利益相反」タグアーカイブ

Golden Gate sanfran

カリフォルニア州弁護士コラム「遠く離れていても…」(2)_1122

法律ノート 第1122回 弁護士 鈴木淳司
Aug. 12, 2018

 お盆休みを利用してサンフランシスコに来る一家に頼まれて。アルカトラズ島のツアーを探してみたのですが、8月一杯「売り切れ」だそうです。20年前は、その日に行って買えましたし、最悪翌日に回されたりしましたが、観光の状況もかなり変化しているのですね。しかし、アルカトラズが刑務所として「営業中」のときには、誰も行きたくなかったのに、今では先を争って行くというのもなんだか皮肉なものです。皆さんは夏休みの息抜き観光をされていますか。

カリフォルニア州弁護士コラム「遠く離れていても…」(2)_1122

 さて、前回、東海岸で一人住いの老年女性のことを書きました。今回続けて書かせてください。夫にも先立たれ、子供もいない状況で、80代の耳が遠くなってきた女性は要介護の状態で過ごしています。彼女は、社交的でかなり友人がいます。ただ友人も同じように歳を取っていくもので、気持ちとは裏腹に友人同士の面倒をみるのは大変になっています。この女性にはかなり仲良くしてきた甥姪が日本にいます。ただ、日本とアメリカ東海岸は仕事を持っている甥姪にとってあまりに遠い。

老年女性のトラストには衝撃的な内容が

 この老年女性を巡って、「ファイナンシャル・プランナー(「FP」)」と「弁護士」が何年か前に登場しました。どうも、先立たれた夫の関係者の紹介ということでした。甥姪はこの2名と会ったこともありませんし、この老年女性もあまり信用していない様子だったと、甥姪は語ります。

 この弁護士が甥姪と交信をはじめたのが数年前でした。送られてきた英語の書類を甥姪が読んでも何が書いているかわかりません。日本では「信託」という法律的な道具がまだまだ浸透しておらず、トラストと言っても、どういう役割をしているのか、わかりません。法律ノートをずっと読まれている読者の方であれば、説明することは可能なのかもしれませんが、いきなり書類を送られても、内容がわからないのです。

 そこで、私が内容を見てほしいと頼まれて、実際に見てみると、かなり衝撃的な内容が出てきました。この「弁護士」が任意後見人に就任しており、毎月多額の報酬を受けています。FPの人も同様です。さらに、トラストの内容をみると、老年女性の死後、財産の管理はこの「弁護士」が加わり、さらにトラストの受益者(遺言でいう相続人ですね)として、この「弁護士」とFPが入っているのです。

弱者につけこむファイナンシャル・プランナーと弁護士

 この一群の書類を見たのが、20年前の私であれば、かなりこの「弁護士」に対して怒っていたと思います。ある意味利益相反ではないですか。疑いの目で見ると、自分がクライアントの財産をもらうようにしながら、さらに財産管理の名目で毎月多額のお金を吸い上げています。FPとこの「弁護士」は組んでいますし、親族も近くにいません。弱者につけ込んでいるように見えて仕方がありません。

 この女性はそれなりに財産が残りそうです。死後の旅行は限りなく長いですが、夏休みの旅行と違ってお金を含め持ち物を持っていく実益はまったくありません。したがって、この老年女性などは、特に子もいないのですから、「使ってしまえ」ば良いわけです。

 ところが、この「弁護士」は、財産をもらえる地位にいますね。そうすると、できるだけ節約をして、自分に財産がまわってくるのをじっと待っている可能性があります。私も20年以上弁護士をやっていると、こういう弁護士を何人か見ていますが、私に言わせれば「カス」です。ただ、私も大人になりました。

潜在的な利益相反だが、反応すべきか悩む

 この潜在的に利益相反をやっている弁護士のことを甥姪の方々に穏やかに説明しました。なんとなく甥姪の方々も、キナ臭い感じを嗅ぎ取っているようでした。ただ、実際現地で誰も対応できない状況であり、甥姪の方々もそもそも財産は老年女性に使い切ってほしいと思っています。老年女性が幸せに余生を過ごせることが第一と考えているのです。

 そうすると、現在この「弁護士」とFPが、面倒を見ている状況に対して波風を立てるのが賢明なのか、という話になります。遠く離れた老年女性の幸せをどうしたら成就できるのかを考えると、なにかすぐに「キナ臭い状況」に反応するべきなのか、悩みになるのです。

 私も相談を受けただけで、この老年女性の人生には、今の今までまったく関わりがないわけです。したがって、法律的なことはアドバイスできますが、家族関係、友人関係等については、なかなか踏み込んで言うことができません。ただ、一つ言えることは、甥姪の方々も私も、この老年女性の余生が幸せなものであるということです。ただ、正直モヤモヤした気持ちが拭えませんね。

 次回皆さんから頂いている質問にお答えしていきたいと思います。また、1週間天気や天災に気を払いながら、がんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

弁護士の「利益相反(Conflict of Interest)」とは?(2)_954

法律ノート 第954回 弁護士 鈴木淳司
Sep 1, 2015

 シエラネバダ山脈ではかなり大きな山火事が相次いでいます。水不足が理由の一つになっています。水分を求めて虫が至るところで松が食い荒らされ、そして枯れていますが、その木に火が燃え移ってとんでもないことになっています。また、聞いた話では、水不足が深刻で、水を消火栓などから盗んだりする輩もでてきているようです。とにかく今年の冬は大量の雪がシエラネバダ山脈に降ることを祈っています。

弁護士の「利益相反(Conflict of Interest)」とは?(2)_954

 さて、前回から考えてきた、「私はハワイ在住です。カリフォルニア州で最近私の父が他界し(相談者の母親はすでに他界している)、カリフォルニア州に住んでいる3人の兄弟と遺産相続について話合いをしています。その過程で紛争が生じ、私自身、知り合いの弁護士に相談したのですが、「Conflict ofInterest(利益相反)」があるので、相談にのれない、と言われてしまいました。なんでも、他界した父親が生前に何度か相談をしたことがあるからだそうです。なんとなく、弁護士によく思われていないので断れたのかと思いましたが、利益相反というのは弁護士にとってはかなり問題になることなのでしょうか。」という質問をいただきました。前回は、ある程度の例を挙げながら、弁護士の利益相反というのはどのようなものか考えました。今回、カリフォルニア州の弁護士規則に従ってもう少し掘り下げてみましょう。

利益相反に当たる、基本的な2点

 弁護士倫理の規定もかなり複雑にはなっているのですが、主に(1)同じ案件において、一度クライアントである当事者を代理した場合、その利益に反する形で代理をしてはいけないこと、および(2)現在のクライアントまたは過去のクライアントと、法律上、ビジネス上、金銭上、および個人的な重大なつながりがあり、そのつながりが当該案件に影響する場合には、代理をしてはいけないこと、とされています。

 私がかなり簡略化していますし、他にもいろいろな制限はありますが、基本的には、上記の2点となります。この場合には、絶対に利益相反だからダメ、というわけではなく、関係者全員に状況を開示して、そのうえで全員が承諾(納得)すればよいわけです。

辞任をしても、元のクライアントの利益に反する形の代理はできない

 さて(1)については、簡単です。法律問題が発生している案件に関わっている弁護士が一方の相談に乗っていたのに、他方を代理して訴えを起こすような場合です。

 日本でもアメリカでも、数は多くないですが、複雑な事件などでは、このような問題も起こる場合があります。前回、ご紹介した弁護過誤をしていた弁護士の話ですが、この弁護士はあるベンチャー企業の相談に乗っていて、あるときいきなり「辞任届」のようなものをつくり、翌日には、その企業の取締役を代理して、会社を訴えてきました。辞任すれば大丈夫という解釈をこの弁護士はしたようですが、この解釈事態も問題ですし、訴えまで起こしてくるのはもっと問題です。

 私も法廷で見ていたのですが、裁判官も怒っていました。とにかく、おなじ案件に関わっていれば、弁護士は注意しなければならないのは当たり前ですね。私が個人的に経験した、一番質の悪い弁護士だったでしょうか。

グレーゾーンが広い「実質的な関係(Substantial)」

 次に(2)についてですが、今回相談をされている方の事例ではこちらの方が問題となりそうです。実質的な関係、というのは、英語ではSubstantialとされていますが、何が、実質的な関係なのかということは具体的に明記されていません。したがって、かなりグレーゾーンが広いということになります。

 弁護士としても、グレーであれば「気をつけよう」という心理が働きます。重要なのは、法律的なつながりだけではなく、ビジネスや、社交的な関係も含んでいるということです。かなり広範囲な関係のなかで利益相反が生まれてしまいかねないのです。

 もし、クリーンであったとしても、弁護士の利益相反が問題になれば、クライアントや関係者にも迷惑がかかってしまいます。私もいろいろな団体に参加したり、役員などになって欲しいと頼まれることがありますが、今までの弁護士人生でできるだけ消極的にしているのです。ビジネス的にはマイナスなのかもしれませんが、私は訴訟案件によく絡むので、利益相反が生まれるといけない、という考えが頭のどこかにいつもあるからです。

 今回質問されている方の事例でも、弁護士はたぶん、質問者とか、他の相続人、被相続人などとなんらかの関係があったので、潜在的に相続人同士で利益が対立する可能性があるので、受任を避けたのかもしれませんね。

 日本もずいぶん涼しくなってきた、という話を聞きます。これから秋ですね。もう一年の3分の2が終わってしまうというのは信じられないですが、秋は楽しいものがたくさんあります。また、一週間体調に気をつけてがんばっていきましょう。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

Golden Gate sanfran

弁護士の「利益相反(Conflict of Interest)」とは?(1)_953

法律ノート 第953回 弁護士 鈴木淳司
Aug 24, 2015

 最近再び、松本清張などの推理小説がマイブームで読み返しています。森村誠一なども面白いのですが、やはり松本清張の表現は豊かで参考になります。しかし、時代が変わったものだとつくづく思います。小説の中では公衆電話を使うシーンや、図書館にいって調べものをするシーンなどが出てきます。郵便の日付なども問題になる場面もあるわけです。

 しかし、現在では、すべて携帯電話やインターネットで解決できますし、やり取りも電子メールや各種の通信方法がありますので、隔世の感があります。当時の殺人事件などを現代の技術があったらどのように変化するのか、などを考えるのは楽しいものです。そういえば、松本清張の小説では寝台特急などがよく出てきますが、もう寝台特急もなくなってしまうそうですね。皆さんは本を読まれていらっしゃいますか?

弁護士の「利益相反(Conflict of Interest)」とは?(1)_953

 さて、今回から新しくいただいている質問を考えていきたいと思います。いただいている質問をまとめると「私はハワイに在住しています。カリフォルニア州で最近私の父が他界し(相談者の母親はすでに他界している)、カリフォルニア州に住んでいる3人の兄弟と遺産相続について話合いをしています。その過程で紛争が生じ、私自身弁護士に相談したのですが、「Conflict of Interest(利益相反)」があるので、相談にのれない、と言われてしまいました。なんでも、他界した父親が生前に何度か相談をしたことがあるからだそうです。なんとなく、弁護士によく思われていないので断れたのかと思いましたが、利益相反というのは弁護士にとってはかなり問題になることなのでしょうか」という質問をいただきました。

弁護士にとってはかなり重要な問題

 利益相反というのは、普通の職業ではあまりでてこないコンセプトかもしれませんが、弁護士にとってはかなり重要な問題であります。弁護士の仕事というのは、当事者の一方の肩を持って戦う職業です。そうするとその当事者のことはかなり深いところまで知ることとなります。良いことも悪いことも知っていなければ真摯な弁護はできないからです。

 依頼者も、自分の弁護士を頼って自分をさらけ出すわけです。私のクライアントでも20年来のクライアントがいるわけです。それは単なる信頼というのではなく、仲良しの友人のように付き合っていっているからです。

 余談になりますが、良い弁護士というのは、目先の案件のことに注目していないと思います。私の友人でもまわりでも良い弁護士というのは、人として優れていて、依頼者を家族のように大事にします。

 日本でもアメリカでも私が尊敬する弁護士は、皆すべて人間的に情が厚く、ドライに事件を見ているわけではなく、その依頼者が10年後、20年後に幸せになるように考えるような人格を持っていると思います。簡単に言うと、呑んだり、一緒に時間を過ごしたりしていると楽しく、ほっとできる人達という感じでしょうか。

利益相反は、法律倫理というより弁護士倫理

 依頼者のことを知り尽くしていると、いきなり敵対する相手方弁護士となるのは、「卑怯」であると弁護士でなくてもよくわかると思います。これが利益相反の根底にあります。

 カリフォルニア州でもハワイ州でも弁護士会が必ず利益相反についてのルールを定めていますが、利益相反というのは、法律違反というよりは、まず弁護士倫理の問題です。利益相反というのは、メジャーな弁護士の懲戒事由であります。そりゃそうでしょうね。自分が持っている情報をフルに活用して、もともとのクライアントに対して訴訟をすれば「ずるい」わけです。

余りにひどい利益相反に、弁護士の懲戒を申し立てたことも

 私も20年間弁護士をやっていますが、2年ほど前に、一度だけ余りにもひどい利益相反行為があったので、同業者の懲戒を申し立てたことがあります。かなりわかりやすい例です。

 その弁護士は弁護士になって1年だか、2年だか、の新米老弁護士で、一人で事務所をやっていました。いわゆる「ソクドク」という弁護士ですね。よくある「ベンチャー企業」で、内部がまとまっていない会社を代理していたわけです。その企業の投資家が、企業の運営に疑問を持って声をあげたところ、その弁護士は、自分の贔屓にしている株主を代理して、自分が昨日まで代理していたベンチャー企業を今度は手のひらを返したように訴えてきたのです。これでは、他の投資家や株主はたまったものではありません。

 その弁護士のとった行為で被害者となった株主や投資家を代理したときに、余りにもひどいので弁護士会に懲戒を申し立てたところ、業務停止までは行きませんでしたが、処分されていました。今でも、その弁護士はベイエリアで弁護士をやっているそうなので、また被害が出るのだろうな、と思っています。

 このように利益相反というのはかなり深刻な問題を含んでいます。次回カリフォルニア州のルールを考えながら、もう少し掘り下げていきましょう。

 朝晩涼しくなってきた地域も多いと思います。夏の終わりを楽しみながらまた一週間がんばっていきましょうね。


▼DV-2020の当選後サポート、受付中!

https://jinken.com/win/

グリーンカード取得まで、とことんお手伝い。1年以上の長期にわたって、メールのやり取りは200,300,400以上が当たり前。

各種証明書の翻訳・面接その他のコンサルティング・実際のグリーンカード取得者の経験にもとづく専用QAページ・各国の警察証明取得・大使館等への問い合わせが、すべてセットになっている総合サービス

面接通知はどうやってくる?次に何をすべき?…日常と併行して手続きを進めるのは、本当に大変です。 気軽に相談できる専門家がいれば、心強いこと間違いなし!大きな不安を、ぐっと軽減します。 

*当選後手続きは、細やかなサポートを徹底するため、お断りする場合があります。 サポートをご希望の方は、まずはお気軽にお問い合わせを。(i@jinken.comもしくは各担当者アドレスまで)

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。