SSNを取得しやすく-移民局と社会保障局

Washington DC Capitol of the United States

じんけんニュース 08-12-2021 弁護士 鈴木淳司

SSNが取得しやすく!-移民局と社会保障局の連携

ソーシャルセキュリティー番号とは

アメリカで労働するうえで切っても切り離せないのが、ソーシャルセキュリティー番号です。略して、SSNと呼ばれます。

もともと、SSNは政府から社会保障に関する公助を受けるために各個人に振られた番号です。
アメリカで生まれた人には自動的に付与され、その番号は一生ついてまわります。引退した人がもらえる年金などの紐付けになっているわけですね。

連邦政府と個人の関係は、SSNで結ばれているといっても過言ではないでしょう。

ですので、特に連邦政府との関係では、たとえば納税に関してもSSNが重要な要素になります。
戸籍のないアメリカでは重要な役割を担っているのですね。

SSNの利用範囲はかなり広い

そして、現代では、この個人を識別するSSNがかなり広範囲で使われています。
たとえば、個人のクレジットチェックなどにも利用されますし、州政府との関係にも利用されます。

このSSNですが、学生であれば納税をしないわけですから、あまり使用する必要はないので、外国人学生(Fビザなど)にとってもあまり必要がないとも言えるのですが、最近では州政府も原則SSNを要求するところが増えています。

外国人でアメリカの国籍を持っていないと、学生はSSN不要とされていますが、就労ビザで働く外国人はSSNが必要になるわけです。

一方で、外国人は出生時にSSNがもらえるわけではないので、米国内で労働することになるとSSNを取得しなくてはならなくなります。
ただ、移民局の労働許可申請と社会保障局のSSN申請はまったく別物で、今まではタイミングを見計らって別々に処理しなければなりませんでした。

永住権申請している外国人はSSNの同時申請OK

さて、この8月、永住権の申請をしている外国人はその申請で、SSNも同時に申請ができることになりました。

これは、縦割り行政において画期的な進化だと思います。
社会保障局のオフィスに行かなくても、申請が一つで終わってしまうのです。

永住権の申請(I-485)の場合のみに限定されていますが、良いスタートだと思います。

I-485申請が許可となると自動的に移民局から情報が社会保障局に伝わり、新規発行または再発行をしてくれるということになりました。I-485にも追加の質問が記載されます。

SSNの情報共有は広がる可能性もー良し悪し

まだ、すべての申請に対応しているわけではありませんが、少なくとも永住権申請については、このように情報の共有によって、申請者も二度手間がなくなるということになりました。

今後はこのような共有が進むと思います。

一方では良いことなのですが、裏を返すと、移民局と社会保障局が情報を共有することになるわけで、いろいろな情報がシェアされていくことになります。
特段不合理はないとは思いますが、収入等が連邦政府内で広く知られることになることは、覚えておいたほうがよいかもしれませんね。

次回また新しいトピックを取り上げていきましょう。

最近は、なんだか締め付けばかりの移民法の話題でしたが、今回の連携についてはポジティブな内容で嬉しいです。
ちゃんと申請者の利益も考えてくれているのですね。

関連記事

ソーシャルキュリティのサイト

▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/win/

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中
https://jinken.com/entry

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。すぐに終わってしまいます…

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。

作成者: jinkencom

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。