DV2020の方対象のアメリカ入国禁止-大統領令10014

空港これからアメリカへ

National Interest Exceptions to Presidential Proclamations (10014 & 10052) Suspending the Entry of Immigrants and Nonimmigrants Presenting a Risk to the United States Labor Market During the Economic Recovery Following the 2019 Novel Coronavirus Outbreak

Last Updated: August 12, 2020

https://travel.state.gov/content/travel/en/News/visas-news/exceptions-to-p-p-10014-10052-suspending-entry-of-immigrants-non-immigrants-presenting-risk-to-us-labor-market-during-economic-recovery.html

■大統領令10014 および10052

この大統領令により、いくつかの例外を除き、就業ビザや移民ビザでのアメリカ入国ができなくなりました。

H-1bビザ、L-1ビザなど、日本人にも直接影響がある就業ビザもターゲットになっています。コロナウィルス感染拡大によって、アメリカ国内での失業者が急増。米国内の雇用を守るためという名目で、トランプ大統領はこの大統領令を発行しました。

報道等でもご存知の通り、解雇の自由があるアメリカですので、失業率は空前の率にのぼっています。アメリカ市民の雇用を優先するという論理は、確かに通っているとも言え、議論があるところではあります。

Applicants for immigrant visas covered by Presidential Proclamation 10014, as extended by P.P. 10052, including Diversity Visa 2020 (DV-2020) applicants, who have not been issued an immigrant visa as of April 23, are subject to the proclamation’s restrictions unless they can establish that they are eligible for an exception.  No valid visas will be revoked under this proclamation.

https://travel.state.gov/content/travel/en/News/visas-news/exceptions-to-p-p-10014-10052-suspending-entry-of-immigrants-non-immigrants-presenting-risk-to-us-labor-market-during-economic-recovery.html

グリーンカードDV抽選永住権にも影響があります。
2020年4月23日までにDV移民ビザを取得していない申請者は、他の例外事項に該当しない限り、この大統領令に当てはまります。

つまり、4月24日以降に発行されたDV移民ビザでは、たとえば家族が米国市民(米国籍者や永住権者)であるなどの事情がない限りは、アメリカ入国が認められません。

アメリカ入国ができないということは、つまり、入国審査を受けられないということです。

グリーンカード(アメリカの永住権の通称、正式にはI-551)は、米国外のアメリカ大使館もしくはアメリカ領事館で移民ビザを取得し、さらにその移民ビザで入国審査を経て、はじめて発行になります。入国審査を終えれば、晴れてその場で永住権者となります。

ちなみに、入国審査というと大袈裟ですが、空港によってはブースで立ちっぱなしで多少の確認事項を行う場合もあるくらいに、あっけない場合もあります。通常は別室に通され、そこでパケットの確認、身分証の確認、指紋採取や質問を経て、グリーンカードの送り先(これは米国内の住所に限定されます)を確認して終了です。

ただ、何らかのバックグラウンドチェックが入ると、途端に状況は一変します。数時間の留め置きや、調査のための待機など、様々です。

米大使館や領事館では、多くの場合日本語も大丈夫ですが、入国審査は完全にアメリカ=外国です。英語が堪能な方にとっては、担当官と日常会話を楽しめるくらいの余裕も生まれますが、実際には非常に緊張してしまうと思います。


Diversity Visa (DV-2020) Update

Last Updated: September 17, 2020

国務省のサイトより引用

On September 4, 2020, the U.S. District Court in the District of Columbia ruled in Gomez v. Trump that the Department must make good-faith efforts to expeditiously schedule, process and adjudicate DV-2020 diversity visa applications by September 30, 2020 notwithstanding Presidential Proclamation 10014.  

2020年9月4日、コロンビア特別区の米国地方裁判所は、Gomez 対Trump大統領の裁判において次のように裁定しました。

大統領令 10014にかかわらず、2020年9月30日までにDV-2020移民多様化ビザ申請を迅速にスケジュール、処理、裁定するために誠意を持って努力する必要があるとの判決を下しました。

Therefore, DV-2020 applicants may be processed in embassies and consulates where local health conditions and post resources allow.  

したがって、DV-2020の申請者は、管轄地域の公衆衛生状態やリソースが許す限り、大使館や領事館で手続きがなされる場合があります。

In accordance with the requirements in the Immigration and Nationality Act and applicable regulations, applicants must be documentarily qualified, have paid all requisite application fees, be able to obtain the required medical exam by a panel physician, and demonstrate that they are eligible for a visa before visa issuance.  

INA移民法および適用する規則の要件に従い、申請者は、ビザ発行前に、証明文書によって資格を証明し、必要なすべての申請料を支払い、専門医師による必要な健康診断を受け、ビザの資格があることを証明する必要があります。

DV-2020 applicants may be issued a visa through the end of the fiscal year, on or before September 30, 2020. 

DV-2020申請者は、年度の終了である2020年9月30日以前に、ビザの発行を受けなければならないでしょう。

 Applicants are reminded that immigrant visas generally expire on the same date as the medical exam expiration, typically three or six months from the date of the exam.  

申請者は、通常移民ビザが、健康診断証明書の発行期限と同じ日に有効期限が切れることを心得ておくべきです。典型的には、健康診断の日から3ヶ月、または6ヶ月です。

DV applicants whose medical exam has already been conducted but will expire prior to December 31, 2020, may opt to submit a new medical exam prior to visa issuance.  

健康診断をすでに行っており、2020年12月31日より前に有効期限が来るDV申請者は、ビザ発行前に新たに健康診断証明書を提出した方が良いでしょう。

The Department of State will use the following prioritization plan for these applicants, consistent with the court order and applicable law:

優先順位付け

国務省は、裁判所の命令と関連法令に従い、以下の優先順位付けを用います。

  1. Individuals who were named plaintiffs in Gomez v. Trump and its companion cases;
    Gomez v. Trump とその関連訴訟の原告
  2. Applicants who had already been interviewed who seek reissuance or to overcome a prior refusal;
    すでに面接を受け、ビザの再発行を希望する申請者または以前のビザ却下をくつがえすことができる申請者
  3. Applicants who were scheduled for appointments in March, April, or May and whose appointments were cancelled due to the COVID-19 pandemic and worldwide suspension of routine visa processing;
    3月4月5月に面接が予定があったにもかかわらず、Covid-19パンデミック及び通常のビザ手続きの停止のためにキャンセルになった申請者
  4. For posts that have additional capacity to process applications and are not exhausted by the three categories above, applicants whose cases are pending with the Department’s Kentucky Consular Center.

 追加的に申請を処理する能力があり、かつ上記3つのカテゴリーで申請枠を使い切っていない大使館・領事館を対象として、KCCにケースが継続中の申請者

大統領令延長の可能性

Although DV-2020 applicants may be issued an immigrant visa under this court order, Presidential Proclamation 10014, which suspends entry into the United States of certain immigrants (including Diversity Visa applicants), remains in effect until December 31, 2020, and can be extended by the President.  

DV-2020申請者は裁判所の命令のもと移民ビザを取得したにもかかわらず、大統領令10014号は2020年12月31日まで効力を持ち続け、その後大統領によりさらに延長されるかもしれません。大統領令10014号は、DV申請者を含む一定の移民の入国を一時停止しています。

Therefore, unless a DV visa recipient also meets an exception to the Proclamation, that DV visa holder will be unable to travel to the United States on the issued visa while the Proclamation is in effect. 

したがって、DVビザの取得者で、なおかつ当該大統領令の例外に該当しする場合を除き、大統領令の効果が続く限り、DVビザ取得者であってもアメリカに入国できないでしょう。

Please note that prior versions of this guidance addressed travel restrictions imposed in Presidential Proclamations 9984, 9992, 9993, 9996, and 10041, which suspend entry of individuals who within the last 14 days have been physically present in China, Iran, UK, Ireland, the 26 countries of the Schengen area, or Brazil. 

大統領令 9984, 9992, 9993, 9996, and 10041号で課せられた渡航制限に関するガイダンスの以前のバージョンもご確認ください。これらの大統領令は、過去14日内に、中国・イラン・英国・アイルランド・シェンゲン協定内の26カ国またはブラジルに、物理的に滞在していた個人の米国入国を一時停止するものです。

 On September 14, the U.S. District Court in the District of Columbia ruled in Gomez v. Trump amended its order to enjoin the State Department from applying or enforcing State’s implementation guidance for these proclamations when it comes to DV-2020 applicants.  

9月14日に、コロンビア特別区の米国地方裁判所は、Gomez 対Trumpの裁判の中で、その命令を修正しました。

その命令は、DV2020申請者に関して、国務省が上記の大統領令の実施ガイダンスを適用または強制することを禁止するものです。

Consistent with the Court’ order, no DV-2020 applicants will be prevented from applying for or receiving a visa due to these regional COVID proclamations if otherwise eligible.

この裁判所の命令に従い、どのDV2020申請者も、これらの地域的なCovid 大統領令によって(それ以外が適格であれば)、ビザ申請やビザの取得を妨げられません。

Please note that Presidential Proclamations 9645 and 9983 restrict the issuance of diversity visas to nationals of the following countries unless they qualify for a waiver or an exception:  Burma, Eritrea, Iran, Kyrgyzstan, Libya, Nigeria, North Korea, Somalia, Sudan, Syria, Tanzania, and Yemen.  

大統領令 9645 および 9983は、ウェイバーや例外に該当しない限り、下記の国々の国民へのDVビザの発行を制限している点にもご注意ください:

ミャンマー、エトルリア、イラン、キルギスタン、リビア、ナイジェリア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、タンザニア、イエメン。

DV-2020 applicants may be subject to restrictions under additional Presidential Proclamations as well.  

DV2020申請者は追加的な大統領令でも、同様に制限の対象になる場合があります。

The Court’s order does not extend to these and other Presidential Proclamations; it only pertains to those proclamations already discussed above.

当該裁判所の命令は、これらや他の大統領令への拡大適用はありません。上記ですでに論じた大統領令にのみ関係するものです。

4月22日発行までの移民ビザは対象外

DV-2020 applicants whose visas will expire before December 31, 2020 when Proclamation 10014 is currently due to expire, will be unable to immigrate on that visa, unless they are exempt from the Proclamation, and cannot be issued a new visa after September 30, 2020.  

大統領令10014が現時点では失効する2020年12月31日以前に、DV移民ビザの有効期限が切れるDV2020申請者は、大統領令の例外に該当しない限り、また2020年9月30日までに新しいビザの発行を受けない限り、すでに発行済みのビザでは移民することができないでしょう。

DV applicants are reminded that if they were either in the United States, or held a valid immigrant visa on April 23, when Presidential Proclamation 10014 went into effect, they are exempt from the Proclamation. 

DV申請者は、米国に居住していた場合、または大統領令10014が発効した4月23日に有効な移民ビザを保持していた場合、大統領令の適用を受けない点にご注意ください。 

 DV applicants who held valid DV visas on April 23 but were unable to travel and whose visas have since expired, may pay applicable visa fees to have the DV re-issued visa before September 30, 2020.

4月23日に有効なDVビザを取得していたにもかかわらず、渡航ができず、ビザの有効期限が切れてしまったDV申請者は、2020年9月30日前までにDV(再)発行費用を支払い、再発行を受けることができます。

DV-2020 applicants whose cases were previously scheduled for an interview appointment (even if cancelled) at a U.S. embassy or consulate overseas should reach out directly to that embassy or consulate for further information on their specific case.  

在外米大使館や領事館で以前面接予定だった(キャンセルになったとしても)DV2020申請者は、その大使館や領事館に直接連絡をし、ご自身のケースについての詳細をお尋ねになるべきです。

大使館の現実の状況に応じた対応

If a post is unable to process cases due to local health conditions and resource constraints, an applicant may request a transfer to another post.  

地域の感染状況やリソース(人的物的な資源)不足が原因で、該当大使館や領事館でご自身のケースが進まないときは、申請者は、他の大使館や領事館へのトランスファーを要求できます。

DV applicants can request a transfer by contacting the desired post directly; not all transfer requests will be able to be accommodated.  

DV申請者は希望する大使館や領事館に直接連絡をして、トランスファーを要求できます。しかしながら、すべてのトランスファーの要求が満たされるとは限りません。

DV applicants who have responded to requests for documents from the Kentucky Consular Center (KCC) and have been notified that their cases are documentarily qualified, but awaiting a visa interview date, will be scheduled in accordance with their rank order and post’s scheduling capacity. 

KCCからの証明データ送信のリクエストに応じてデータ送信を行い、かつKCCから書面審査に合格した旨のeメール通知を受け取ったDV申請者は、順位付けと大使館領事館の空き状況に応じて、面接にのぞめます。

 The Department expects that, due to resource constraints, limitations due to the COVID-19 pandemic, and country conditions, it will be unable to accommodate all DV applicants before September 30, 2020.

人的物的資源の不足、Covid-19の感染拡大状況、国ごとの状況を勘案するに、国務省としては、すべてのDV申請者が2020年9月30日までに移民ビザを取得するのは難しいと予測しています。

Please note that embassies and consulates may need to reschedule visa applicants in other visa categories to prioritize DV applicants, in adherence with the court order, through September 30.

裁判所の命令に従い、DV申請者を優先するために、米大使館や領事館は、他のビザカテゴリーのビザ申請者のリスケジュールを行うかもしれない点にもご注意ください。

*上記はJINKEN.COM事務局の日本語翻訳です


関連記事

入国禁止の大統領令延長(January)

ESTA登録後の入国拒否(February 21, 2011)