グリーンカードDV2020【8月の面接予定】

【DV-2020面接の状況】

*このケースナンバーは、2019年5月に当選発表があったDV2020に関するものです。 DV2020は、2018年10月3日〜11月8日までが応募期間となっていたプログラムです。DV2020の手続きは、2020年9月30日に終了します。

DV2020アメリカ抽選永住権(グリーンカード抽選) の面接は、上の表のように、米国務省から毎月発表されるケースナンバーにもとづいて進められていきます。 “Visa Bulletin” で検索してください。URLは変更になることがありますが、US Department of Stateから毎月発表になりますので、かならず公式サイトからもご確認ください。)

■ケースナンバーの見方は、こちらからどうぞ

グリーンカードDV2020面接を含む移民ビザ手続きが停止

6月分よりケースナンバーはCURRENTとなりましたので、DS260を提出し、かつKCCへのデータ送信が終わった方は、KCCからの正式受理に続いて面接…の予定でした。
しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響によって、全世界的に大使館業務は停止、そして、トランプ大統領による移民ビザ手続きの一時停止措置によって、残念ながら、先月に引き続き、DV移民ビザも止まっています。

■ビザ発行禁止の大統領令が拡大?

全米の失業率は高止まりしたままで、かつ大統領選のラリーも屋内施設で強行するトランプ大統領です。4月の大統領令では除かれていた就業ビザ(HビザやLビザ)も、発行停止の対象とする大統領令にサインするのかどうか、注目が集まっています。

■コロナウィルスと経済再開

アメリカは、全米での経済再開後、20州以上で感染拡大が進んでいます。そんな中、移民局も少しずつ動き出していますが、フィールドオフィスはまだ再開に至っていません。
米国は各国の対応にも注目しており、感染が落ち着いている国や地域での大使館機能の再開も期待されます。

未知のウィルスであるため、ワクチンについても楽観する見方があるものの、DV2020の面接時までに行き渡るほどのスピード感は到底望めません。マスク着用などの予防措置や早期のPCR検査、隔離の実施を徹底することで、どの程度感染がコントロールできるのか、もうしばらく事態を見守る必要があるでしょう。

■移民ビザ取得は再開されるのか

依然感染が拡大しているアメリカ本土の国務省として、どのような機能回復をして行くのかという点に加えて、日本にあるアメリカ大使館が面接を行う体制に回復できるのか、二つのハードルがあります。

DV2020の移民ビザ発行の締め切りは9月30日ですので、この期間内に手続きを進めることができるのか、もしくは、何らかの救済措置があるのか、注意深く見ていく必要があります。

MomsUSA/JINKEN.COMでは、当選後サポート/当選後面接サポートを提供させていただいておりますが、外部機関に依頼することも、確実なグリーンカード取得の手段の一つと考えても良いと思います。 長丁場の手続きですので、費用面のみならず、全体的なコストを考慮に入れて対策を取られてください。

今回は、2019年10月から面接が開始されたDV2020のケースナンバーの第11回目の発表になります。 なお、DV2020当選にもとづく面接は、2020年9月30日をもってすべて打ち切られます。


さて、グリーンカード抽選 DV-2020の2020年7月面接予定が発表になりました。
日本を含むアジア地域は、以下の通りのケースナンバーまでが面接となります。DV2020当選者のみが該当します。

2020年    7月:CURRENT(ネパール 13,500)
2020年    8月:CURRENT

*ネパールの制限もなくなり、アジア地域全部がCurrentです。

*次回ケースナンバーは、2020年7月15日前後に発表になります。


ケースナンバーが該当しても、面接通知がアップデートさて、面接日時が設定されるかは、個々の事情により異なります。

ケースナンバーの見方や「Current」の意味合いの解説はこちらから

この時点で金銭が要求されることはありません。詐欺メールには、十分にご注意ください。クレジットカード情報等を相手方に渡してしまった後では取り返しがつかないことがあります。
証拠が残らない口頭・電話でのやり取りは、警戒すべきです。詳細は事務局までお尋ねください。i@jinken.comまで。

プレビュー(新しいタブで開く)

当選後の手続きを進められている方々は、無事に面接に進まれ、移民ビザ発給を受けられますように!


▼グリーンカードDV当選後サポートを承ります

JINKEN.COMでは、DV2020においても、ご利用の皆様すべてに移民ビザ、グリーンカードを手にしていただけるように、事務局スタッフ一同細やかなサポートを心がけております。

ご当選者の皆様は立場が様々です。DV2019当選後サポートでは、DV2018までと同様、弊社のお客様は移民ビザ取得率が100%を継続することができました。 DV2020でも気を引き締め、当選後サポートご利用の皆さまがグリーンカードを手にすることができるように努めております。

弊社の面接サポート等もご利用いただくと、リサーチしながら思い悩む時間も節約でき、また次のステップが見えやすくなります。そのため、お仕事と併行しながら手続きを進められる方々にも、大変ご好評をいただいております。

ギリギリのお申し出ではご希望に添えない場合もあります。 サポートご希望の方は、ぜひ一度お問い合わせください。(i@jinken.com まで)

完全な定額料金で、ご相談に応じた料金加算はございません。

https://jinken.com/win/ 


▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。