Washington DC Capitol of the United States

2021年 止まない雨はない-新年のご挨拶

法律ノート 第1245回 弁護士 鈴木淳司

新年のご挨拶
Jan 5, 2021

 法律ノート読者の皆様、あけましておめでとうございます。
 2021年がはじまりました。

やはり新型コロナウィルス

 昨年は、生活のあらゆるところが、目に見えないウイルスの影響によってドラスティックに変わってしまいました。今年も昨年の「変化」が続くと思いますが、この変化をなんとか一人ひとりポジティブなものに変えていくことが重要なのではないでしょうか。

この原稿を書いている今、サンフランシスコ周辺は雨が強く、快晴の正月とは言えない状況です。この雨がウイルスを洗い流してくれないものかと考えたりしています。
サンフランシスコの市内は人影がなく、昼ごはんを探そうと思っても開いている店を探すのが困難な状況であります。

 「やはり」という印象ですが、年末年始にかけてコロナ感染者が激増しました。アメリカに限らず、日本でも激増している様子です。東京の街でもかなりの人出がある様子ですし、アメリカでは空港がかなり混んでいたと聞きます。一方でワクチンの接種もはじまり、結局コロナに振り回された年末年始でした。

 ただ、私の近しい人の中でも医療従事者はワクチンの接種を開始したと言っていましたので、あと少し我慢すれば徐々に罹患する状況は改善していくのではないでしょうか。

法曹界の状況

 では、法曹界の状況はどうでしょうか。

 2020年は、訴訟の進行も停滞していました。
 ほぼすべての案件が2021年に先延ばしされ、今年、裁判が再開されるとかなりの混雑が考えられます。裁判所の職員も自宅待機になっており、必要な書類の処理がなされないなどという状況もありました。リモートのなかで、実際に裁判がどのように進行するのか、先が思いやられるところではあります。2020年にビデオでの尋問も体験しましたが、あまり効果的ではないように感じました。

 商用の案件などはほぼすべての場合ビデオ会議が取り入れられ、慣れていな会社でも試行錯誤しながら会議をされていたように思います。ただ、ビデオ会議というのは手軽である一方で、やはり生の会議に比べるとインパクトに欠けるように感じます。また、意見交換の場としては、なかなか「議論」がしにくいな、とも感じました。皆、ビデオ会議に慣れていない状況で、工夫をしているという状況が続くと思います。

弁護士事務所でさえも「事務所」の意味を問われる

 サンフランシスコ市内は、ほぼロックダウンや制限によって2020年は、人がいなくなっていました。
 実際の法律実務については、事務所に行けないわけですから、結局行きもしない事務所に家賃を払うという感じになって、本当にオフィスが必要なのか、高い家賃を払ってオフィスを維持する必要があるのか、など考えさせられました。

 弁護士のなかには、この機を利用して、事務所を自宅とし、仕事で使う連絡先だけを確保することで経費を浮かせるということを始める人も多くいました。そのほうが、コストが減るので回り回って、顧客にとってもプラスになることは間違いありません。

 昔の法律業務はとにかく、紙の本が多く必要で大変でしたが、近時では簡単にアップデートされた法令や判例などにアクセスできますので、実際に事務所の家賃を払うよりも、そのようなデータベースにアクセスすることにお金を使ったほうが、クライアントの利益になるのではないかと私も思うようになりました。

 私は弁護士になった当初から、弁護士というのはきらびやかなオフィスって必要なのかな、といつも疑問でした。ロマンチックなレストランとか、眺望を楽しみに来る人にプラスになる場所であれば良いのでしょうが、弁護士がきらびやかなオフィスを持っていても、実質面では何も役に立たないわけです。

事務所を運営していくという観点からは2020年はかなり考えされる年になったのではないでしょうか。2021年にかなりの弁護士が業態を変えてくるのではないかと思います。

サンフランのレストラン・飲食業

 法律業界は、コロナの影響をさほど受けなかったとは思いますが、接客を伴う業態に従事されている方々のことを思うと本当に心が痛いです。

 多くのレストランが経営難に陥り、サンフランシスコや周辺では開いているはずのレストランがひっそり明かりを消しているところが多く、悲しい限りです。ダウンタウンはもうゴーストタウンのようになっています。

止まない雨はない

 しばらくこのような状況が続くのでしょうが、気持ちだけは強く持って2021年を過ごしていかなければならないように思います。

止まない雨はない、とは言いますが、勝てないウイルスはいない、と信じて、みなさんも今年一年心を強く持っていてください。

私も法律ノートを書き続けてがんばっていこうと思いました。また、今年一年どうか宜しくお願いいたします。

みなさんにとって、安全で平穏な一年であることを心から祈っております。また、社会に笑顔が戻ってくるのを楽しみにしましょう。


Remove- presidential proclamation on DV2020 and DV2021

■DV2020/2021の手続き停止大統領令を撤廃する署名活動

ホワイトハウスに直接署名を送る方法があります。
Remove the damaging immigration bans that destroy the dreams of DV Lottery winners

JINKEN.COM事務局の全文訳および証明方法はこちら


▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

カテゴリー: アメリカ法律ノート | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。