DV2021に関する国務省回答

弊社代表弁護士も所属するAILA(American Immigration Lawyers Association)は、公式に定期的な国務省への質問を行っています。
DV2021に関する質疑応答がありました。

https://travel.state.gov/content/dam/visas/AILA/AILA-Spring-2021-Meeting-Agenda-Q+A-6-2-2021.pdf

これは2021年5月27日になされた質疑応答ですが、現状は、まさにこの質疑応答が現実のものになっていると言えます。

Immigrant Visa Processing
移民ビザの進行状況について

18. Will DOS grant an expedited visa interview for an individual who has been selected in the DV-2021 lottery given that their visa must be processed by September 30, 2021? 

18. DV-2021当選者が2021年9月30日までに移民ビザを処理しなければならない場合、国務省は迅速なビザ面接を実施しますか?

The Department is making every effort to process as many Diversity Visa cases as possible, consistent with other priorities, despite the severe operational constraints and backlog resulting from the COVID-19 pandemic. However, as a result of COVID-19- related restrictions and complications, the number of Diversity Visas issued will likely not approach the statutory ceiling in Fiscal Year 2021. Beyond that, we would note that selection in the DV lottery is not a guarantee of a visa or interview in any program year, as we always select more participants than will be issued visas in order to make sure that we do not run out of applications before the end of the fiscal year, and every year there are applicants whose cases could not be adjudicated before the end of the relevant fiscal year, for a broad range of reasons.

米国連邦政府は、COVID-19パンデミックに起因する深刻な業務上の制約やバックログ(積み残し)にもかかわらず、他の優先事項と整合性をとりながら、できるだけ多くのDV移民ビザ申請を処理するためにあらゆる努力をしています。

しかしながら、COVID-19に関連した制限や複雑な事情の結果として、2021年度にはDV移民ビザの発行数は法定上限(55000)に達ないかもしれません。また、DV抽選に当選したからといって、どのプログラム年度でもDV移民ビザの発給や面接が保証されているわけではありません。
なぜなら、年度末(毎年9月30日)までに申請者が不足しないように、常にビザ発給数よりも多くの参加者(当選者)を選んでいるからです。また、毎年、さまざまな理由で年度末までに審査ができなかった申請者がいることも事実です。

(以上、JINKEN.COM事務局による翻訳)