裁判官」タグアーカイブ

Golden Gate sanfran

アメリカで裁判、その法廷通訳士は大丈夫?_1157

法律ノート 第1157回 弁護士 鈴木淳司
Apr. 21, 2019

 今回は一回、皆さんからいただいている質問にお答えするのを休ませていただき、先週私が体験した状況を皆さんと一緒に考えさせてください。考えれば考えるほど深刻に思えてきたので、敢えて法律ノートで問題提起をした方が良いのではと思ってしまったほどです。

カリフォルニア州弁護士コラム―「法廷通訳」_1157

 先週から、ある難しい刑事事件の主任弁護人として他州で出廷をはじめました。被告人の一人は日本人で英語が話せません。ですので、主に外国語を話す被告人にはその権利を守るため、と手続きがどのようなものか理解させるために裁判所が通訳をつけます。

 日本でも、法廷通訳がつきますが、最近ではその担い手が減ってきているという記事を最近みたように思います。アメリカでは、主に各州の裁判所が通訳を認証し、試験等の能力認定方法を継続的にしながら、いわゆる「法廷通訳」を選定し、仕事を任せます。

能力の低い法廷通訳も存在する

 私も、20年以上法廷に行っていますし、日本人や他の外国人の事件も担当するので、通訳の方々にはよく出会います。ものすごく感心するような能力をお持ちの人もいいますが、まあ、おしなべてある程度の能力はあります。

 ところが、私は、どのような試験を通れば法廷通訳になれるのかよくわからないのですが、かなり能力が低い人も存在します。もちろん、仕事は通訳なので、法律家になるレベルでの法律用語の使い方に精通していないのはわかっていますが、基本的な単語も翻訳できない、という人もいます。

 まあ、いつもは笑って済む程度なのですが、刑事事件となると、被告人の人生がかかっていますので、少なくとも権利の理解や、手続の理解は、確実にしてもらわなければなりません。

「博士」の肩書を持つ通訳が…

 先日、私が法廷に立つと、私のクライアントの横に法廷通訳が立ちました。実は、その法廷に先立って、その通訳の方が入って簡単なインタビューがあったのですが、その時のその通訳の方の能力に、疑問を持っていました。一方で、名刺もいただきましたが、博士の肩書を入れられていたので、それなりに専門性が高いのであろうと思っていました。その私の期待は見事法廷で裏切られました。

 私が若い頃、ある著名な尊敬できる刑事弁護人と事件を一緒に担当したときに、その方から「鈴木、法廷では、参加者の肩書とか経歴とか見るな、法廷、その場に出てくることだけが、良くも悪くも事件の基礎になるのだ」とアドバイスを受けましたが、その言葉が頭をよぎりました。

思わず、法廷で「ちょっと待った」

 その通訳の方は、裁判官の発言を一言一句日本語に変換しなければなりませんが、まったくそれもせず、大事な、権利の告知についても、被告人本人が「何を言っているのかわからない」という始末。さらには、刑事の裁判の期日のことを日本語で「公判」というのですが(これは刑事訴訟法を読まなくてもわかると思いますが)、訳すときに「公聴会」と訳したことを耳にしたときには、さすがに私も「ちょっと待った」と法廷で言ってしまいました。

 被告人と私の怪訝な目線がどこに行っているのか、悟った裁判官は、一旦審理を止めて、私に「鈴木が訳せばいいじゃないか」と笑っていいました。私は弁護人ですから、立場的に中立に訳をするという立場にいません。もちろん法律用語やその意味について、日本語と英語で自在に使えるという自信はちょっとあるのですが、私はその役目を担えないのです。

 その後も、目を覆いたくなるような通訳が続きました。逐一私が、正しい通訳文をこそこそ耳打ちするような流れです。無事にその法廷は終わりました。

もし誤訳が分からなければ、恐ろしい状況に

 あとになって状況を反芻していたのですが、よく考えると恐ろしい状況です。私が日本語と英語をきっちりわかっているので、その場で通訳の能力について指摘し、誤訳を咎めることができました。

 しかし、通常アメリカ人の弁護士が弁護人であれば、通訳が何を言っているのかわからないわけです。そして、被告人は英語ができないから通訳が必要なわけで、日本語で通訳にクレームをいれても、何にもならない可能性があります。それも、一応裁判所のお墨付きをもらっている通訳ですからね。

 そうすると、「あなたは、以上を踏まえて、有罪か無罪かの答弁をしますか」という英語の訳を「あなたは、以上についてどう返答しますか。」などと訳されてしまうと、「よくわかりません」などと答えるしかなくなってしまいますよね。ホラーです。

通訳した内容によって裁判に影響する可能性も

 話を聞くと、その通訳の方は他の関連した刑事事件でも通訳をしたそうです。そうすると、その通訳した内容によって、裁判の結果に影響した可能性があり、判決を破棄することも可能なのじゃないかな、と考えを巡らせるようになってしまいました。ひいては、裁判制度にとっても、非常に深刻な問題になりますね。

 現実問題として、裁判所としても色々な言語の通訳が必要なのでしょうから、その確保も大変でしょうし、クオリティの維持も必要になってくると思います。一方では、被告人にとっては、一世一代の晴れ、ではないですが大舞台です。今の時代、それこそ、ある程度機械通訳とかにできないものでしょうか。それはまだまだなのかもしれませんが。

 公判は一度で終わらず、また近いうちに、二度目の公判があります。裁判の内容自体については、私はかなり準備万端なのですが、この通訳問題がこわいわけです。また、この通訳の方になったら、裁判官に「いい加減にしてほしいのですが」と頼むかな、でも頼んでもっとひどいひとが来たらどうしよう、とか、頼んだことで、審理が延期されちゃうのも嫌だ、とか、本論とは関係のないところで悩んでいます。法廷には色々なドラマがあるものですね。

 次回はまた、皆さんからいただいた質問を考えていきたいと思います。

 長い雨のあとの花が綺麗ですが、花粉も全開で私もかなり鼻がグズグズしてしまいます。それでも負けずに春を楽しんでまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

カリフォルニア州弁護士コラム「和解」(2)_958

法律ノート 第958回 弁護士 鈴木淳司
Sep 20, 2015

 前回、質問をいったん休ませていただき、私が調停を仲立ちすることになったというところで終わりました。今回続けさせてください。

カリフォルニア州弁護士コラム「和解」(2)_958

 さて、私は、ビジネスの利益分配に関する紛争の調停人として活動することになりました。今回は、「できるだけ早く解決したい」ということで急遽ホテルの部屋で行うことにしました。

 当事者同士は、険悪になっているので、私がホテルの部屋を行ったり来たりしながら、各当事者から、話を聞き、両方の筋が通る部分、通らない部分を整理ながら、和解に向けて会話を続けました。リゾートホテルで話を聞いている私は、外にあるヤシの木を見ながら考えたりしていました。

 陽が沈み、結局外には一歩も出ることなく8時間以上、辛抱強く話を聞き続け、法律的な意見を言い、自分の経験から色々語りました。途中、夜になると「もういい、裁判で決着する」と両当事者は言うこともありました。

 私だってはやく一杯引っ掛けて、ベッドでゴロゴロしたいけど、お互い膝を割って話す機会はこれが、最初で最後かもしれないよ、と言いながら、議論を煮詰めていきました。お互いが「和解したい」という気持ちがあることを私は知っていましたし、お互いの主張の開きはあまり大きくなかったので、「粘ろう」と思ったのです。

和解は両当事者とも満足で終われることが多い

 両当事者(と言っても、複数人が両方にいましたが)に疲労の色が濃くなってきました。もう午前2時をまわっています。それでも私はホテルの部屋の往復を続け、ようやく話がまとまりました。

 かなり、両当事者は長い間ビジネスの関係を続けていたので、あれやこれや問題が出てきましたが、やっとまとまったのです。これが訴訟になっていたら、たぶん訴状だけでも、50ページにはなっていたであろうという内容でした。

 和解する良いところは、両当事者とも満足で終われることが多い点です。今回、両当事者とも納得し、無事に解決することができました。訴訟になれば、両者合わせれば少なくとも弁護士費用を数十万ドルは覚悟しなければならない争いは、たった1日で終わったのです。

和解契約書の代わりにスマホの動画に内容を残す

 遠山の金さんであれば、これにて一件落着で終わるのですが、現代の訴訟ではそうもいきません。通常、和解が成立すれば少なくともその場で和解契約書を作成しなければなりません。簡単な和解契約書を作成し、その後、正式な形を整えるというのがお約束であります。

 私も今まで何度も、弁護士と裁判官の立場で和解契約書をつくってきました。ところが、和解が成立した時間は、丑三つ時です。いくらタフな私でもヘロヘロな状態になっていました。

 しかし、何らかの形で和解の内容を残さなくてはなりません。疲れていても、名案がひらめいた私は自分のスマートフォンを取り出して、各当事者をビデオに撮りながら、和解の内容を復唱し、内容に疑義がないこと、内容に合意をすること、眠くても判断能力に問題がないことなどを確認しました。我ながらこの方法は「いける」と思ったものです。両当事者のビデオを私のスマホに収め、調停は終了しました。

 当事者と別れ、私は自分のホテルの部屋に戻りました。眠気が去ってしまった私は、深夜に当事者の映ったビデオを見ながら和解契約書を作成し、寝たのは朝6時でした。疲れていましたが、争いをやめた両当事者の晴れた顔(かなり疲れてはいましたが)を見るのは法律家としての醍醐味だな、と感じて眠りにつきました。

クライアントの幸せを願って活動するのが弁護士

 訴訟をしない弁護士というのは、私はよくわかりませんし、何が仕事として面白いのかよく理解できていません。では、法廷活動をやっているだけでも、良いのか、というとそうでは無い訳です。

 あくまでも弁護士というのは、法廷を通じてクライアントの主張を認めさせるというのが役割ですが、ひいてはクライアントの幸せを願って活動をすることを考えなくてはなりません。裁判官をやっているときのように法律に基づく強制力は持っていない調停人ですが、私の経験が各当事者の幸せに直結できたわけです。

 次回は皆さんからいただいている質問を考えていきたいとおもいます。秋を楽しみながら一週間またがんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

カリフォルニア州弁護士コラム「和解」(1)_957

法律ノート 第957回 弁護士 鈴木淳司
Sep 20, 2015

 今回と次回は、いったん皆さんからいただいている質問を考えることを中断して、最近思ったことを書かせてください。日本ではシルバーウィークという私は経験したことのないバケーション期間だそうですが、残念ながら関係のない私はせっせと原稿を書いています。もう秋ですね。

カリフォルニア州弁護士コラム「和解」(1)_957

 弁護士のイメージというのは、訴訟で闘うという職業であると皆さんは思っていらっしゃるのではないでしょうか。法廷で弁論をする姿は良く映画やテレビにも映るので、そればっかりやっていると思われるかもしれません。

 しかし現実は、法廷で争うことをしない(できない)弁護士もたくさんいますし、ビジネスを専門にやっています、と公言する弁護士も多く存在します。とはいえ、やはり弁護士の仕事の根底は訴訟で勝つか負けるかを争うことにある、と長い経験を積んでも私は心の何処かで思っています。

 先日も、私の所属する事務所で担当する案件で高等裁判所の審理において逆転勝訴したときは、やはり醍醐味を感じたものです。訴訟で法律論を駆使して競り合うという生の体験は、たとえ会社の設立をしたり、契約書のレビューをしたりと、法廷には関係ない仕事においても、かなり活かされると思います。弁護士としての価値ある経験はやはり法廷を通して積み重ねられていくのだと思います。

アメリカでは陪審裁判までいく訴訟はごくわずか

 一方で、法廷での経験を積めば積むほど、法廷での闘いに虚しさを感じることがあります。争いの種類にもよりますが、わざわざ高い弁護士費用を使って闘い、結局得るものが少ないという場合も少なからずあるわけです。

 アメリカでは訴訟になったとしても、陪審裁判までいく訴訟というのはごくわずかであって、ほとんどの事件は裁判上の和解に至ります。私は兼任の裁判官をしていますが、私が陪審裁判前の証拠整理を担当し、同時に和解を促す仕事をすると、かなりの確率で和解します。

 そうすると、長い間弁護士費用を費やして闘い、結局和解するのであれば、最初から話し合いをすれば良いのではないか、と思ってしまう事件もかなりの数あります。

クライアントの利益を最優先することが弁護士の義務

 法律事務所の仕事は、言い方は悪いですが、訴訟を増やすことでもあります。わざわざ訴訟にして、闘って勝つことを目指します。私もかなりの数の訴訟を見てきていますが、そもそも訴訟にしないでもなんとか話し合いをすれば済む話ではないか、と思える訴訟を多く目にしてきました。

 私は安易に訴訟の提起はせず、最後の手段にするべきだと思っています。たとえ私の所属する事務所が得られるであろう弁護士費用がなくなろうが、関係ありません。弁護士はクライアントの利益を最優先することが義務であるからです。

 もちろん、訴訟を避けられない場合もあります。刑事事件が最たるものですが、離婚事件などもあるでしょう。また、特許、著作権、不動産など権利を侵害されているような場合にも訴訟になりやすいと思っています。しかし、このような訴訟でも必ず「落とし所」というものが存在するのです。

ビジネスの利益分配を巡る争いの相談を受ける

 最近ある相談を受けました。あるビジネスの利益分配を巡って争いが生じたのです。まず、一方の当事者の話を聞きましたが、結局お金の話でした。弁護士が争う訴訟というのは、権利の帰属が問題になることも多いのですが、結局はお金の問題ということが多いわけです。

 一応、話を聞いて相手方に要求をしてみたところ、相手方も私のことを良く知っていて、私が信頼できると思っているという文面をもらいました。そこで、私は両当事者に連絡をして、中立の立場で調停をしてみようということを提案しました。

 本来であれば、一方からすでに話を聞いているのですから、相手方は弁護士を使って争うことができます。しかし、私の勘で「この案件は訴訟にもなっていない段階で解決してしまうのが両当事者のためだろう」と思ったので、あえて調停の案を提示してみました。

 結局、訴訟になって数年争っても、和解調停をすることになるのは目に見えています。それよりは、はやい時点でまとめてしまったほうが良い、と判断したのです。この調停の提案に対して両当事者は肯定的で、ぜひ早い時点でやりたいということになりました。

 私の勘は当たっていて、両当事者とも一刻もはやく紛争(になりかけている)を解決したいと望んでいたのです。両当事者に、今までは一方の話を聞いていたことを明示して、中立の立場で調停をするということで、案件が進むことになりました。

 次回続けていきたいと思います。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。