Golden Gate sanfran

2019年振り返り-弁護士として、サンフラン住民として_1193

法律ノート 第1193回 弁護士 鈴木淳司
Dec 29, 2019

2019年最後の法律ノートになります。私が所属する事務所のホリデーパーティーも無事に終わりました。新年に持ち越す重大な案件もいくつかありますが、概ね無事に2019年も健康に平穏に過ごすことができました。今回は、皆さんからの質問にお答えするのをお休みさせていただき、今年最後の法律ノートは世間話にさせていただければと思います。

2019年も、毎年と違わず思い出に残る事件がありました。
ある重罪の刑事事件がありましたが、私の所属する法律事務所のバイリンガル能力と、刑事事件対応の機動力で電光石火のごとく解決できた事件がありました。詳しくは言えませんが、弁護士ならではの醍醐味を感じられた案件でもあります。

また、民事事件でも、判例にないような無理筋を押し通し、事件を解決することができました。
事件というのは、たとえ裁判例があったとしても、自分の頭で考え、そしてベストな解決策を産み出す、という態度は常に持っていなければならないものだと感じました。

私自身20年以上弁護士をやっていますが、実は時々弁護士には不向きなのではないのか、と自分自身のことを反芻することもたまにあるのですが、2019年に出会って解決した事件をみると、やはり自分の経験と見識で解決できたと自負できる内容のものもありました。信じてもらえる弁護士像を来年も追い求めてがんばろうという糧になったと思います。

少々ネガティブな話ですが、サンフランシスコはIT化が飽和してきていると思います。企業だけではなく、レストランや一般的な店でもIT化で、サービスの質も変えて、新しい波に乗ってください的な状況になっています。

効率化とか、迅速化といいますが、人間が対応できる範囲を超えて物事を動かそうとしてそれがうまくいかない、という現実があると思います。サンフランシスコで、物件を借りようとすると、一年、二年という短期での話になるのが恒常化しています。ということは、長期を見てビジネスをするよりも、短期間の間に稼いでなんぼ、的な文化が蔓延している状況にあります。

時代を先取りしているようでカッコは良いですし、エンジニアリングを学んだであろう若い人が街を闊歩していますが、その人達は一体どこからやってきたのか。昔に比べると明らかなのですが、サンフランシスコには他から人が流入しすぎていて、地域もコミュニティーも全然雰囲気が変わってきています。また、ベイエリアだけではなくカリフォルニアから出ていってしまう人が、流入している人を上回っている状況にあります。こういった土地柄になってしまったのは、昔からローカル社会を見ているとなんだかせつなくなってしまいます。

新しい波が来ているのでしょうが、地元に根付くというよりは、金があるから掘りに来る的な人がほとんどの街になってしまいました。私のクライアントでも古くからやっているレストランなどは、「もうベイエリアは、沢山だ。」という人も多くいます。人と人とのつながりも、かなり変化しているのでしょうね。

ベイエリアからは人間が流入するよりも流出していくことが多いということがわかっていますが、もともとのコミュニティーというものは破壊されて再生されていくのでしょうか。なんだか、難しい気がします。家族で経営しているビジネスはほぼなくなって、チェーン店ばかりが増え、働いてくれる安い人材を連れてきて廻せば良い、という(日本でも同じになってきましたが)安易な考えで世の中が動いていきます。

人が他の人に対して提供する付加価値というものが、価値がなくなってきているのでしょう。
しかし、私はまだ生きますが、人と人との付き合いというものが人として一番重要なものだと思っていますし、人に対する「心」とか「尊敬」とか、そのような心は常に持ち続けていないといけないと思っています。人に対する「興味」というのも尽きないものです。そして、弁護士というのは、人がやっている事象について色々な吟味をする職業ではあります。

ですので、私は2020年も、いろいろな人と知り合って、そして、いろいろな問題について解決策を探していく仕事を続けていきたいと思います。私の提供する智益が皆さんの付加価値となるようにがんばります。

みなさんも、人(自分)がやっていることをがんばってください。

また、来年も法律ノートをお願いします。がんばって書いていきますので、みなさんも健康でがんばってくださいね。

 

▼DVグリーンカード抽選当選後サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/win/index.htm

当選なさった皆さま、おめでとうございます! 当選した後は、一定期間、事務手続きに加えて大小の不安も抱えがちです。 移民政策の変更にも、柔軟に対応しています。

▼DVグリーンカード抽選サポート、お申込み受付中

https://jinken.com/entry/

絶対アメリカに行きたい!住み続けたい!大きなチャレンジをして自分を変えたい! Momsを通じてご応募なさる方々の「本気」にこたえます。

応募期間は例年10月のおよそ1か月。

もしもDVが実施されなかった場合には、もちろん全額対応させていただきますのでご安心ください。政権の移民政策に対する不安も大きいところですが、Momsでは柔軟に対応してまいります。


Visits: 110
カテゴリー: 米国抽選永住権(DV) | 投稿日: | 投稿者:

jinkencom について

jinkencom について Moms(JINKEN.COM)の運営者であり、カリフォルニア州弁護士として活躍中の鈴木淳司弁護士のブログです。「移民法ブログ」では米国の移民分野についてホットな話題を取り上げて月に一度更新、「アメリカ法律ノート」は広くアメリカの法律相談に答える形で、原則毎週更新しています。なお、本ブログの著作権は著者に帰属します。 *たびたび法制度が変わりますので、最新情報をご確認の上、手続きされてください。