グリーンカードDV2021【1月の面接予定】

DV-2021面接の状況

*このケースナンバーは、2020年6月に当選発表があったDV2021に関するものです。 DV2021は、2019年10月2日〜11月6日までが応募期間となっていたプログラムです。DV2021の手続きは、2021年9月30日に終了します。

DV2021アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 “Visa Bulletin” で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。)

■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

グリーンカードDV2021面接が開始

10月からはDV2021面接がスタートしています。(DV2020の手続きからDV2021へと切り替わりました。)

移民ビザ取得後もしばし足踏み

前月に続き状況は変わっていませんが、DV2020ご当選の皆さんで、すでに移民ビザを取得なさった方々も、まだ大統領令の影響で、一部例外を除き渡米ができておりません。根気よく、障害となっている大統領令の失効を待ちましょう。
しかしながら、大統領令延長の可能性も残っており、100%GO!!というわけには行きません。航空券の手配、コロナによる隔離、日本帰国後の動き、そして何よりもご自身とご家族の健康も考えあわせて、複数の可能性を用意しておきましょう。

DV2020当選者の方々には、9095の移民ビザが確保されました。ただ、詳細は明らかになっていません。まだ継続中の訴訟ですが、DV2020当選により面接予定があった方々は、引き続き可能性を諦めずにお待ちいただければと思います。

大統領の引継ぎは1月20日

現大統領が選挙結果を受け入れない姿勢を見せていますが、公正な選挙結果として広く受け入れつつあります。
コロナウィルスの感染拡大が全米で続く中、数日後からワクチン摂取が開始される予定であり、少しずつ正常化の兆しが見えてきました。冬本番に向けて厳しい状況は続くことが予想されますが、マスク着用を頑なに拒否してきた州でも着用義務化が相次いで発表されており、事態を受け入れる姿勢は見られてきました。

大統領権限の引継ぎは1月20日。

DV2021面接 ケースナンバーの推移

今回は、DV2020に比較してもアジア地域だけでも1万人以上当選者が多くなっています。
一方で、各国の米大使館には、現在も多くの待機状態であったビザ審査が残っていると考えられ、また感染対策を取らなければならないため、DV移民ビザ面接を進めるのが難しい可能性があります。

例年、10月11月の発給数はそれほど多くないため、12月以降に本格化していきます。
感染対策を講じながらですが、実務は少しずつ状況に慣れつつあると考えられますので、さらにペースが戻ってくることを期待しつつ、準備を進めましょう。

MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポートを提供させていただいております。弊社のような外部機関に依頼することも、確実なグリーンカード取得の手段の一つと考えても良いと思います。 長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

弊社サポートは、専任スタッフチームが秘書のようにサポートを行います。

今回は、DV2021ケースナンバーの第4回目の発表になります。 なお、DV2021当選にもとづく面接は、2021年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、グリーンカード抽選 DV-2021の2021年1月面接予定が発表になりました。
日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。DV2021当選者のみが該当します。

2020年 12月:3,500(ネパール 2,750 / イラン 1,600)
2021年 1月:4,300(ネパール 2,825 / イラン 2,400)

*次回ケースナンバーは、2020年12月15日〜月末に発表になります。
*ネパールとイランは当選者数が多いため、アジア全体枠とは別にケースナンバーが定められています。DV2021はアジアでの当選者が昨年より1万人多いため、アフガニスタンやスリランカの当選者の動向にも注目する必要がありそうです。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。

ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。クレジットカード情報等を相手方に渡してしまった後では取り返しがつかないことがあります。
証拠が残らない口頭・電話でのやり取りは、警戒すべきです。詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!


▼グリーンカードDV当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2021においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2019当選後サポートでは、DV2018までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。 DV2020でも面接に進まれた方はすべて移民ビザを取得されています。気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めております。

弊社の面接サポート等もご利用いただくと、リサーチしながら思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。 サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで)

完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。

https://jinken.com/win/ 


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。