空港これからアメリカへ 空港で足止め

DV2020移民ビザ-入国禁止の大統領令延長

大変残念なお知らせですが、グリーンカード抽選DV2020(DV2021)当選の方々が対象になっている大統領令が、2020年12月31日に延長になりました。具体的には、主に10014および10052号です。

大統領令はこちらから
Proclamation on Suspension of Entry of Immigrants and Nonimmigrants Who Continue to Present a Risk to the United States Labor Market

実際に延長が正式に発効する前の数時間のうちに、アメリカ入国ができた方もいらっしゃるかもしれませんが、非常に限定的です。

もしもアメリカ渡航をお考えの方は、入国拒否の対象にならないように、手立てを打ってください。

・本文中P10014がDV2020の当選者の方々に該当するもので、何らかの例外事項に該当しない限りは入国ができません。

・2021年3月31日が期限ですので、バイデン大統領の就任により手が打たれること、かつ、そもそも雇用が復活しない原因になっているコロナウィルス感染拡大が収束に向かうことが前提です。非常に厳しい状況です。

引き続き、移民関連の動きに注目してまいりますが、弊社サポートをご利用なさっている方を最優先にして情報提供と対策等の情報交換を行っております。ご了承ください。

そもそも入国禁止の大統領令とは?

2020年4月23日に発行したものが最初ですが、その後も6月に追加の大統領令が出ています。

国務省の対応についてはこちらから

国務省によるのDV2020アップデートのページを全文日本語に翻訳しています。
この対応が、2021年3月31日まで続くことになります。


関連記事