor Market During the Economic Recovery Following the 2019 Novel Coronavirus Outbreak), I suspended, for a period of 60 days, the entry of aliens as immigrants, subject to certain exceptions.  

2020年4月22日発行の大統領令10014号(新型コロナウイルス感染拡大後の景気回復期に米国労働市場を脅かす移民の入国停止)では、一定の例外を設け、60日間、移民である外国人の入国を一時停止した。

In Proclamation 10052 of June 22, 2020 (Suspension of Entry of Immigrants and Nonimmigrants Who Present a Risk to the United States Labor Market During the Economic Recovery Following the 2019 Novel Coronavirus Outbreak), I determined that the considerations present in Proclamation 10014 remained, and I extended the suspension of entry imposed in Proclamation 10014 through December 31, 2020. 

2020年6月22日発行の大統領令10052号(新型コロナウイルス感染拡大後の景気回復期に米国労働市場を脅かす移民と非移民の入国停止)で私は、大統領令10014号で懸念していた事項が残っていると判断し、大統領令10014号で課した入国の一時停止を2020年12月31日まで延長した。

非移民ビザプログラムも制限対象

I further noted that the Secretary of Labor and the Secretary of Homeland Security had reviewed nonimmigrant programs and found that the admission of workers within several nonimmigrant visa categories also posed a risk of displacing and disadvantaging United States workers during the economic recovery following the COVID-19 outbreak.

私はさらに、労働長官と国土安全保障省長官が非移民プログラムを見直し、いくつかの非移民ビザカテゴリーの労働者の入国が、COVID-19感染拡大後の景気回復期に、米国の労働者の地位を奪い、不利益を与える危険性があると指摘した。

  Consequently, I suspended, through December 31, 2020, the entry of any alien seeking entry pursuant to certain nonimmigrants visas, subject to certain exceptions.

その結果、私は、2020年12月31日まで、特定の非移民ビザに基づいて入国を求める外国人の入国を特定の例外を除き一時停止した。

失業率は依然として高いまま

The 2019 Novel Coronavirus (COVID-19) continues to significantly disrupt Americans’ livelihoods.  While the November overall unemployment rate in the United States of 6.7 percent reflects a marked decline from its April high, there were still 9,834,000 fewer seasonally adjusted nonfarm jobs in November than in February of 2020.

新型コロナウイルス(COVID-19)によって、米国人の生活は大きく混乱し続けている。
11月の米国全体の失業率は6.7%であり、4月の最悪のときは脱しているものの、11月の季節調整済み非農業部門の雇用は、2020年2月に比べて9,834,000件減少している。

ワクチン接種開始後も今のところ影響は微細

The effects of COVID-19 on the United States labor market and on the health of American communities is a matter of ongoing national concern, and the considerations present in Proclamations 10014 and 10052 have not been eliminated.  The current number of new daily cases worldwide reported by the World Health Organization, for example, is higher than the comparable number present during June, and while therapeutics and vaccines are recently available for an increasing number of Americans, their effect on the labor market and community health has not yet been fully realized.  Moreover, actions such as States’ continued imposition of restrictions on businesses still affect the number of workers that can be hired as compared with February of 2020.

COVID-19が米国の労働市場および地域社会の公衆衛生に及ぼす影響は、継続的な国家的関心事であり、大統領令10014号および10052号に示されている懸念事項は排除されていない。

例えば、WHO(世界保健機関)によって報告されている現在の世界の1日あたりの新規感染者数は、6月中の同数よりも多く、治療薬やワクチンが最近、より多くのアメリカ人のために利用できるようになったものの、労働市場や公衆衛生に対するそれらの影響はまだ完全には現実のものになっていない。

さらに、州がビジネスの制限を課し続けているような措置は、2020年2月と比較しても雇用可能な労働者数に影響を与えている。

パンデミックに対応するために延長は適切

Given these factors, an extension of Proclamations 10014 and 10052 is appropriate as the President continues to monitor the effects of the COVID-19 pandemic and assess whether a further continuation, modification, or termination of Proclamations 10014 and 10052 is warranted.

これらの要因を考慮すると、大統領がCOVID-19パンデミックの影響を監視し続け、大統領令10014号および10052号のさらなる継続、修正、または終了が必要かどうかの評価を保証(正当化)するために、大統領令10014号および10052号の延長は適切である。

NOW, THEREFORE, I, DONALD J. TRUMP, President of the United States, by the authority vested in me by the Constitution and the laws of the United States of America, including sections 212(f) and 215(a) of the Immigration and Nationality Act (INA) (8 U.S.C. 1182(f) and 1185(a)) and section 301 of title 3, United States Code, hereby find that the entry into the United States of persons described in section 1 of Proclamation 10014, except as provided in section 2 of Proclamation 10014, and persons described in section 2 of Proclamation 10052, except as provided for in section 3 of Proclamation 10052 (as amended by Proclamation 10054 of June 29, 2020 (Amendment to Proclamation 10052)), would be detrimental to the interests of the United States, and that their entry should be subject to certain restrictions, limitations, and exceptions.  I therefore hereby proclaim the following:

したがって、私、ドナルド・J・トランプ アメリカ合衆国大統領は、憲法およびImmigration and Nationality 法(INA)(8 U.S.C. 1182(f)および1185(a))の第212条(f)および第215条(a)を含むアメリカ合衆国の法律、および合衆国法 Title 3, 第301条によって私に与えられた権限によって、ここに、大統領令10014号の第1項に記載された者(大統領令10014号の第2項に規定されている場合を除く)、および大統領令10052の第2項に記載された者(大統領令10052の第3項に規定されている場合を除く)の米国への入国は、米国の利益を害する可能性があり、入国には一定の制限、限定、および例外が適用されるべきと見いだすものである。 よって、私はここに次のことを宣言する。

改正点-10014号

Section 1.  Continuation of Proclamation 10014.  Section 4 of Proclamation 10014 is amended to read as follows:

Section 1. 大統領令10014号の継続。 大統領令10014号の第4項を次のように改正する。

“Sec. 4.  Termination.  This proclamation shall expire on March 31, 2021, and may be continued as necessary.  Within 15 days of December 31, 2020, and every 30 days thereafter while this proclamation is in effect, the Secretary of Homeland Security shall, in consultation with the Secretary of State and the Secretary of Labor, recommend any modifications as may be necessary.”

“Sec. 4. 終了。 この大統領令は2021年3月31日に終了するものとし、必要に応じ継続することができる。 2020年12月31日から15日以内に、その後この大統領令が有効な間は30日ごとに、国土安全保障長官は、国務長官および労働長官と協議の上、必要に応じて修正を勧告するものとする。”

改正点-10052号

Sec. 2.  Continuation of Proclamation 10052.  Section 6 of Proclamation 10052 is amended to read as follows:

Sec. 2. 大統領令10052号の継続。 大統領令10052号の第6項を次のように改正する。

“Sec. 6.  Termination.  This proclamation shall expire on March 31, 2021, and may be continued as necessary.  Within 15 days of December 31, 2020, and every 30 days thereafter while this proclamation is in effect, the Secretary of Homeland Security shall, in consultation with the Secretary of State and the Secretary of Labor, recommend any modifications as may be necessary.”

“Sec. 6. 終了。この大統領令は2021年3月31日に終了するものとし、必要に応じて継続することができる。 2020年12月31日から15日以内、およびこの大統領令が有効である間、その後30日ごとに、国土安全保障長官は、国務長官および労働長官と協議して、必要に応じて修正を勧告するものとする。”

一部条項が無効になっても他には影響なし

Sec. 3.  Severability.  It is the policy of the United States to enforce this proclamation to the maximum extent possible to advance the interests of the United States.  Accordingly:

第3条 分離可能性(Severability)。 米国の利益を促進するために可能な限り最大限の範囲でこの大統領令を執行することは、米国の政策である。 したがって、

(a)  if any provision of this proclamation, or the application of any provision to any person or circumstance, is held to be invalid, the remainder of this proclamation and the application of its provisions to any other persons or circumstances shall not be affected thereby; and

(a) この大統領令のいずれかの条項が無効であるとされた場合、またはいずれかの人もしくは状況に対するいずれかの条項の適用が無効であるとされた場合においても、この宣言の残りの部分及びその他の人もしくは状況に対するその条項の適用は、それによって影響を受けないものとする。また、

(b)  if any provision of this proclamation, or the application of any provision to any person or circumstance, is held to be invalid because of the lack of certain procedural requirements, the relevant executive branch officials shall implement those procedural requirements to conform with existing law and with any applicable court orders.

(b) この大統領令のいずれかの規定、またはいずれかの人や状況への規定の適用が、特定の手続き上の要件を欠いているために無効と判断された場合、関連する行政府の職員は、現行の法律および適用される裁判所の命令に適合するように、これらの手続き上の要件を実施しなければならない。

この大統領令は独立している

Sec. 4.  General Provisions.  (a)  Nothing in this proclamation shall be construed to impair or otherwise affect:

Sec. 4. 総則。 (a) この大統領令のいかなる規定も、以下に掲げるものを害するものとして、またはその逆に影響を与えるものとしても解釈されるべきでない。

(i)   the authority granted by law to an executive department or agency, or the head thereof; or

(i)  行政機関またはその長に対して法律上認められた権限

(ii)  the functions of the Director of the Office of Management and Budget relating to budgetary, administrative, or legislative proposals.

予算、行政、または立法案に関係する管理や予算の執務機関の長が持つ機能

(b)  This proclamation shall be implemented consistent with applicable law and subject to the availability of appropriations.

(b) この大統領令は、適用される法律に沿って、歳出配分承認の範囲内で執行されるものとする。

(c)  This proclamation is not intended to, and does not, create any right or benefit, substantive or procedural, enforceable at law or in equity by any party against the United States, its departments, agencies, or entities, its officers, employees, or agents, or any other person.

(c) この大統領令は、米国、その省庁、機関、または団体、その役員、従業員、または代理人、または他のいかなる人物に対しても、いかなる当事者も、法律またはエクイティで強制執行可能な、実質的または手続き的な権利や利益を創出することを意図されたものではなく、また、創出しない。

IN WITNESS WHEREOF, I have hereunto set my hand this thirty-first day of December, in the year of our Lord two thousand twenty, and of the Independence of the United States of America the two hundred and forty-fifth.

DONALD J. TRUMP

これを証するため、私は、西暦2020年12月31日、そしてアメリカ合衆国独立の245年目、ここに署名した。

ドナルド=トランプ

*上記はJINKEN.COM事務局の日本語翻訳です
*見出しは読みやすくするために事務局で追記しています


関連記事

DV2020移民ビザ-入国禁止の大統領令延長(2021.1.3)

DV2020の方対象のアメリカ入国禁止-大統領令10014