DV2022アップデート日本語解説

国務省ページDiversity Visa 2022 Updateの日本語解説

December 9, 2021発表分

Document Submission to KCC for DV-2022

DV2022について、KCCへの証明データ送信について

原文:https://travel.state.gov/content/travel/en/News/visas-news/diversity-visa-2022-update.html

Effective immediately, individuals who were randomly selected to participate in the diversity visa (DV) program for fiscal year (FY) 2022 (DV-2022 selectees) only need to submit to the Kentucky Consular Center (KCC) the DS-260 immigrant visa application form for themselves and any accompanying family members.  Once the DS-260 is received for all applicants associated with a case, that case will be eligible to be scheduled for a visa interview.

DV2022当選者は、ご本人様と同伴の家族の移民ビザ申請書DS260をケンタッキー・コンシュラー・センター(KCC)に提出するだけで、申請は完了することになりました。 

つまり、申請者全員のDS260が受理されると、そのケースはビザ面接が設定される前提が調います。

DS260を提出し、そのままお待ちいただけば、ケースナンバーが該当し、かつ面接希望の米大使館の状況や面接実施国の状況が許せば、面接日時が設定され通知を受け取ることになります。

DV-2022 selectees no longer must submit to the KCC any other required supporting documents for DV-2022 in order to be eligible to be scheduled for an in-person interview at an embassy or consulate.  Rather, all supporting documents for DV-2022 selectees will be collected in connection with the interview and evaluated at the embassy or consulate where the visa application is made.  U.S. law requires all immigrant visa applicants provide certain supporting documents necessary to establish eligibility for a visa.  The list of documents is available here: https://travel.state.gov/content/travel/en/us-visas/immigrate/diversity-visa-program-entry/diversity-visa-if-you-are-selected/diversity-visa-prepare-supporting-documents.html

DV2022当選者は、大使館・領事館で面接を受けるために、DV-2022に必要な補助書類を、KCCにeメール送信する必要がなくなりました。 

DV2022当選者のすべての証明書類は、面接の際に集められ、ビザ申請を行った大使館または領事館で評価されます。 

米国法上、すべての移民ビザ申請者は、ビザの資格を証明するために必要な特定の書類を提出することが義務付けられています。 

書類のリストはこちらでご覧いただけます。

Failure to provide all required supporting documents to the embassy or consulate will prevent applicants from establishing their eligibility for the visa and will result in refusal of the visa application; however, a refusal for lack of documents can be overcome by providing any missing documents to the consular section.  We strongly encourage applicants to be prepared to demonstrate eligibility for the visa at the time of interview by having available all required documents. 

必要な添付書類をすべて大使館または領事館に提出できない場合、申請者はビザの資格を証明できず、そのビザ申請は却下されます。

しかしながら、書類の不足による申請拒否(ビザ申請却下)は、領事部に当該不足書類を提出することで覆すことができます。 

申請者の方には、面接時にビザを取得する資格があることを証明するために、必要書類をすべて揃えておくよう強くお勧めします。 

Why are we making this change now?  KCC pre-processed DV cases to ensure that DV applicants were well-prepared and secured all required documents prior to interview.  This promoted efficiency at our consular sections and helped applicants demonstrate their eligibility.  The Department is opting for this change to use all available DV appointments.  As of now, the Department is treating this as a pilot program and will analyze the costs and benefits to this change later in the program year. 

なぜ今、このような変更を行っているのでしょうか? 

国務省KCCでは、これまで、DV面接の下準備として、DV申請者が必要な書類を十分に揃えるよう審査を行っていました。
この手続きは、米大使館や米領事館でビザ審査を行う領事部の効率を高め、申請者が自分の適格性を証明するのにも役立っていました。 

当局では、すべてのDV面接を対象として、この変更を実施します。

現在のところ、この変更は試験的なものであり、プログラム年度の後半に、この変更にかかるコストと効果を分析する予定です。

*上記日本語訳は、JINKEN.COMのスタッフによる翻訳であり、公式のものではありません。ご了承ください。 

KCCへのデータ送信は不要になりますが、必要書類に変更はございません。インストラクションに忠実に、お早めにご準備ください。

DV2022当選後サポートをご希望の方は、i@jinken.com まで。