Golden Gate sanfran

米国での違反切符を無視して帰国(1)_1130

法律ノート 第1130回 弁護士 鈴木淳司
Oct. 7, 2018

 ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶教授の功績も素晴らしいですが、とにかく教授の人間性や人柄に感動しました。このような素晴らしい人格者は日本の誇りです。ブレずに研究を続け、弟子に「金がないから研究できないと言うな、俺が家を売る」と言ったそうです。日本人はなかなか可能性にお金を出すことをしない民族ですが、今後も優れた研究をサポートしていって欲しいものです。

米国の違反切符を無視して帰国(1)_1130

 さて今回から皆さんから新しくいただいている質問を考えていきましょう。いただいている質問をまとめると「以前学生としてアメリカに住んでいたころから、法律ノートを購読しています。現在は日本で仕事をしていますが、最近転職を考えていて、またアメリカに行きたいと考えています。しかし、アメリカにいるときに受け取ったスピード違反切符をずっと無視して放置した状態で日本に帰国してしまいました。このような場合ビザ取得に影響するのでしょうか。また違反切符についてどのように今から対応できるものでしょうか。」というものです。

ビザ申請前に自分の犯罪歴について慎重な確認を

 最近では、犯罪歴と移民行政の記録はリンクされ集中管理されています。現政権の移民政策がさらにこの集中管理化を加速されています。過去に犯罪歴があったとしても、それを開示しない状況でESTAなどの申請をすると、移民法上の虚偽作出行為とされて、以下考えるように入国が禁止になることもあります。犯罪歴に関しては、最近のものだけではなく、過去にかなり遡って移民行政で用いられています。私が経験した例でも、25年前の少額万引き事件が問題になったケースもあります。

 まず、今回の質問を考える前に、一般論ですが犯罪歴があるにもかかわらず「犯罪歴がない」と移民関係の申請書に記載した場合には、アメリカへの入国禁止とされてしまう可能性があります(米国移民法 第212条(a)(6)(C)(i)参照)。もちろん、「うっかりミス」だったということで裁量によって許される場合もあるかもしれません。しかし、現在の政権のポリシーを考えると、犯罪歴に関してはかなり慎重に考えなければいけません。移民法は特に今逆風に晒されています。ですので、今回質問されている方も、ビザを申請する前に、自分の犯罪歴について慎重な確認が必要になります。

管轄の裁判所で記録を確認

 さて、まず今回の質問のように、過去に交通違反切符をもらったにもかかわらず無視をしている場合、どのように考えていくべきでしょうか。まず、心当たりがあるのであれば、逃げずに向き合う必要があります。

 向き合う方法論としては、交通違反切符であれば、その切符が渡された場所はある程度特定できるのではないでしょうか。その場所を管轄する裁判所に連絡して何か記録が存在するか確認する必要があると思います。裁判所はなかなか電話がつながらない場合もあります。また、遠隔地から状況を確認するのが難しいかもしれません。そうすると、代理人を立てて米国内から状況を確認するという方法の方がスムーズかもしれません。

 かりに、何も見つからなかった場合でも記録がどこかにある可能性があります。このような場合には、別途専門家とどのように申請書に記載するのか、確認する必要があると思います。

不出頭によって召喚状が出ている場合

 一方で、裁判所において記録が見つかった場合には、その対応をする必要があります。今回の質問にあるようなスピード違反でなく、飲酒運転などより深刻な罪に問われている場合には、裁判所において、不出頭によって召喚状がでている可能性があります。そのような記録がないかどうかは、まず裁判所にコンタクトして知る必要があります。裁判所によっては電話では教えてくれず、直接本人または代理人が出向く必要もあります。

 不出頭が発覚した場合には、その記録がそのまま行政とシェアされている可能性もあり、申請時に通ってしまったとしても、アメリカ入国時に拘束される可能性があります。私も、実際にこのように拘束された人の事件をいくつも担当したことがありますが、入国前にできるだけ事件を解決することが重要になります。とはいっても今回の質問にあるように、ご本人がすでにアメリカ国外にいるわけですから、本人が出廷するのは実際には難しい場合があります。ここで、どのように具体的に対応するべきなのか、次回続けて考えていきましょう。

 もう、街ではハロウィンの雰囲気になってきました。この時期になると、ハロウィン、サンクスギビング、クリスマスとバタバタ一年が終わる感じになってきます。やることは尽きないですが、一年の残りを有意義に過ごしていきましょう。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。